研究者
J-GLOBAL ID:200901078879883609   更新日: 2005年11月20日

守屋 明

モリヤ アキラ | Moriya Akira
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 基礎法学
研究キーワード (6件): 調停 ,  交渉 ,  裁判外紛争処理 ,  Mediation ,  Negotiation ,  Alternative Dispute Resolution
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 栽判外紛争処理に関する研究
  • Study on Non-Judicial Dispute Resolution
MISC (25件):
  • 行政型ADRの位置づけ. 自治体学研究(神奈川県自治総合研究センター). 2005. 91号,8-13
  • 紛争処理論からみたADRの機能的統合の可能性. JCAジャーナル. 2002. 2002年10月号
  • 紛争過程における自己決定権の機能について. 岡山大学法学会雑誌. 2000. 49. 3・4. 209-244
  • 行政的紛争処理の意義と弁護士の役割. 自由と正義. 1999. 50. 4. 122-135
  • 紛争過程の動態と紛争解決システムの課題. 植松秀雄編『法とレトリック-その歴史・理論・応用-』(科学研究費補助金研究成果報告書). 1998. 65
もっと見る
書籍 (7件):
  • 多元化する紛争処理システムにおける権利の生成について
    『現代法の展望-自己決定の諸相-』有斐閣 2004
  • さまざまな紛争とADR
    『交渉と紛争処理』日本評論社 2002
  • 我が国におけるADRの機能と理念についての一考察
    『世紀転換期の法と政治』有斐閣 2001
  • 法的紛争処理の多元化と統合
    法の臨界[(]G0003[)]法実践への提言(東京大学出版会) 1999
  • 裁判外紛争解決手続
    岩波講座現代の法5現代社会と司法システム(岩波書店) 1997
もっと見る
Works (2件):
  • 法化社会における紛争処理と民事司法
    2003 -
  • 地球的リーガルネットワーク構築に関する総合的研究
    2000 -
学歴 (4件):
  • - 1979 京都大学 基礎法学
  • - 1979 京都大学
  • - 1976 京都大学
  • - 1976 京都大学
学位 (2件):
  • 法学修士 (京都大学)
  • 博士(法学) (京都大学)
経歴 (8件):
  • 2003 - 2005 関西学院大学法学部 教授
  • 1991 - 2003 岡山大学 教授
  • 1991 - 2003 岡山大学
  • 1984 - 1991 岡山大学 助教授
  • 1984 - 1991 岡山大学
全件表示
委員歴 (1件):
  • 2005 - 2008 日本法社会学会 理事(学術大会運営委員会委員長)
所属学会 (3件):
日米法学会 ,  日本法社会学会 ,  日本法哲学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る