研究者
J-GLOBAL ID:200901097044920591   更新日: 2020年08月30日

宇野 朋子

ウノ トモコ | Uno Tomoko
研究分野 (3件): 博物館学 ,  文化財科学 ,  建築環境、建築設備
研究キーワード (17件): 保存科学 ,  光照射量 ,  環境数値解析 ,  彩色の劣化 ,  スコータイ遺跡 ,  藻類 ,  屋根架構 ,  含水率 ,  温湿度環境 ,  生物被害 ,  屋根設置 ,  レンガ造遺跡 ,  保存 ,  成長モデル ,  東南アジア ,  建築環境工学 ,  Architecture and Environmental Design
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2008 - 2011 石窟壁画の劣化に影響を与える環境要素の予測と定量化に関する研究
  • 2006 - 2008 東南アジアにおけるレンガ造遺跡の生物被害予測と建築環境工学的保存手法に関する研究
  • 蒸暑地域における住宅温熱環境の実態調査と環境共生住宅の提案
  • A Survey on Thermal Environment and Proposal of Ecological House in Tropical Climate
MISC (66件):
  • 高木 のぞ美, 鉾井 修一, 岡 大輔, 宇野 朋子. 蒸暑地域に居住する人々が選択する空調時の室温に関する実態調査. 日本生気象学会雑誌. 2011. 48. 3
  • 岡 大輔, 鉾井 修一, 宇野 朋子. 4045 蒸暑地域に居住する人々が選択する空調時の室温に関する実態調査(環境). 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系. 2011. 0. 51. 177-180
  • 長谷 隆秀, 鉾井 修一, 岡田 健, 小椋 大輔, 宇野 朋子. 4069 敦煌莫高窟内の壁画の劣化に及ぼす塩の影響に関する研究 : 外界気象条件の変化、上下層窟を考慮した窟内温湿度環境の解析(環境). 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系. 2011. 0. 51. 273-276
  • 宇野 朋子, 占部 亘, 宮永 俊之. ASHRAEにおける業務用厨房の換気量設計基準の変遷. 電力中央研究所報告, 研究報告. R. 2010. 1-20,巻頭1〜3
  • 長谷 隆秀, 鉾井 修一, 岡田 健, 小椋 大輔, 宇野 朋子. 41120 敦煌莫高窟内の壁画の劣化に及ぼす塩の影響(水分による劣化と保全,環境工学II). 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用. 2010. 2010. 0. 239-240
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2000 京都大学 生活空間学専攻
  • - 2000 京都大学
学位 (1件):
  • 博士(工学) (京都大学)
経歴 (1件):
  • 2010 - 2011 (財)電力中央研究所 その他
所属学会 (1件):
日本建築学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る