研究者
J-GLOBAL ID:200901080804306732   更新日: 2021年03月26日

YAMAMOTO ANNE BEVERLEY

ヤマモト アン ベバリー | Yamamoto Anne Beverley
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 大阪大学  人間科学研究科 人間科学専攻   教授
ホームページURL (1件): http://g30.hus.osaka-u.ac.jp/staff/index.html
研究分野 (7件): 医療管理学、医療系社会学 ,  科学社会学、科学技術史 ,  教育学 ,  教育社会学 ,  社会福祉学 ,  医療管理学、医療系社会学 ,  社会学
研究キーワード (1件): 社会学、医療社会学、ヘルス社会学、教育社会学、ヘルスプロモーション
競争的資金等の研究課題 (25件):
  • 2020 - 2023 人権とジェンダー平等に基づいた包括的性教育の政策的枠組みと人材育成の7か国比較
  • 2020 - 2022 ヘルスケアにおけるAI の利益をすべての人々 にもたらすための市民と専門家の関与による持 続可能なプラットフォームの設計
  • 2020 - 2021 Chiaプロジェクト
  • 2019 - 医学・医療のためのICTを用いたエビデンス創出コモンズの形成と政策への応用
  • 2019 - 患者の主体的参加による新しい医学研究ガバナンスの構築に向けた研究
全件表示
論文 (131件):
  • Iwamoto Kazumasa, Yamamoto Beverley, Ohsawa Isao, Honda Daisuke, Hide Michihiro. The diagnosis and treatment of Hereditary Angioedema patients in Japan: A patient reported outcome survey. 2020
  • Nao Hamakawa, Rumiko Nakano, Atsushi Kogetsu, Victoria Coathup, Jane Kaye, Beverley Anne Yamamoto, Kazuto Kato. Landscape of Participant-Centric Initiatives for Medical Research in the United States, the United Kingdom, and Japan: Scoping Review. Journal of Medical Internet Research. 2020. 22. 8. e16441-e16441
  • 山本 ベバリーアン. なぜ子どもたちが知らないままでいることが望むのか-学校で包括的性教育を実施することの困難とその解決に向けて. 2020. 141-167
  • YAMAMOTO BEVERLEY ANNE. Involing patients in research. 2020
  • Yamamoto BA, Yamanaka H, Mohacsi G, Kimura Y, Ogasawara R. Social design for health: Ontological vulnerability, life course and planetary health. Humanistic futures of learning: Perspectives from UNESCO Chairs and UNITWIN Networks. 2020. 91-94
もっと見る
MISC (57件):
  • Yumi Rikitake, Beverley Yamamoto, Lourdes Herrera. UNDERSTANDING FACTORS INVOLVED IN THE PREVALENCE AND SHORT-TERM HEALTH IMPACT OF DATING VIOLENCE AMONG COLLEGE STUDENTS: JAPAN, HOLLAND, CHINA, PERU, AND GUATEMALA. JOURNAL OF SEXUAL MEDICINE. 2013. 10. 422-422
  • Media Literacy Education for Japanese Pre-school and Elementary School Children. Kazamashobo. 2011. Parts 1, 2 and 4
  • Media Literacy Education for Japanese Pre-school and Elementary School Children. Kazamashobo. 2011. Parts 1, 2 and 4
  • Beverley Anne Yamamoto. International Marriage in Japan: An Exploration of Intimacy, Family and Parenthood. 18th Biennial Conference of the Asian Studies Association of Australia. 2010
  • Beverley Yamamoto. An Argument for Partial De-centralization of International Offices. 2010
もっと見る
書籍 (45件):
  • 月刊 難病と在宅ケア
    (株)日本プランニングセンター 2021
  • Intimate Japan: Ethnographies of Closeness and Conflict
    University of Hawaii Press 2018 ISBN:9780824876685
  • Japanese education in a global age: Sociological reflections and future directions
    Springer 2018 ISBN:9789811315282
  • Being Young in Super-Aging Japan: Formative Events And Cultural Reactions
    Routledge 2018 ISBN:9781138494978
  • Cosmopolitan Perspectives on Academic Leadership in Higher Education.
    Bloomsbury Academic 2017
もっと見る
講演・口頭発表等 (3件):
  • 医療実装への患者参画 日本における患者・市民の参画(PPI)を考えるー3つの実践の現場から
    (第32回日本生命倫理学会学会年次大会 2020)
  • School Health as we confront COVID-19 in Asia: What have we learned and where do we go from here?
    (グルーバルヘルス合同大会2020大阪 2020)
  • 患者参画のいま、そして未来 -共に医療・医学の政策を考えるー
    (「医学・医療のためのICTを用いたエビデンス創出コモンズの形成と政策への応用」2020年度国際シンポジウム 2020)
学歴 (4件):
  • - 2000 英国国立シェフィールド大学 (University of Sheffield) East Asian Studies
  • - 1990 英国国立シェフィールド大学 東アジア研究
  • - 1982 英国国立ノッティンガム大学 教育学
  • - 1981 ロンドン大学 社会学・社会政策学
経歴 (11件):
  • 2019/06 - 現在 University of Oxford, Centre for Health, Law and Emerging Technologies (HeLEX), Academic Affiliate
  • 2017/04 - 現在 関西学院大学 非常勤講師
  • 2013/04/01 - 現在 大阪大学 人間科学研究科 人間科学専攻 教授
  • 2014/02 - 2018/02 London South Bank University, Visiting Professor at the Weeks Centre, Research activities
  • 2007/04/01 - 2016/03/31 大阪大学 グローバルコラボレーションセンター 兼任教員
全件表示
受賞 (1件):
  • 2012/07 - 大阪大学 総長顕彰(教育部門)
所属学会 (9件):
International Sociological Association ,  Australian Association of Japanese Studies ,  International Sociological Association ,  Australian Association of Japanese Studies ,  日本思春期学会 ,  Comparative and International Education Society ,  日本教育社会学学会 ,  British Association of Japanese Studies ,  日本異文化教育学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る