研究者
J-GLOBAL ID:200901052555417509   更新日: 2020年07月28日

阪野 智一

サカノ トモカズ | Sakano Tomokazu
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 政治学
研究キーワード (1件): 比較政治学
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2014 - 2017 保守政党の国際比較
  • 2016 - グローバル人材育成推進事業(特色型)
  • 2015 - グローバル人材育成推進事業(特色型)
  • 2014 - グローバル人材育成推進事業(特色型)
  • 2013 - グローバル人材育成推進事業(特色型)
全件表示
論文 (18件):
  • 阪野 智一. 英選挙とEUの未来(上). 日本経済新聞. 2019
  • 阪野 智一. イギリスにおける福祉コンディショナリティの展開と影響. 日本労働研究雑誌. 2019. 61. 12. 52-66
  • 阪野 智一. 2017年イギリス総選挙の分析:ブレグジットと二大政党政治への回帰. 選挙研究. 2018. 34. 1. 22-39
  • 阪野 智一. 書評 水島治郎編『保守の比較政治学 欧州・日本の保守政党とポピュリズム』(岩波書店、2016年). 選挙研究. 2017. 33. 1. 75-77
  • 阪野 智一. EU国民投票の分析-政党内・政党間政治とイギリス社会の分断-. 国際文化学研究. 2016. 47. 31-79
もっと見る
MISC (3件):
  • 阪野 智一. 比較政治・政治史(欧州・北米ほか)対象 宮本太郎『社会的包摂の政治学-自立と承認をめぐる政治対抗-』(ミネルヴァ書房、2013年)、遠藤乾『統合の終焉:EUの実像と論理』(岩波書店、2013年). 『年報政治学 2014-I 民意』. 2014. 365-368
  • 阪野 智一. ニュー・レイバーの「新しさ」とイギリス左派理論. レヴァイアサン. 2002. 31, 195-198
  • 阪野 智一. 書評:杉本稔『イギリス労働党史研究』(北樹出版). 選挙研究. 2001. 16, 166
書籍 (14件):
  • 比較議院内閣制論
    岩波書店 2019
  • 民主政とポピュリズム
    筑摩書房 2018
  • 刷新する保守
    弘文堂 2017
  • イギリス現代政治史 第2版
    ミネルヴァ書房 2016
  • 現代イギリス政治 第2版
    成文堂 2014
もっと見る
講演・口頭発表等 (14件):
  • Brexitとイギリス政党政治の変容
    (日本アカデメイア研究会 2020)
  • 海外インターンシップ/フィールドワークから得られる学生の能力
    (宇部高専APシンポジウム 2019)
  • ブレグジットの行方
    (日本アカデメイヤ 2017)
  • 総選挙後の英国情勢
    (国際情勢研究所 2017)
  • 2015年イギリス総選挙と今後について
    (日本アカデメイア勉強会 2015)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1983 神戸大学 大学院法学研究科公法専攻博士課程後期課程退学
学位 (1件):
  • 法学修士 (神戸大学)
所属学会 (5件):
International Political Science Association ,  American Political Science Association ,  日本比較政治学会 ,  日本選挙学会 ,  日本政治学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る