研究者
J-GLOBAL ID:200901055691625505   更新日: 2020年05月01日

齋藤 洋

サイトウ ヒロシ | Saito Hiroshi
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
研究分野 (1件): 国際法学
研究キーワード (6件): 強制力 ,  時間と法 ,  宇宙法 ,  補完関係 ,  国際法学 ,  International Law
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2005 - 2007 東南アジア・中東地域の国家制定法と伝統的秩序規範の協働関係に関する法文化的研究
  • 2005 - 2007 イスラーム世界における伝統的秩序規範の持続と変容
  • 国際法の強制力
  • 国際法学の基礎理論
  • 宇宙活動の法的研究
全件表示
論文 (51件):
  • Hiroshi SAITO. Why the Territorial Dispute between Japan and China cannot be Resolved. Japanese Society and Culture. 2020. 2. 47-51
  • 齋藤洋. 時間と法に関する研究序説(四・小括)-邦語文献の整理と課題-. 東洋法学. 2019. 63. 1. 264(63)-242(85)
  • 齋藤洋. 国際関係法の視点に基づく土地と安全保障. 憲法研究. 2019. 51. 41-66
  • Hiroshi SAITO. A Concise Consideration on the Legal Status of Taiwan for Japan from the perspective of the Customary International Law of Recognition. Japanese Society and Culture. 2019. 1. 29-37
  • 齋藤 洋. 自律型致死性兵器システム(LAWS)の責任問題に関する現行国際法上の規制と課題. 憲法研究. 2018. 50. 67-86
もっと見る
MISC (14件):
  • Signification of Indirect Application of Treaties(note). TOYOHOGAKU. 2005. No.106
  • A Consideration on Treaty of International Space Station as International Law-Making Process. TOYOHOGAKU. 2005. No.105
  • Reconsideration to Cyberspace as compares with Outer Space Law. TOYOHOGAKU. 2004. No.104
  • War Coverage and International Law. COMPARATIVE LAW(TOYO University). 2004. No.41
  • Military Use of Space Debris and Principle on Peaceful Use of Outer Space. TOYOHOGAKU. 2004. No.103
もっと見る
書籍 (15件):
  • 日本法の論点 第3巻
    文眞堂 2013
  • 公法基礎入門(改訂増補版)
    八千代出版 2013
  • 日本法の論点 第2巻
    文眞堂 2012
  • 日本法の論点 第1巻
    文眞堂 2011
  • 国際関係理論の探求-英国学派のパラダイム- [翻訳]
    日本経済評論社 2010
もっと見る
講演・口頭発表等 (9件):
  • 国際関係法の視点に基づく土地と安全保障
    (憲法学会第119回研究集会(姫路大学) 2018)
  • 自律型兵器の利用と安全保障
    (憲法学会第118回研究集会(慶応大学三田キャンパス) 2017)
  • Japanese Modernization and the Thought of Kano Jigoro: in Comparison with the Thought of Inoue Enryo
    (International Symposium: Ca' Foscari, Univversity of Venice, Department of Asian and North Afrecan Studies 2015)
  • Kobudo: Traditional and Physical Culture in Japan
    (The Commemorative Ceremony of 30 Years' Academic Exchange between the University of Strasberg and Toyo University 2015)
  • Perche non si puo risolvere la controversia territoriale tra Giappone e Cina?
    (Associazione Italo-Giapponese per il Diritto Comparato 2014)
もっと見る
Works (1件):
  • 東南アジアにおける伝統規範と法規範の実態
    2005 -
学歴 (2件):
  • - 1989 駒澤大学 公法学(国際法学)
  • - 1983 中央大学 法律
学位 (2件):
  • 法学博士 (駒澤大学)
  • 法学修士 (駒澤大学)
経歴 (18件):
  • 2006 - 現在 東洋大学大学院 法学研究科 教授
  • 2005 - 現在 東洋大学 法学部 教授
  • 2005 - 現在 東洋大学
  • 2009 - 2010 ボローニャ大学 Antonio Cicu法学研究所 客員研究員
  • 2007/04 - 2009/03 武蔵野学院大学大学院 非常勤講師
全件表示
委員歴 (10件):
  • 2019/05 - 現在 防衛法学会 理事
  • 2016/06 - 現在 憲法学会 常任理事
  • 2019/04 - 2021/03 東洋大学現代社会総合研究所 所長
  • 2016/04 - 2018/03 東洋大学附属図書館 図書館長
  • 2016/04 - 2017/03 私立大学図書館協会 会長
全件表示
所属学会 (6件):
憲法学会 ,  日本法政学会 ,  防衛法学会 ,  日本空法学会 ,  国際宇宙法学会(International Institute of Space Law) ,  日本国際法学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る