研究者
J-GLOBAL ID:200901095582502705   更新日: 2019年12月24日

尾池 雄一

オイケ ユウイチ | OIKE Yuichi
所属機関・部署:
職名: 教授(2007年4月1日着任)
ホームページURL (1件): http://www.kumamoto-u-molgene.jp
研究キーワード (5件): 老年医学 ,  血管生物学 ,  代謝医学 ,  がん ,  幹細胞生物学
競争的資金等の研究課題 (31件):
  • 2017 - 2022 2017-2021年度『ミトコンドリア関連臓器の老化とエネルギー代謝機構変容・破綻との連関の分子基盤解明』
  • 2017 - 2022 2017-2021年度『統一化、標準化された老化・寿命研究支援システムの構築・推進』
  • 2018 - 2021 2018年度-2020年度 基盤研究(B) 『革新的心不全治療法創出を目指した基盤研究』
  • 2018 - 2020 2018年度-2019年度 挑戦的研究(萌芽)『ノンコーディングRNAによるミトコンドリア機能制御の分子機構解明』
  • 2017 - 2020 2017-2019年度 JST START 『ANGPTL2を標的とする画期的心不全等遺伝子治療薬の開発』
全件表示
論文 (187件):
  • Horiguchi H, Kadomatsu T, Kurahashi R, Hara C, Miyata K, Baba M, Osumi H, Terada K, Araki K, Takai T, Kamba T, Linehan WM, Moroishi T, Oike Y. Dual functions of angiopoietin-like protein 2 signaling in tumor progression and anti-tumor immunity. Genes & development. 2019. 33. 23-24. 1641-1656
  • Sugimoto K, Nakamura T, Tokunaga T, Uehara Y, Okada T, Taniwaki T, Fujimoto T, Oike Y, Nakamura E. Angiopoietin-Like Protein 2 Induces Synovial Inflammation in the Facet Joint Leading to Degenerative Changes via Interleukin-6 Secretion. Asian spine journal. 2019. 13. 3. 368-376
  • Kurahashi R, Kadomatsu T, Baba M, Hara C, Itoh H, Miyata K, Endo M, Morinaga J, Terada K, Araki K, Eto M, Schmidt LS, Kamba T, Linehan WM, Oike Y. MicroRNA-204-5p: A novel candidate urinary biomarker of Xp11.2 translocation renal cell carcinoma. Cancer science. 2019. 110. 6. 1897-1908
  • Baba M, Furuya M, Motoshima T, Lang M, Funasaki S, Ma W, Sun HW, Hasumi H, Huang Y, Kato I, Kadomatsu T, Satou Y, Morris N, Karim BO, Ileva L, Kalen JD, Wilan Krisna LA, Hasumi Y, Sugiyama A, Kurahashi R, Nishimoto K, Oyama M, Nagashima Y, Kuroda N, Araki K, Eto M, Yao M, Kamba T, Suda T, Oike Y, Schmidt LS, Linehan WM. TFE3 Xp11.2 Translocation Renal Cell Carcinoma Mouse Model Reveals Novel Therapeutic Targets and Identifies GPNMB as a Diagnostic Marker for Human Disease. Molecular cancer research : MCR. 2019
  • Kadomatsu T, Oike Y. Roles of angiopoietin-like proteins in regulation of stem cell activity. Journal of biochemistry. 2019. 165. 4. 309-315
もっと見る
書籍 (39件):
  • わかる実験医学シリーズ 再生医学がわかる(共著)
    羊土社 2002
  • 先端医療シリーズ28「心臓病」
    先端医療技術研究所 2004
  • わかる実験医学シリーズ 基礎から臨床応用までの血管生物学がわかる
    羊土社 2004
  • 医学のあゆみ別冊
    医歯薬出版株式会社 2006
  • 癌と血管新生の分子生物学(共著)
    株式会社 南山堂 2006
もっと見る
講演・口頭発表等 (114件):
  • 21世紀の再生医療の現状とその実用化に向けて--血管新生--アンジオポエチン関連遺伝子(ARP)と血管新生
    (第1回日本再生医療学会シンポジウム 2002)
  • Evi-1ノックアウトマウスの造血及び血管新生
    (第64回日本血液学会・第44回日本臨床血液学会 2002)
  • 血管発生・新生の分子機構解明の試み
    (The 5th Meeting of Molecular Cardiology Seminar 21 2002)
  • Ephrin-B2 promotes endothelial cell migration through PI3K pathway and induces angiogenesis in vivo in adult settings
    (第67回日本循環器学会 2003)
  • 血管システム制御の分子基盤の解明の試み
    (第28回東北大学加齢 医学研究所セミナーシンポジウム「血管が作られる仕組みを探る」 2003)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1990 自治医科大学(JMU) 医学部 医学科
  • - 1999 熊本大学大学院 医学研究科 (内科学専攻)
学位 (1件):
  • 博士(医学) (熊本大学)
経歴 (17件):
  • 2002 - 2007 大学専任講師(有期)(医学部坂口光洋記念講座(発生・分化生物学))
  • 2007/04 - 2008/03 神戸大学大学院医学系研究科 非常勤講師
  • 2005/10 - 2009/03 独立行政法人科学技術振興機構 戦略的創造研究 推進事業 さきがけ研究 領域「代謝と機能制御」 研究者
  • 2011/04 - 2012/03 浜松医科大学 非常勤講師
  • 2011/03 - 2014/03 内閣府 最先端・次世代研究開発支援プログラム 研究者「生活習慣病とがんの共通分子病態解明に よる健康長寿社会実現を目指した基盤研究
全件表示
受賞 (5件):
  • 2010 - 2010年度日本肥満学会学術奨励賞
  • 2005 - 成人血管病研究振興財団 岡本研究奨励賞
  • 2004 - 第68回日本循環器学会Young Investigator’s Award
  • 2003 - 第1回血管・血液オルビスYoung Investigator’s Award
  • 2000 - 第8回日本血管生物医学会Young Investigator’s Award
所属学会 (17件):
日本人類遺伝学会 ,  日本癌学会 ,  日本内科学会(認定内科医・総合内科専門医) ,  日本循環器学会(循環器専門医、FJCS会員) ,  日本分子生物学会 ,  日本血管生物医学会(評議員、理事) ,  米国心臓病学会 ,  日本生化学会(代議員) ,  日本肥満学会(評議員、肥満症専門医、肥満症指導医) ,  日本糖尿病学会(学術評議員) ,  日本糖尿病・肥満動物学会(評議員) ,  日本高血圧学会 ,  日本体質医学会(評議員) ,  国際心臓研究学会(ISHR)日本部会(評議員、理事) ,  日本抗加齢医学会(理事、評議員、学術委員会委員、プログラム委員会 2号委員(専門分野別委員)「免疫・炎症セクション」小委員、連携・渉外委員会委員、国際委員会委員) ,  脳心血管抗加齢研究会(評議員・世話人) ,  日本抗加齢協会(理事・プログラム委員)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る