研究者
J-GLOBAL ID:200901059484331173   更新日: 2020年06月02日

三島 正規

ミシマ マサキ | Mishima Masaki
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 理学研究科  准教授
ホームページURL (1件): http://www.comp.tmu.ac.jp/osbc2/
研究分野 (3件): 分子生物学 ,  生物物理学 ,  構造生物化学
研究キーワード (3件): ケミカルバイオロジー ,  核磁気共鳴学法 ,  構造生物学
競争的資金等の研究課題 (18件):
  • 2017 - マルチドメインタンパク質がもつ動的な構造の解析
  • 2015 - 長鎖ノンコーディングRNA、SRAによる転写制御の構造的基礎
  • 2015 - ドメインライゲーションによって再構成したキナーゼ全長の動的構造解析
  • 2013 - チューブリンチロシンリガーゼとチューブリン複合体の構造解析
  • 2013 - 放線菌の接合伝達機構解明と人為的高速ゲノム進化への応用
全件表示
論文 (10件):
  • Okatsu K, Sato Y, Yamano K, Matsuda N, Negishi L, Takahashi A, Yamagata A, Goto-Ito S, Mishima M, Ito Y, Oka T, Tanaka K, Fukai S. Structural insights into ubiquitin phosphorylation by PINK1. Scientific reports. 2018. 8. 1. 10382
  • Mishima M, Kobayashi A, Kanaba T. [Phosphorylation of the transcriptional co-repressor complex by CK2 as a molecular switch]. Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society. 2015. 87. 2. 258-261
  • Shoji T, Mishima M, Hashimoto T. Divergent DNA-binding specificities of a group of ETHYLENE RESPONSE FACTOR transcription factors involved in plant defense. Plant physiology. 2013. 162. 2. 977-990
  • Kanaba T, Maesaki R, Mori T, Ito Y, Hakoshima T, Mishima M. Microtubule-binding sites of the CH domain of EB1 and its autoinhibition revealed by NMR. Biochimica et biophysica acta. 2013. 1834. 2. 499-507
  • Kawasaki K, Yoneyama M, Murata-Kamiya N, Harashima H, Kojima C, Ito Y, Kamiya H, Mishima M. 1H, 13C and 15N NMR assignments of the Escherichia coli Orf135 protein. Biomolecular NMR assignments. 2012. 6. 1. 1-4
もっと見る
MISC (2件):
学歴 (2件):
  • - 2001 奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科 分子生物学専攻
  • - 1996 名古屋市立大学 薬学部 製薬学科
学位 (1件):
  • 博士(バイオサイエンス) (奈良先端科学技術大学院大学)
経歴 (4件):
  • 2001 - - 奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科
  • 2001 - - 木原記念生命科学振興財団
  • 助手
  • 博士研究員(横浜市立大学)
所属学会 (4件):
日本ケミカルバイオロジー学会 ,  日本核磁気共鳴学会 ,  日本生物物理学会 ,  日本分子生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る