研究者
J-GLOBAL ID:200901020428209000   更新日: 2020年09月01日

春名 章二

ハルナ ショウジ | Haruna Shoji
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (5件): 経済政策 ,  経済政策 ,  理論経済学 ,  経済政策 ,  経済政策
研究キーワード (6件): 国際経済学 ,  産業組織論 ,  ミクロ経済理論 ,  International Economics ,  Industrial Organization ,  Microeconomic Theory
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2004 - 2007 日本企業の対中国向け先端技術,研究開発及び知的財産権保護戦略に関する研究
  • 2002 - 2004 R&D投資と寡占企業の決定について
  • 1995 - 2001 R & D investment and Firm behavior
  • 1990 - 2000 Study on long-run industry equilibrium
MISC (56件):
  • Jinji, N, Zhang, X, Haruna, S. The Effect of Regional Trade Agreements on Technology Spillovers through International Trade. Kyoto University, Graduate School of Economics. 2012. E-11-006. 1-17
  • Jinji, N, Zhang, X, Shoji, H. Does Tobin's q Matter for Firms' Choices of Globalization Mode?. 経済産業研究所. 2011. 11-E-061. 1-26
  • Shoji, Haruna, Rajeev K. Goel. Cost-Reducing R&D with Spillovers and Trade. Journal of Institutional and Theoretical Economics. 2011. 162. 2. 314-326
  • Jinji, N, Zhang, X, Shoji, H. Does the Structure of Multinational Enterprises' Activity Affect Technology Spillovers?. 経済産業研究所. 2011. 11-E-027. 1-40
  • 春名章二. 品質の選択,垂直的製品差別化と労働者管理寡占. 岡山大学経済学会雑誌. 2011. 42. 4. 1-18
もっと見る
書籍 (9件):
  • Globalism and Regional Economy
    Routledge 2014
  • イノベーション,R&Dスピルオーバーと寡占
    岡山大学経済学部 2010
  • 開放ミクロ経済学のフロンティアー
    早稲田大学出版部 2009
  • 翻訳「経済成長論」
    中央経済社 2005
  • 産業組織論
    中央経済社 2004
もっと見る
講演・口頭発表等 (11件):
  • R&D, Free Entry, and Social Inefficiency
    (日本国際経済学会関西支部 2010)
  • Challenges of the Knowledge Society
    (The International Scietific Session "Challenges of the Knowledge Society 2009)
  • How Does a Difference in the Degree of Competition Influence R&D with Spillover in Oligopoly?: A Conjectural Variations Approach
    (産業組織研究会 2006)
  • How Does a Difference in the Degree of Competition Influence R&D with Spillover in Oligopoly?: A Conjectural Variations Approach
    (関学経済学セミナー 2006)
  • How Does a Difference in the Degree of Competition Influence R&D with Spillover in Oligopoly?: A Conjectural Variations Approach
    (日中韓国際シンポジウム 2006)
もっと見る
Works (11件):
  • 国際貿易及び外国直接投資を通じたR&Dスピルオーバーに関する理論
    2011 -
  • 日中韓三国間の技術スピルオーバーと企業・産業の生産性に関する理論・実証研究
    2009 - 2010
  • 日中韓三国間の技術スピルオーバーと企業・産業の生産性に関する理論・実証研究
    2008 - 2009
  • 日中韓三国間の技術スピルオーバーと企業・産業の生産性に関する理論・実証研究
    2007 - 2008
  • 日本企業の対中国向け先端技術,研究開発及び知的財産保護戦略に関する研究
    2006 - 2007
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1980 一橋大学
  • - 1980 一橋大学 経済学
  • - 1974 香川大学
  • - 1974 香川大学 経済学科
学位 (2件):
  • 経済学修士 (一橋大学)
  • 博士 (経済学) (一橋大学)
経歴 (4件):
  • 2004 - - 岡山大学社会文化科学研究科 教授
  • 1992 - 1993 大阪大学
  • 1982 - 1989 Ohita University, Associate Professor
  • 1980 - 1982 Ohita University, lecturer
委員歴 (4件):
  • 2006 - 2012 日本国際経済学会 幹事
  • 2005 - 2012 日本経済学会 理事
  • 2012 - 日本国際経済学会 理事
  • 2008 - - Journal of Economics and Finance 編集委員(2008-)
所属学会 (3件):
米国経済学会(American Economic Association) ,  日本国際経済学会 ,  日本経済学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る