研究者
J-GLOBAL ID:200901050387633737   更新日: 2020年05月17日

萩原 真

ハギワラ マコト | Hagiwara Makoto
所属機関・部署:
研究分野 (5件): 生理学 ,  家政学、生活科学 ,  栄養学、健康科学 ,  応用分子細胞生物学 ,  応用生物化学
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2014 - 2018 口腔組織の炎症によって発生する気体分子と細胞機能の破綻
  • 2014 - 2017 アルツハイマー病の病態増悪に関与する歯周病分子機構の解明
  • 2013 - 2015 酸化的修飾タンパク質と歯周病病態との関連-アダクトミクス応用による網羅的解析-
  • 2011 - 2014 歯周病原菌の細胞内への侵入機構をターゲットとした新しい歯周病制御法の確立
  • 2010 - 2013 エンドサイトーシス制御を基盤とした新しい感染制御法の開発
全件表示
論文 (7件):
  • 神山 伸, 萩原 真, 曽根 英行. 植物におけるビオチンの合成と光と温度による調節. ビタミン. 2017. 91. 11. 657-659
  • 神山 伸, 櫛原 詩野, 本間 千裕, 萩原 真, 曽根 英行. 雪室貯蔵が小麦粉の品質と製パン性に与える影響. 日本食品工学会誌. 2017. 18. 1. 19-24
  • 神山 伸, 土沼 侑佳, 塩沢 浩太, 萩原 真, 曽根 英行. SLC35F2の発現状態及びB群ビタミンが肺腺がん細胞のゲフィチニブ感受性に及ぼす影響. 微量栄養素研究. 2016. 33. 80-86
  • 萩原 真, 神山 神山, 曽根 英行. 葉酸と葉酸レセプターαを利用したドラッグデリバリーシステム. ビタミン. 2016. 90. 9. 441-444
  • 萩原 真, 神山 伸, 曽根 英行. 高濃度アスコルビン酸は酸化を促進し大腸ガン細胞のアポトーシスを誘導する. ビタミン. 2016. 90. 12. 600-602
もっと見る
書籍 (4件):
  • Interface Oral Health Science 2014 : innovative research on biosis-abiosis intelligent interface
    Springer Open 2015 ISBN:9784431551256
  • Interface oral health science 2011
    2012 ISBN:9784431540694
  • エンドトキシン・自然免疫研究 14:自然免疫と生体防御
    医学図書出版 2011 ISBN:9784871514101
  • Endocytosis : structural components, functions and pathways
    Nova Science publishers 2010 ISBN:9781616681890
学歴 (3件):
  • 2006 - 2009 東京農業大学 大学院農学研究科 農芸化学専攻 博士後期課程
  • 2004 - 2006 東京農業大学 大学院農学研究科 農芸化学専攻 博士前期課程
  • 2000 - 2004 東京農業大学 応用生物科学部 生物応用化学科
学位 (1件):
  • 博士(農芸化学) (東京農業大学)
経歴 (4件):
  • 2015/09 - 現在 新潟県立大学 助教
  • 2014/04 - 2015/08 独立行政法人国立長寿医療研究センター(2015年4月より国立研究開発法人国立長寿医療研究センターに名称変更) 博士研究員
  • 2011/04 - 2014/03 日本学術振興会 特別研究員(PD) (国立長寿医療研究センター)
  • 2009/04 - 2011/03 国立長寿医療センター(2010年4月より独立行政法人国立長寿医療研究センターに名称変更) 博士研究員
委員歴 (4件):
  • 2016/07 - 現在 新潟県生活文化研究会 幹事
  • 2016/05 - 現在 トランスポーター研究会 幹事
  • 2019/04 - 2020/03 人間生活学研究編集委員
  • 2015/11 - 2017/03 人間生活学研究編集委員
所属学会 (5件):
日本生化学会 ,  日本農芸化学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本食生活学会 ,  日本栄養食糧学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る