研究者
J-GLOBAL ID:200901083029112267   更新日: 2020年09月01日

川人 豊

カワヒト ユタカ | Yutaka Kawahito
所属機関・部署:
職名: その他
研究分野 (1件): 膠原病、アレルギー内科学
研究キーワード (2件): 膠原病・リウマチ学 ,  免疫学
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2016 - 2019 肺線維症の病因におけるAIF-1の役割の解明と治療法の開発
  • 2013 - 2016 関節リウマチの病態に関与する骨髄細胞の解析と新規治療法の開発
  • 2010 - 2013 AIF-1分子の機能解析と関節リウマチ治療法の開発
  • 2002 - 2009 糖鎖の生物機能の解明と利用技術
  • 2007 - 2008 PGE2 サイトカイン誘導性ムチンをターゲットとした関節リウマチ治療法の研究
全件表示
論文 (43件):
  • Sagawa T, Kida T, Inaba T, Yokota I, Sagawa R, Kasahara A, Kaneshita S, Inoue T, Nagahara H, Fujioka K, et al. Utility of Coagulation Markers for the Prediction of Rapidly Progressive Interstitial Lung Disease in Patients with Dermatomyositis. Lung. 2019. 197. 4. 437-442
  • Kida T, Tanaka T, Yokota I, Tamagaki K, Sagawa T, Kadoya M, Yamada T, Fujioka K, Wada M, Kohno M, et al. Association between preexisting lung involvements and the risk of diffuse alveolar hemorrhage in patients with microscopic polyangiitis: A multi-center retrospective cohort study. Modern rheumatology. 2019. 1-7
  • Inoue T, Kohno M, Nagahara H, Murakami K, Sagawa T, Kasahara A, Kaneshita S, Kida T, Fujioka K, Wada M, et al. Upregulation of sphingosine-1-phosphate receptor 3 on fibroblast-like synoviocytes is associated with the development of collagen-induced arthritis via increased interleukin-6 production. PloS one. 2019. 14. 6. e0218090
  • Kaneshita S, Kida T, Yokota I, Nagahara H, Seno T, Wada M, Kohno M, Kawahito Y. Risk Factors for Cytomegalovirus Disease with Cytomegalovirus Re-activation in Patients with Rheumatic Disease. Modern rheumatology. 2018. 1-12
  • Kukida Y, Kasahara A, Seno T, Inoue T, Sagawa R, Kida T, Nakabayashi A, Nagahara H, Murakami K, Sugitani T, et al. Efficacy of abatacept in patients with rheumatoid arthritis, as assessed by magnetic resonance imaging of bilateral hands. International journal of rheumatic diseases. 2018. 21. 9. 1678-1685
もっと見る
MISC (72件):
  • 藤井 渉, 松田 修, 芦原 英司, 川人 豊, 妹尾 高宏, 山本 相浩, 河野 正孝, 小田 良, 徳永 大作, 久保 俊一, et al. P1-011 関節液の酸性化に関わるイオン輸送体蛋白Monocarboxylate transporter 4は関節リウマチの新たな治療ターゲットである. 日本臨床免疫学会会誌. 2015. 38. 4. 314a-314a
  • 松木 智宏, 新井 祐志, 土田 真嗣, 本城 邦晃, 中川 周士, 井上 裕章, 寺内 竜, 井上 敦夫, 市丸 昌平, 谷口 大吾, et al. ヒト関節リウマチ滑膜におけるConnexin 43の発現. 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2014. 58回. 661-661
  • 徳永 大作, 小田 良, 谷口 大吾, 今井 寛, 岸田 愛子, 川人 豊, 妹尾 高広, 井上 重洋, 久保 俊一. 高齢発症および高齢者RAの対応と問題点 高齢(発症)RA治療の問題点. 日本関節病学会誌. 2013. 32. 3. 368-368
  • 藤井渉, 芦原英司, 平位秀世, 村上憲, 妹尾高宏, 山本相浩, 石野秀岳, 河野正孝, 前川平, 川人豊. コラーゲン誘導関節炎におけるMyeloid-derived suppressor cellsは関節炎の制御に重要な役割を果たす. 第34回日本炎症・再生医学会(京都). 2013
  • Myeloid-derived suppressor cells have regulatory roles in mouse collagen-induced arthritis. 2013 Annual European Congress of Rheumatology (Madrid, Spain). 2013
もっと見る
Works (1件):
  • 担癌状態におけるムチンを介した免疫能の変化の解析と応用
    2003 - 2008
学歴 (2件):
  • - 1995 京都府立医科大学
  • - 1987 島根医科大学 医学科
学位 (1件):
  • 医学博士 (京都府立医科大学)
経歴 (5件):
  • 2012/03 - 現在 京都府立医科大学大学院医学研究科 免疫内科学 病院教授
  • 2010/07 - 2012/02 京都府立医科大学大学院医学研究科 免疫内科学 准教授
  • 2004/04 - 2010/06 京都府立医科大学大学院医学研究科 生体機能制御学 講師
  • 2002/06 - 2004/03 京都府立医科大学大学院医学研究科 生体機能制御学 助手
  • 1995/10 - 1998/03 米国国立衛生研究所 NIAMS・リウマチ部門 Research Fellow
委員歴 (5件):
  • 2019/04 - 現在 日本リウマチ学会 RA治療薬ガイドライン策定小委員会委員 委員長
  • 2019/04 - 現在 日本リウマチ学会 専門医資格認定委員会委員 委員長
  • 2019/04 - 現在 日本リウマチ学会 理事
  • 2015/04 - 現在 日本リウマチ学会 Modern Rheumatology編集委員会委員
  • 2003 - 現在 日本リウマチ学会 評議員
受賞 (1件):
  • 2002 - 第8回日本炎症・再生医学会 奨励賞
所属学会 (5件):
日本臨床リウマチ学会 ,  日本臨床免疫学会 ,  日本炎症・再生医学会 ,  日本免疫学会 ,  日本リウマチ学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る