研究者
J-GLOBAL ID:200901064377297977   更新日: 2020年06月06日

上原 周三

ウエハラ シュウゾウ | Uehara Shuzo
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 化学物質影響 ,  放射線影響
研究キーワード (1件): 放射線物理学
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 飛跡構造を利用した放射線作用の生物物理学的研究
  • 医学生物学のための電子光子モンテカルロシミュレーション
MISC (8件):
  • 上原周三. 放射線飛跡構造の物理とその化学生物学への応用. Jpn J Med Phys. 2006. 26. Sup.3. 10-29
  • 古林徹他. 医学用原子分子・原子核データに関するアンケート調査報告書. JAEA-Review. 2006. 2006-002
  • 生体における放射線飛跡構造シミュレーションに必要な原子分子断面積. JAERI-Review. 2003. 2003-022: 10-19
  • 重粒子線の微視的飛跡シミュレーションコードの研究開発. 文科省科研費研究成果報告書. 2002
  • モンテカルロ飛跡構造シミュレーションに用いられる断面積データの解析. 文部省科学研究費補助金基盤研究(C)研究成果報告書. 1999
もっと見る
書籍 (4件):
  • 放射線飛跡構造のモンテカルロシミュレーション
    粒子線治療の基盤展開,放射線医学総合研究所 2002
  • 放射線物理学
    南山堂 2002
  • 放射線粒子吸収と散乱シミュレーション
    医用放射線技術実験・医用情報処理:基礎編,共立出版 1995
  • 電子及び陽電子の相互作用
    日本医学放射線物理学会 医学物理データブック 1994
講演・口頭発表等 (2件):
  • 放射線飛跡構造の物理とその化学生物学への応用
    (日本医学物理学会第92回学術大会 2006)
  • 水における荷電粒子のモンテカルロ飛跡構造
    (日本物理学会第58回年次大会,領域1,新領域合同シンポジウム「医療に関わる原子分子過程」 2003)
Works (1件):
  • 重荷電粒子のモンテカルロ飛跡構造コードの開発
    1998 -
学歴 (2件):
  • - 1972 九州大学 理学研究科 物理学
  • - 1967 九州大学 理学部 物理学
学位 (1件):
  • 理学博士 (九州大学)
経歴 (7件):
  • 2002 - 2004 九州大学医学部保健学科 教授
  • 1993 - 2004 九州大学医療技術短期大学部
  • 1993 - 2002 九州大学医療技術短期大学部 教授
  • 1978 - 1993 九州大学医療技術短期大学部 助教授
  • 1978 - 1993 九州大学医療技術短期大学部
全件表示
所属学会 (4件):
Radiation Research Society ,  日本医学物理学会 ,  日本医学放射線学会 ,  日本放射線影響学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る