研究者
J-GLOBAL ID:201001034647502190   更新日: 2021年05月01日

柳川 亜季

YANAGAWA Aki
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): https://kenkyu.hino.meisei-u.ac.jp/yanagawa/
研究分野 (4件): 環境影響評価 ,  環境政策、環境配慮型社会 ,  ランドスケープ科学 ,  環境農学
研究キーワード (4件): 都市緑地 ,  土壌水分移動特性 ,  植物生態学 ,  気候変動下における脆弱性評価
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2019 - 2022 将来気候における極端現象下での生態系機能最大化に向けた土地管理オプションの提示
  • 2020 - 2021 2019-2020年の調査を通じた台風19号による多摩川の礫河原再生が河川敷の粒径組成、植生、陸生の昆虫に及ぼした影響評価
  • 2020 - 植生指数から算出した生態系機能評価指標を用いた砂漠化の進行速度の推定
  • 2016 - 2019 生態系機能と不飽和土壌水分・溶質移動を考慮した乾燥地での持続的最大生産量の提示
  • 2012 - 2016 気候変動下における半乾燥地での生態系機能を考慮した持続的農業生産モデルの構築
全件表示
論文 (18件):
もっと見る
MISC (2件):
講演・口頭発表等 (37件):
  • Evaluation of ecosystem function by long-term climate data
    (Annual Meeting of Ecological Society of Japan 2020)
  • 多摩川河口におけるヤマトケシマグソコガネの生態 について
    (日本生態学会 2020)
  • 農業生産性と生物多様性とを両立するする農地の抽出
    (第66回日本生態学会大会 2019)
  • レジスタンスおよびレジリエンスの主要な要因として寄与する環境要素に関する検討
    (日本土壌肥料学会2018年度神奈川大会 2018)
  • モンゴルにおける極端な気象現象下での生態系機能評価
    (日本生態学会 2018)
もっと見る
Works (11件):
  • 全国の食料生産機能と生物多様性保全機能を両立した農地の特徴
    柳川 亜季, 金子 渚, 鵜澤 悟 2020 -
  • 洪水流出を主とする流況曲線と流域の土壌・地質との関係について
    藤村 和正, 柳川 亜季, 村上 雅博, 井芹 慶彦, 岡田 将治, 鼎 信次郎 2020 -
  • 貯留関数式の減水定数に影響する要因についての考察
    藤村和正, 井芹慶彦, 村上雅博, 柳川亜季, 岡田将治, 鼎信次郎 2019 -
  • 少年少女国連大使の活動を通じて水資源問題を考える
    山中 景暁, 柳川 亜季 2017 -
  • 乾燥地を救う農業技術『半乾燥地における長期の土地利用がつくる生態系システムとその持続性について』
    柳川 亜季 2017 -
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2007 - 2010 東京大学 生圏システム学専攻
  • 2004 - 2006 筑波大学 生物圏資源科学専攻
  • 2000 - 2004 筑波大学 生物資源生産科学
学位 (1件):
  • 博士(農学) (東京大学)
経歴 (9件):
  • 2021/04 - 現在 明星大学 理工学部総合理工学科(環境科学系) 准教授
  • 2018/04 - 2021/03 明星大学 理工学部 総合理工学科(環境科学系) 助教
  • 2016/04 - 2018/03 玉川大学 農学部 非常勤講師
  • 2016/04 - 2018/03 東京工業大学大学院 環境・社会理工学院 日本学術振興会特別研究員(RPD)
  • 2014/09 - 2018/03 東京農工大学 農学部 非常勤講師
全件表示
委員歴 (3件):
  • 2019/05/24 - 現在 東京都 緑のボランティア活動に関する指導者育成委員会委員
  • 2018/09 - 現在 水文・水資源学会 企画事業委員会 委員
  • 2016/09 - 現在 水文・水資源学会 編集委員会 委員
受賞 (2件):
  • 2020/12 - 鳥取大学乾燥地研究センター 鳥取大学乾燥地研究センター 研究発表賞
  • 2010/03 - 東京大学 東京大学大学院 農学生命科学研究科長賞
所属学会 (5件):
土壌物理学会 ,  日本土木学会 ,  水文・水資源学会 ,  日本生態学会 ,  土壌肥料学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る