研究者
J-GLOBAL ID:200901048055360279   更新日: 2021年10月27日

野々村 修一

ノノムラ シュウイチ | Nonomura Shuichi
所属機関・部署:
職名: 所長・特任教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (1件): http://www.gifu-u.ac.jp/~nonomura/index.html
研究分野 (6件): 地球資源工学、エネルギー学 ,  電気電子材料工学 ,  応用物性 ,  電子デバイス、電子機器 ,  電気電子材料工学 ,  半導体、光物性、原子物理
研究キーワード (48件): マイクログリッド ,  フローバッテリー ,  液体ガラスを用いたナノスケール凹凸表面の形成による低反射ガラスの形成 ,  液体ガラスによる低屈折率ガラス表面の作成 ,  パルス電圧印加による光誘起劣化の回復 ,  太陽電池の光誘起劣化 ,  太陽電池用Si&Ge 半導体クラスレートの開発 ,  光誘起膨張 ,  ナノサイズの分解能を有する光起電力顕微鏡の開発 ,  光輻射分光府 ,  光熱ベンデング分光法 ,  欠陥準位の測定手法 ,  酸化物透明電極 ,  ナノ結晶 ,  半導体材料、光電デバイス、太陽電池用新材料開発、太陽電池用新材料評価、透明電極材料、ヘテロ接合、 ,  Development of photothermal spectrosopy ,  Solid state physics of Si thin film semiconductors ,  光熱変換分光法の開発 ,  シリコン系薄膜太陽電池 ,  シリコン系薄膜半導体物性 ,  非輻射再結合 ,  可逆現象 ,  PEIB分光法 ,  透明電極の酸化チタンコーティング ,  インターカレーション ,  無反射コーテング ,  輻射量子効率 ,  レーザー光てこベンディング法 ,  低屈折率ガラス ,  液体ガラス ,  微結晶シリコンカーバイド薄膜 ,  シリコンクラスレート ,  液体窒素温度PDS法 ,  アモルファス窒化ガリウム ,  線膨張係数 ,  初期応力 ,  ホットスポット劣化 ,  温度可変光熱ベンディンング分光法 ,  電圧誘起劣化 ,  光音響分光法 ,  アモルファス格子緩和 ,  光熱偏向分光法(PDS法) ,  光熱ベンディング法(PBS法) ,  アモルファス構造変化 ,  光劣化 ,  低エネルギー光吸収 ,  水素化アモルファスシリコン ,  微結晶シリコン
競争的資金等の研究課題 (36件):
  • 2015 - 2020 太陽光発電の寿命予測ならびに試験法の開発(電圧誘起劣化が発生した箇所の特定方法、微視的評価手法の開発)
  • 2016 - 2017 太陽光励起レーザーの高効率化
  • 2011 - 2016 先端的低炭素化技術開発ALCA
  • 2012 - 2015 清流の国 ぎふエネルギー・環境科学ネットワーク
  • 2011 - 2015 先端計測分析技術・機器開発プログラム
全件表示
論文 (221件):
MISC (59件):
  • 杉井南斗, 萬條宏行, 向井哲也, 曾根和詩, 大橋史隆, 飯田民夫, 久米徹二, JHA Himanshu Shekhar, 野々村修一. Na内包II型Geクラスレート膜の表面処理および物性評価. 応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM). 2016. 63rd. ROMBUNNO.21P-S223-4
  • 羽渕仁恵, 北川淳嗣, 園原康介, 飯田民夫, 大橋史隆, 伴隆幸, 久米徹二, 野々村修一. ネオンイオンを注入したシリコンのアニールによる構造変化. 応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM). 2016. 63rd. ROMBUNNO.21P-S223-12
  • 北川淳嗣, 羽渕仁恵, 飯田民夫, 大橋史隆, 伴隆幸, 久米徹二, 野々村修一. キセノンイオンを注入したシリコンのアニールによる構造変化 III. 応用物理学会秋季学術講演会講演予稿集(CD-ROM). 2015. 76th. ROMBUNNO.15A-PB3-9
  • 北川淳嗣, 藤田詩織, 羽渕仁恵, 飯田民夫, 大橋史隆, 伴隆幸, 久米徹二, 野々村修一. キセノンイオンを注入したシリコンのアニールによる構造変化 II. 第62回応用物理学会春季学術講演会予稿集(東海大学湘南キャンパス、2015年3月11-14)、13a-A25-13. 2015. 62nd. ROMBUNNO.13A-A25-13
  • Shuhei Miura, Shinichi Noda, Kazutoshi Suzuki, Masanari Inoue, Koichi Murakami, Fumitaka Ohashi, Shuichi Nonomura. Formation of High Light Scattering Texture on Glass Substrates Using Spherical Silica Particles and Spin-on-Glass for Thin Film Si Solar Cells (vol 56, pg 274, 2015). MATERIALS TRANSACTIONS. 2015. 56. 3. 457-457
もっと見る
特許 (17件):
書籍 (5件):
  • 走査型プローブ顕微鏡(SPM)を用いたナノレベル評価
    オーム社 2013
  • 太陽電池の基礎と応用 4.10第3世代を目指すシリコン系薄膜太陽電池
    日本学術振興会 次世代の太陽光発電システム 第175委員会監修 2010
  • 薄膜シリコン太陽電池の最新技術(シーエムシー出版)
    シーエムシー出版 2009
  • Photoi-Induced Structural Metastability in a-Si:H
    Willy-VCH GmbH&Co.KGaA 2003
  • Structural and Electrical Properties of Polymeric Amorphous Semiconductors Si1-xCx:H
    Plemium Publishing Corporation 1987
講演・口頭発表等 (13件):
  • 軽金属学会東海支部平成22年度第2回講演会 「環境・エネルギー分野を支える軽金属」太 陽 光 発 電 の 現状と将来展望
    (軽金属学会東海支部 平成22年度第2回講演会 「環境・エネルギー分野を支える軽金属」 2010)
  • 中国地域太陽電池フォーラム 太陽光発電の研究動向と未来型太陽光発電システム研究センターの紹介
    (中国地域太陽電池フォーラム 2010)
  • 応用物理学会結晶工学分科会第133回研究会 「これからはじめる太陽電池- 基礎から課題 - 」 シリコン系薄膜太陽電池の高効率化技術と課題
    (応用物理学会結晶工学分科会第133回研究会 「これからはじめる太陽電池- 基礎から課題 - 」 2010)
  • 色材協会中部支部 太陽光発電の現状と将来展望
    (2010)
  • カーボンナノウォール成長における基板表面ラフネスの効果
    (2009)
もっと見る
Works (5件):
  • 界面ナノ制御による効率的な太陽光水分解システムの創製
    2002 -
  • 革新的次世代太陽光発電システム技術研究開発事業 超高光閉じ込め型薄膜シリコン太陽電池の研究開発
    2001 -
  • 革新的次世代太陽光発電システム技術研究開発事業 Cat-CVD法による低価格太陽電池製造技術の研究開発
    2001 -
  • 太陽光発電システム実用化技術開発-薄膜太陽電池の製造技術開発--実用化解析に関する調査研究-高品質シリコン系薄膜作製のための光劣化評価技術の開発
    1997 - 2000
  • 光熱ベンディング分光法
    1996 -
学歴 (4件):
  • 1984 - 1984 工学博士(大阪大学)
  • 1980 - 1983 大阪大学 電気工学専攻 博士課程
  • 1977 - 1979 岐阜大学 電子工学専攻 修士課程
  • 1973 - 1977 岐阜大学 電子工学科
学位 (2件):
  • 工学修士 (岐阜大学)
  • 工学博士 (大阪大学)
経歴 (17件):
  • 2021/01 - 現在 放送大学 学習センター 岐阜学習センター 所長・特任教授
  • 2020/04 - 現在 東海国立大学機構 岐阜大学 学術研究社会連携機構 岐阜県気候変動適応センター センター長
  • 2020/04 - 2021/03 東海国立大学機構 岐阜大学 学術研究社会連携機構 高等研究院 特任教授
  • 2020/04 - 2020/12 株式会社 清流パワーエナジー、トオヤマ 顧問、参与
  • 2018/04 - 2020/03 岐阜大学 理事&副学長
全件表示
委員歴 (37件):
  • 2017 - 現在 岐阜県 新エネ・省エネ推進会議 委員長
  • 2017 - 現在 26th Int. Photovoltaic Science & Engineering Conference 組織委員
  • 2015/02 - 現在 省エネ対策促進事業委託プロポーザル評価会議構成員 評価構成員
  • 2014 - 現在 The 6th World Conference Photovoltaic Energy Conversion 組織委員会委員-実行委員会Tutorial委員会委員長
  • 2012 - 現在 JST国際科学技術協力推進事業「日本・中国・韓国 研究交流書類評価会 委員長
全件表示
受賞 (2件):
  • 2021/02 - 岐阜新聞社 第17回岐阜新聞大賞
  • 2009/11/01 - Best Poster Presentation Award
所属学会 (7件):
日本太陽光発電学会 ,  日本太陽エネルギー学会 ,  電気学会 ,  米国The Materials Research Society ,  フラーレン研究会 ,  日本物理学会 ,  応用物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る