研究者
J-GLOBAL ID:200901042145850463   更新日: 2020年12月10日

栗田 和典

クリタ カズノリ | Kurita Kazunori
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 広域ヨーロッパ研究センター  センター長
ホームページURL (1件): http://www.kkurita.com/
研究分野 (1件): ヨーロッパ史、アメリカ史
研究キーワード (2件): 西洋史 ,  Occidental History
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2002 - 2005 近代イギリスにおける「公共圏」・中間団体・権力
  • 1999 - 2001 帝国における植民地と本国
  • 1999 - 2001 Colonies and Home Countries in the Empire
  • 18世紀イギリス犯罪の社会史
  • Marriage in the Early Modern England
全件表示
論文 (23件):
  • 栗田和典. ソーンズ博物館にて「放蕩一代」(1733-35年)を見る. 『ことばと文化』. 2016. 19. 1-23
  • 栗田 和典. 王妃に宛てられた恩赦嘆願状. ことばと文化. 2015. 18. 45-57
  • 栗田和典. 「長い近世」イギリスにおける刑罰の複数性. 犯罪社会学研究. 2012. 37. 12-23
  • 栗田 和典. 一八世紀ロンドンの治安維持--都市の快適さをめぐる公私の交わり--. 林田敏子・大日方純夫(編)『警察』(ミネルヴァ書房). 2012. 109-145
  • 栗田和典. マクダニエル醜聞--犯罪を捜査する賞金稼ぎ. ことばと文化. 2011. 14. 1-10
もっと見る
MISC (18件):
  • 栗田和典. セイラ・マルカムの記憶-殺人者にして弁護人(下). ことばと文化. 2010. 13. 53-63
  • 栗田和典. セイラ・マルカムの記憶-殺人者にして弁護人(上). ことばと文化. 2009. 12
  • 栗田和典. 回顧と展望・近代イギリス. 史学雑誌. 2007. 116. 5
  • Memorial Plates of Crime and Criminal Justice in London and Edo. Language and Culture. 2007. 10. 41-49
  • The Riot in the Salisbury Court, 24 July 1716. Language and Culture. 2006. 9. 165-183
もっと見る
Works (6件):
  • Colonies and home in empires
    1999 - 2007
  • 近代イギリスにおける「公共圏」、中間団体、権力
    2002 - 2005
  • 'Public sphere', middling group, and power in modern Britain
    2002 - 2005
  • 帝国における植民地と本国
    1999 - 2001
  • 近現代アメリカ・イギリスにおける社会的結合と文化
    2000 -
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1992 名古屋大学 史学地理学専攻専門:西洋史
  • - 1992 名古屋大学
  • - 1986 名古屋大学 史学科西洋史学専攻
  • - 1986 名古屋大学
学位 (1件):
  • 文学修士 (名古屋大学)
経歴 (4件):
  • 1999 - 2007 静岡県立大学国際関係学部 助教授
  • 1997 - 1999 静岡県立大学国際関係学部 講師
  • 1995 - 1997 東海学園大学経営学部 講師
  • 1992 - 1995 東海学園女子短期大学英文学科 講師
所属学会 (2件):
日本西洋史学会 ,  史学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る