研究者
J-GLOBAL ID:200901040144557310   更新日: 2021年04月09日

山田 竜彦

ヤマダ タツヒコ | YAMADA Tatsuhiko
所属機関・部署:
職名: 拠点長
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
  • 筑波大学  生命環境系   教授(連携大学院)
  • リグニンネットワーク  代表
ホームページURL (1件): http://www.ffpri.affrc.go.jp/labs/matechem/profile1.html
研究分野 (2件): 木質科学 ,  高分子材料
研究キーワード (9件): リグニン ,  バイオベースポリマー ,  加溶媒分解 ,  生物材料 ,  バイオマス ,  Bio-based Polymer ,  Solvolysis ,  Wood chemistry ,  Biomass chemistry
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2014 - 地域のリグニン資源が先導するバイオマス利用システムの技術革新(SIP-Lignin)
  • 2009 - 2011 リグニンからの機能性材料の開発
  • Rapid analysis of transgenic trees
  • Wood liquefaction and characterization of liquefied wood
  • Bio-based polymer
全件表示
論文 (45件):
  • Takashi Hosoya, Kohei Yamamoto, Hisashi Miyafuji, Tatsuhiko Yamada. Selective production of bio-based aromatics by aerobic oxidation of native soft wood lignin in tetrabutylammonium hydroxide. RSC Advances. 2020. 10. 33. 19199-19210
  • Kenta Ono, Osamu Tanaike, RyoIshii, Takashi Nakamura, Kazuhiro Shikinaka, Takeo Ebina, Thi Thi Nge, Tatsuhiko Yamada. Solvent-Free Fabrication of an Elastomeric Epoxy Resin Using Glycol Lignin from Japanese Cedar. ACS Omega. 2019. 4. 17. 17251-17256
  • Asami Suzuki, Kazuhiro Shikinaka⁎, Ryo Ishii, Hajime Yoshida, Takeo Ebina, Takahiro Ishida, Thi Thi Nge, Tatsuhiko Yamada. Heat-resistant insulation film containing clay and wood components. Applied Clay Science. 2019. 180. 105189-7 pages
  • SUZUKI Asami, ISHII Ryo, YOSHIDA Hajime, EBINA Takeo, Thi thi Nge, YAMADA Tatsuhiko. Microstructure and Properties of Clay Glycol Lignin Nanocomposite Films using Different Mixed Solvents. 2018. 22. 1. 71-78
  • Yasuyuki Matsushita, Hiroki Endo, Shiho Takahashi, Dan Aoki, Kazuhiko Fukushima, Tatsuhiko Yamada. Preparation of flocculant for optimizing glycol lignin manufacturing process by cationization of glycol lignin. Journal of Wood Science. 2018. 64. 5. 683-689
もっと見る
MISC (51件):
  • ThiThi Nge, Shiho Takahashi, Eri Takata, Yasunori Ohashi, Masaomi Yamamura, Yuki Tobimatsu, Toshiaki Umezawa, Tatsuhiko Yamada. Softwood-derived polyethylene glycol (PEG)-modified glycol lignins (GLs): Thermal properties and structural insights. 1st International Lignin Symposium. 2019
  • Tatsuhiko Yamada, Thi Thi Nge, Yasunori Ohashi, Shiho Takahashi, Eri Takata, Tsutomu Ikeda, Yasuyuki Matsushita, Dan Aoki, Kazuhiko Fukushima, Akiko Nakagawa-izumi, et al. Glycol lignin production and glycol lignin-based functional materials. The 20th International Symposium on Wood, Fiber, and Pulping Chemistry. 2019
  • 山田竜彦, ネーティティ, 大橋康典, 高橋史帆, 高田依里, 蛯名武雄, 石井亮, 棚池修, 小山昭彦, 伊藤佑輝, et al. スギ材から製造した新素材「改質リグニン」を用いた自動車の開発. 森林総合研究所研究成果選集. 2019. 2019. 36-37
  • 山田竜彦, ネーティティ, 大橋康典, 高橋史帆, 髙田依里, 池田努, 松下泰幸, 青木 弾, 福島和彦, 中川明子, et al. ポリエチレングリコール改質リグニンの製造と機能性材料としての利用. 第86 回紙パルプ研究発表会. 2019
  • 岡本大輝, 宮藤久士, 細谷隆史, 山田竜彦. 1L反応スケールにおけるテトラブチルアンモニウムヒドロキシドを用いたPEG改質リグニンからのバニリン生産. 日本木材学会大会研究発表要旨集(完全版)(CD-ROM). 2019. 69th. ROMBUNNO.Z14-02-1115
もっと見る
特許 (20件):
もっと見る
書籍 (10件):
  • 森林科学シリーズ4 フォレスト・プロダクツ
    共立出版 2020
  • 新材料・新素材シリーズ リグニン利活用のための最新技術動向
    シーエムシー出版 2020
  • リグニン利用の最新動向
    シーエムシー出版 2013
  • 未利用バイオマスの活用技術と事業性評価
    S&T出版 2010
  • 農業を科学するアグリとサイエンス、「スーパー樹木」が地球の救世主に
    全国農業新聞 2008
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 1998 東京大学 生物材料科学専攻
  • - 1998 東京大学
  • - 1991 筑波大学
学位 (1件):
  • 博士(農学) (東京大学)
経歴 (8件):
  • 2019 - 現在 リグニンネットワーク 代表
  • 2017 - 現在 森林総合研究所 拠点長
  • 2013 - 現在 (兼)筑波大学 連携大学院 教授
  • 2014 - 2018 SIPリグニン 代表
  • 2014 - 2016 森林総合研究所 室長
全件表示
所属学会 (8件):
日本木材学会 ,  日本接着学会 ,  セルロース学会 ,  アメリカ化学会 ,  The Japan Wood Research Society ,  The Cellulose Society of Japan ,  The Adhesion Society of Japan ,  American Chemical Society
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る