研究者
J-GLOBAL ID:200901075469923957   更新日: 2020年06月09日

遠山 竜也

トオヤマ タツヤ | Toyama Tatsuya
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www.med.nagoya-cu.ac.jp/mammal.dir/index.htmlhttp://www.med.nagoya-cu.ac.jp/mammal.dir/index.html
研究分野 (1件): 外科学一般、小児外科学
研究キーワード (1件): 乳癌
競争的資金等の研究課題 (20件):
  • 2018 - 2020 糖代謝を標的とした治療抵抗性乳癌に対する新規分子標的治療薬の開発
  • 2017 - 2019 乳癌に対する新規治療薬の開発を目的としたマイクロRNA-569ノックダウン療法
  • 2016 - 2018 乳癌におけるタキサン耐性機序の解明と新規分子標的治療薬の開発
  • 2016 - 2018 ホルモン療法抵抗性乳癌における骨髄転移メカニズムの解明と新規分子標的治療薬の 開発
  • 2015 - 2017 ホルモン療法低感受性乳癌に対するマイクロRNA-1290ノックダウン療法
全件表示
論文 (51件):
もっと見る
講演・口頭発表等 (403件):
  • Single-Agent Activity of U3-1402, a HER3-Targeting Antibody-Drug Conjugate, in Breast Cancer Patients: Phase 1 Dose Escalation Study.
    (The 53th Annual meeting of American Society of Clinical Oncology (ASCO) 2018)
  • TransNEOS: Validation of the Oncotype DX Recurrence Score testing core needle biopsy samples from NEOS as predictor of clinical response to neoadjuvant endocrine therapy for postmenopausal ER+, HER2-negative breast cancer patients.
    (2017 Annual San Antonio Breast Cancer Symposium (San Antonio, U.S.A) 2017)
  • NEOS: A randomized, open label, phase 3 trial of adjuvant chemotherapy for postmenopausal breast cancer patients who responded to neoadjuvant letrozole: First report of long-term outcome and prognostic value of response to neoadjuvant endocrine therapy.
    (2017 Annual San Antonio Breast Cancer Symposium (San Antonio, U.S.A) 2017)
  • The prognostic impact of Retinoic Acid-Induced 2(RAI2) expression in ERα-positive breast cancer patients.
    (2017 Annual San Antonio Breast Cancer Symposium (San Antonio, U.S.A) 2017)
  • Everolimus (EVE) + letrozole (LET) in patients (pts) with estrogen receptor_positive (ER+), human epidermal growth factor receptor 2_negative (HER2-) advanced breast cancer (ABC): subgroup analysis of first line (1L) progression-free survival (PFS) by rac
    (ESMO (European Society for Medical Oncology)-Asia2017 Congress, 2017)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 1983 - 1989 名古屋市立大学 医学部
学位 (1件):
  • 医学博士 (名古屋市立大学医学部)
経歴 (8件):
  • 2016/06 - 現在 名古屋市立大学大学院医学研究科 教授
  • 2012/10 - 2016/05 名古屋市立大学大学院医学研究科 病院教授
  • 2009/10 - 2012/09 名古屋市立大学大学院医学研究科 准教授
  • 2007/04 - 2009/09 名古屋市立大学大学院医学研究科 講師
  • 2005/10 - 2007/03 名古屋市立大学大学院医学研究科 助教
全件表示
委員歴 (6件):
  • 2018 - 現在 日本癌治療学会 教育委員
  • 2018 - 現在 日本乳癌学会 地方創生委員会 [中部地区]事務局長
  • 2016 - 現在 日本乳癌学会 診療ガイドライン委員会 委員
  • 2016 - 現在 日本がん治療認定医機構 教育委員
  • 2016 - 現在 日本乳癌学会 乳癌診療ガイドライン・薬物療法小委員会 委員長
全件表示
受賞 (2件):
  • 2007 - 第45回日本癌治療学会総会優秀演題賞
  • 2000 - 第6回日本乳癌学会研究奨励賞
所属学会 (5件):
日本臨床腫瘍学会 ,  日本癌治療学会 ,  日本外科学会 ,  日本乳癌学会 ,  日本癌学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る