研究者
J-GLOBAL ID:200901032837295715   更新日: 2021年03月02日

林田 秀樹

ハヤシダ ヒデキ | Hayashida Hideki
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (3件): 地域研究 ,  経済政策 ,  経済政策
研究キーワード (10件): ASEAN ,  ASEAN経済共同体 ,  パーム油 ,  アブラヤシ ,  プランテーション開発 ,  インドネシア ,  Palm Oil ,  Oil Palm ,  Development of Plantation ,  Indonesia
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2016 - 2019 ASEAN共同体の研究:自然資源開発,一次産品貿易と海洋権益をめぐる政治経済学
  • 2014 - 2018 東南アジアのアブラヤシ小農と農園企業:グローバル化に伴う行動様式変化とその影響
  • 2014 - 2016 産業造林・アブラヤシ農園開発が与える自然と社会経済への諸影響:インドネシア・西カリマンタン州における現地研究協力者との共同調査
  • 2013 - 2014 東南アジアにおけるアブラヤシ農園拡大の要因とその影響:グローバルなパーム油需要増と農園企業・小農の動向
  • 2012 - 2013 アブラヤシ農園拡大の政治経済学:東南アジアを超えて
全件表示
論文 (17件):
  • 林田 秀樹. ASEAN加盟国の一次産品・加工品貿易と域内経済統合 : パーム油貿易を事例とする補完性・競合性の検討. 社会科学. 2018. 48. 2. 51-85
  • 林田 秀樹. インドネシア国営アブラヤシ農園におけるプラスマ農園の再植-西カリマンタン州サンガウ県の事例から-. 東南アジア研究. 2018. 55. 2. 292-319
  • 林田 秀樹. インドネシア経済の復興・成長と現局面-地方経済への視点とマクロ的課題. 経済. 2014. 222. 56-67
  • Causes of The Expansions of Palm Oil Export from Malaysia and Indonesia: Focusing on the Change of Its Destinations and Refinement Forms. Ikrar N. Bhakti et al. eds., Proceeding International Seminar, ‘Socio Political and Economic Reform in Southeast Asia: Assessment and the Way Forward’, Co-organized by Indonesian Institute of Science, CSEAS Kyoto University and JSPS Asian Core Program, Ja. 2013. 143-152
  • 林田 秀樹. マレーシア,インドネシアからのパーム油輸出について : 仕向地,精製形態の変化にみる需要増の要因. 社会科学. 2013. 43. 1. 1-26
もっと見る
MISC (20件):
  • 信田敏宏・綾部真雄・岩井美佐紀・加藤剛・土佐桂子共編著. 『東南アジア文化事典』丸善出版、794p(林田秀樹:第6章生業「アブラヤシ栽培」pp.278-279). 2019
  • 林田 秀樹. 特集にあたって (特集 ASEAN共同体の政治経済学 : 固有性と対域外関係の視点から). 社会科学. 2018. 48. 2. 1-4
  • 岡本 正明, 林田 秀樹. 〈特集〉アブラヤシ農園拡大の政治経済学-アクター、言説、制度の視点から- 序. 東南アジア研究. 2018. 55. 2. 169-179
  • 林田 秀樹. 自由応募分科会3 インドネシアにおけるアブラヤシ農園開発-制度の変遷と主体群の変化. アジア政経学会ニューズレター. 2014. 42. 12-13
  • 林田 秀樹. 川辺純子著『マレーシア日本人商工会議所の活動』日本経済評論社、2012年. アジア市場経済学会年報. 2014. 17
もっと見る
書籍 (12件):
  • アブラヤシ農園問題の研究II【ローカル編】--農園開発と地域社会の構造変化を追う--
    晃洋書房 2021
  • アブラヤシ農園問題の研究I【グローバル編】--東南アジアにみる地球的課題を考える--
    晃洋書房 2021
  • 日本経済の長期停滞をどう視るか(菊本義治ほか8名による共著)
    桜井書店 2019 ISBN:9784905261421
  • ASEAN-日本間の利害関係と東アジアの将来-資源・一次産品・領有権の視点から-(第92回公開講演会)
    同志社大学人文科学研究所・人文研ブックレットNo.62 2019 ISBN:9784990971731
  • パーム油がつなぐ東南アジアと日本-生産・消費の現地で何が起きているか-
    同志社大学人文科学研究所・人文研ブックレットNo.61 2019 ISBN:9784990971724
もっと見る
講演・口頭発表等 (23件):
  • 趣旨説明、 アブラヤシがもたらした「豊かさ」の維持と「偏り」の克服
    (インドネシア研究懇話会[再編]第2回研究大会 シンポジウム1「アブラヤシはインドネシアに何を提起したか?--日本の研究者・NGOの立場から考える」 2020)
  • 日中-ASEAN諸国間の資源・一次産品貿易の傾向的変化について
    (アジア市場経済学会第23回全国研究大会 2019)
  • ASEAN諸国との資源・一次産品貿易をめぐる日中間関係について
    (同志社大学人文科学研究所第20期第4部門研究会 2019年度第1回研究会 2019)
  • ASEAN-日本間の利害関係と東アジアの将来: ASEAN-日本間の利害関係と東アジアの将来: 資源・一次産品・領有権の視点から 「趣旨説明」、「(パネル報告1)資源をめぐる日本-東南アジア関係の今昔」
    (同志社大学人文科学研究所第92回公開講演会/シンポジウム 2018)
  • パーム油がつなぐ東南アジアと日本 -生産・消費の現地で何が起きているか 第3回「東南アジアと日本 -パーム油を題材に考えるこれからの関係」
    (同志社大学人文科学研究所連続講座 2018 2018)
もっと見る
学歴 (7件):
  • 1992 - 1994 神戸商科大学(現兵庫県立大学)
  • - 1994 神戸商科大学
  • 1990 - 1992 神戸商科大学(現兵庫県立大学)
  • - 1992 神戸商科大学
  • 1989 - 1990 和歌山大学 聴講生・単位取得
全件表示
学位 (1件):
  • 修士(経済学) (神戸商科大学(現兵庫県立大学))
所属学会 (10件):
東南アジア学会 ,  日本金融学会 ,  日本国際経済学会 ,  アジア政経学会 ,  アジア市場経済学会 ,  Japan Society of Political Economy ,  Japan Society of Monetary Economics ,  Japan Society of International Economics ,  Japan Association for Asian Studies ,  Japan Academy for Asian Market Economics
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る