研究者
J-GLOBAL ID:200901031050465862   更新日: 2020年06月29日

片山 悠樹

カタヤマ ユウキ | Katayama Yuki
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 教育社会学
研究キーワード (4件): 教育社会学 ,  職業教育 ,  ものづくり ,  若者
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2020 - 2024 「移動する地方の女性」の移行と職業教育に関する追跡的研究
  • 2019 - 2023 成熟社会における学校教育を経由した階層形成メカニズムの比較歴史社会学的解明
  • 2019 - 2023 効果的な評価を可能にするレポート論題についての実証研究
  • 2016 - 2020 専門学校から仕事への移行に関する社会学的研究
  • 2014 - 2018 若者の教育とキャリア形成に関するパネル調査の詳細分析と国際比較
全件表示
論文 (19件):
  • 片山悠樹. 教科書のなかの「子ども理解」. 愛知教育大学教職キャリアセンター紀要. 2020. 5. 59-68
  • 片山 悠樹. 「子ども理解」を妨げる教員の多忙感-中学校教員を事例に-. 愛知教育大学研究報告. 教育科学編. 2019. 68. 51-58
  • 片山 悠樹, 熊谷 修山, 筒井 一伸, 宮口 侗廸. パネルディスカッション (第48回「都市問題」公開講座 高校が「地方」を育てる). 都市問題. 2019. 110. 2. 13-44
  • 内田 康弘, 片山 悠樹, 都島 梨紗, 尾川 満宏. 専門学校への進学と将来展望-専門学校から職業への移行研究の基礎分析-. 愛知教育大学教職キャリアセンター紀要. 2018. 3. 19-28
  • 片山 悠樹. 中退者の不安定な移行 - 都市/地方の違いに着目して -. 愛知教育大学研究報告. 教育科学編. 2018. 67. 1. 39-47
もっと見る
MISC (10件):
  • 片山 悠樹. 若者・地域移動・くらし向き : 5年間追跡調査から (特集 地域雇用と若者の就業 : 移動・定着の実態) -- (労働政策フォーラム 移動する若者/移動しない若者 : 実態と問題を掘り下げる). Business labor trend. 2016. 26-28
  • 片山 悠樹. 第4回奨励賞(論文の部)を受賞して : 「小さな窓」を通して(学会賞選考委員会報告). 教育社会学研究. 2011. 88. 334-335
  • 西田 亜希子, 片山 悠樹, 中村 高康, 岩田 考, 知念 渉, 藤原 翔. 2. 進路多様校生のその後 : 高校入学時から卒後2年の継時的研究(I-9部会 進路と教育(1),研究発表I,一般研究報告). 日本教育社会学会大会発表要旨集録. 2010. 0. 62. 84-87
  • 中村 高康, 片山 悠樹. 高卒進路の"四大シフト"と取り残される若年層 (特集 排除される若者たち). 青少年問題. 2009. 56. 0. 14-19
  • 中村 高康, 片山 悠樹, 西田 亜希子, 藤原 翔, 岩田 考. 都市部高校生の進路選択とローカリズム : 高校3年間の進路変容過程に関する継時的研究(4)(II-10部会 高校生の進路選択,研究発表II,一般研究報告). 日本教育社会学会大会発表要旨集録. 2009. 0. 61. 183-184
もっと見る
書籍 (6件):
  • 危機のなかの若者たち : 教育とキャリアに関する5年間の追跡調査
    東京大学出版会 2017 ISBN:9784130513371
  • 多様化する社会と多元化する知 : 「当たり前」を疑うことで見える世界
    ナカニシヤ出版 2017 ISBN:9784779511493
  • 半径5メートルからの教育社会学
    大月書店 2017 ISBN:9784272412389
  • 学生を思考にいざなうレポート課題
    ひつじ書房 2016 ISBN:9784894768277
  • 「ものづくり」と職業教育 : 工業高校と仕事のつながり方
    岩波書店 2016 ISBN:9784000253222
もっと見る
講演・口頭発表等 (15件):
  • 工業系専門学校における能力認識の形成
    (日本教育社会学会第71回大会 2019)
  • 「子ども理解」と保育者としてのキャリア展望
    (日本子ども社会学会第26回大会 2019)
  • 保育系専門学校における「専門性」とキャリア展望
    (日本子ども社会学会第25回大会 2018)
  • 早期離学者の初期キャリア : 都市圈-非都市圈の比較(【テーマB-6】若者の移行過程と学校,テーマ型研究発表【B】,発表要旨)
    (日本教育学会大會研究発表要項 2015)
  • 2. 高校中退者における職業移行の実態とその変化(IV-1部会 【テーマ部会】教育をめぐる排除と包摂III(学校と進路),研究発表IV)
    (日本教育社会学会大会発表要旨集録 2012)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(人間科学) (大阪大学)
経歴 (1件):
  • 2008/04 - 2013/03 名古屋商科大学経営学部
委員歴 (7件):
  • 2019 - 現在 日本教育社会学会 紀要編集委員
  • 2019 - 現在 日本教育社会学会 理事
  • 2019 - 現在 日本子ども社会学会 理事
  • 2019 - 現在 日本子ども社会学会 専門査読委員
  • 2015 - 2018 日本子ども社会学会 紀要編集委員
全件表示
受賞 (1件):
  • 2010/09 - 日本教育社会学会 奨励賞(論文の部)
所属学会 (4件):
日本子ども社会学会 ,  日本高等教育学会 ,  日本教育学会 ,  日本教育社会学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る