研究者
J-GLOBAL ID:200901074898652914   更新日: 2020年01月18日

田川 玄

タガワ ゲン | Gen Tagawa
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 文化人類学、民俗学 ,  地域研究
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2018 - 2021 東アフリカにおける未来の人口高齢化を見据えた福祉とケア空間の学際的探求
  • 2012 - 2016 グローバル化するアフリカにおける<老いの力>の生成と変容-宗教儀礼領域からの接近
  • 2014 - 援助と投資の経済人類学:エチオピアの食料資源の市場化/脱市場化に関する実証分析
  • 2012 - 2014 平和記念都市・広島の「記念碑的景観」の実証的研究
  • 2013 - 東アフリカにおける「早すぎる高齢化」とケアの多様性をめぐる学際的研究
全件表示
論文 (14件):
  • The Logic of a Generation-Set System and Age-Set System. Journal of Nilo-Ethiopian Studies. 2017. 22. 15-23
  • 広島市街地における原爆記念物の時間と空間. 広島平和研究. 2016. 3. 37-53
  • アフリカから<老いの力>を学ぶにあたって. JANES ニュースレター. 2015. 22
  • 福因と災因-ボラナ・オロモの宗教概念と実践. 『せめぎあう宗教と国家 エチオピア 神々の相克と共生』石原美奈子編. 2014. 195-231
  • ウシの名を呼ぶ-南部エチオピアの牧畜民ボラナにおける人と家畜の駆け引き. 『人と動物、駆け引きの民族誌』奥野克巳編. 2011. 205-234
もっと見る
MISC (1件):
  • レゲッセ,アスマロム『文化人類学文献事典』. 2004
書籍 (8件):
  • 国家支配と民衆の力ーエチオピアにおける国家・NGO・草の根社会ー
    大阪公立大学共同出版会 2018
  • NGOとアフリカの市民社会
    大阪府立大学人間社会システム科学研究科 2017
  • 動物殺しの民族誌
    昭和堂 2016
  • アフリカの老人:老いの制度と力をめぐる民族誌
    九州大学出版会 2016
  • 東アフリカにおける暴力の諸相に関する人類学的研究
    熊本大学文学部文化人類学研究室 2009
もっと見る
講演・口頭発表等 (10件):
  • 文化翻訳としての無形文化遺産-エチオピアのガダ体系を事例として
    (第27回日本ナイル・エチオピア学会学術大会 2018)
  • 南部エチオピアのボラナ社会における老人ケア
    (第26回日本ナイル・エチオピア学会学術大会 2017)
  • Transformation of the Livelihood of the Borana-Oromo in Southern Ethiopia
    (IUAES Inter Congress 2016 2016)
  • 狩猟・供犠・殺人-南部エチオピアの牧畜民ボラナ・オロモにおいて殺しの担い手 となること
    (日本文化人類学会第48回研究大会 2014)
  • アフリカから<老いの力>を学ぶにあたって
    (第23回日本ナイル・エチオピア学会学術大会 2014)
もっと見る
Works (2件):
  • 「少年のラジオ」ミツトヨレポート259
    2013 -
  • ちょっとモダンなアーキテクチャー
    2011 -
学歴 (1件):
  • 1993 - 2000 一橋大学 社会学研究科
学位 (1件):
  • 博士(社会学) (一橋大学)
委員歴 (5件):
  • 2015/05 - 日本アフリカ学会 評議員
  • 2011/06 - 日本アフリカ学会 中国四国支部支部長
  • 2009/04 - 日本ナイル・エチオピア学会 評議員
  • 2006/09 - 2009/03 広島県立図書館 資料選定委員
  • 2007 - 2009 日本ナイル・エチオピア学会 運営幹事
所属学会 (3件):
日本文化人類学会 ,  日本アフリカ学会 ,  日本ナイル・エチオピア学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る