研究者
J-GLOBAL ID:200901057457863675   更新日: 2022年01月27日

八畑 謙介

ヤハタ ケンスケ | Yahata Kensuke
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (2件): 進化生物学 ,  多様性生物学、分類学
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2009 - 2012 アカハライモリの資源化とモデル動物化を支える情報・技術基盤の研究
  • 2009 - 2011 アカハライモリの資源化とモデル動物化を支える情報・技術基盤の研究
  • 2001 - 2001 節足動物の卵巣形態および卵形成様式の多様性と進化に関する研究
  • 1993 - 多足類の分類学的研究
  • 1989 - 節足動物の卵巣構造と卵形成に関する研究
論文 (46件):
  • Casco, Robles Martin Miguel, Yasuda, Kayo, Yahata, Kensuke, Maruo, Fumiaki, Chiba, Chikafumi. Reviewing the Effects of Skin Manipulations on Adult Newt Limb Regeneration: Implications for the Subcutaneous Origin of Axial Pattern Formation. Reviewing the Effects of Skin Manipulations on Adult Newt Limb Regeneration: Implications for the Subcutaneous Origin of Axial Pattern Formation. 2021. 9. 10
  • Yazaki, Euki, Miyata, Ryosuke, Chikami, Yasuhiko, Harada, Ryo, Kawakubo, Takashi, Tanifuji, Goro, Nakayama, Takuro, Yahata, Kensuke, Hashimoto, Tetsuo, Inagaki, Yuji. Signs of the plastid: Enzymes involved in plastid-localized metabolic pathways in a eugregarine species. Parasitology International. 2021. 83. 102364-102364
  • Chikami, Yasuhiko, Yahata, Kensuke. Comparative morphology of ovarian follicle in two polydesmid millipedes: evolutionary implication on folded structure of follicle epithelium in Polydesmida (Myriapoda: Diplopoda). Proceedings of the Arthropodan Embryological Society of Japan. 2019. 52. 1-9
  • Chikami, Yasuhiko, Yahata, Kensuke. Histological study of ovarian follicle epithelium in Hyleoglomeris (Diplopoda, Glomerida, Glomeridae): Two subpopulations in the follicle epithelial cells. Proceedings of the Arthropodan Embryological Society of Japan. 2019. 52. 15-18
  • 千頭, 康彦, 八畑, 謙介. 多足類に見出された濾胞上皮と卵母細胞との接触構造. Proceedings of Arthropodan Embryological Society of Japan. 2019. 52. 33-33
もっと見る
書籍 (2件):
  • 動物学の百科事典
    日本動物学会 2018 ISBN:4621303090
  • 生物学オリンピック問題集
    羊土社 2008
講演・口頭発表等 (15件):
  • オビヤスデ目における濾胞上皮の折畳み構造の 2 タイプ
    (日本動物学会第88回大会 2017)
  • 多足類に見出された濾胞上皮と卵母細胞との接触構造
    (日本節足動物発生学会第53回大会 2017)
  • Structure of the follicle epithelium of myriapods and its evolutionary implication
    (日本動物学会第87回大会 2016)
  • ヤマトタマヤスデ Hyleoglomeris japonica 卵巣における上皮組織の構造と機能の分化について
    (日本節足動物発生学会第52回大会 2016)
  • コムカデ類卵巣の形態学的研究 -多足類の卵巣のグラウンドプランを探る-
    (日本節足動物発生学会第52回大会 2016)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1995 筑波大学 生物学
  • - 1990 筑波大学 生物学類
経歴 (2件):
  • 1997/10/16 - 現在 筑波大学 講師
  • 1995/04/16 - 1997/10/15 筑波大学 準研究員
委員歴 (4件):
  • 2006 - 2012 Arthropodan Embryological Society of Japan Secretariat
  • 2006 - 2012 日本節足動物発生学会 事務局
  • 1998 - 2012 Arthropodan Embryological Society of Japan Treasurer
  • 1998 - 2012 日本節足動物発生学会 会計幹事
受賞 (1件):
  • 2016/11 - 日本動物学会 Zoological Science Award 優れた動物学研究論文を発表した
所属学会 (3件):
日本動物学会 ,  日本土壌動物学会 ,  日本節足動物発生学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る