研究者
J-GLOBAL ID:201001044424564342   更新日: 2020年05月31日

能田 淳

ノウダ ジュン | JUN NODA
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (3件): グリーンサステイナブルケミストリー、環境化学 ,  化学物質影響 ,  放射線影響
研究キーワード (3件): バイオエアロゾル ,  大気科学 ,  環境衛生
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2019 - 2022 南米チリにおける大気汚染とバイオエアロゾルの統合解析による健康影響評価基盤の構築
  • 2015 - 2018 大気汚染物質がバイオエアロゾルの感染力に及ぼす影響評価と疾病予防に向けた研究
  • 2013 - 2017 雲物理過程を取り入れたアジアダスト輸送中のバイオエアロゾル時空間変遷
  • 2012 - 2015 津波由来ヘドロ浮遊粒子とバイオエアロゾルが感染に及ぼす影響と予防に向けた研究
  • 2008 - 2009 バイオマス燃焼がチューリッヒ都心部の大気環境に及ぼす影響
論文 (25件):
  • Jun Noda, J., Bergström, B., Kong, X., Gustafsson, T.L., Kovacevik, B., Svane, M., and Pettersson, J.B.C. Aerosol from Biomass Combustion in Northern Europe: Influence of Meteorological Conditions and Air Mass History. Atmosphere. 2019. 10. 789. 1-19
  • Fukuda, T., Otsuka, M., Nishi, K., Nishi, Y.,Tsukano, K., Noda, J., Higuchi, H., and Suzuki, K. Evaluation of probiotic therapy for calf diarrhea with serum diamine oxidase activity as an indicator. Japanese Journal of Veterinary Research. 2019. 67. 4. 305-311
  • Vertical distributions of airborne microorganisms over Asian dust source region of Taklimakan and Gobi Desert. Atmospheric Environment. 2019. 214. 1-8
  • Kameda, K., Suzuki, K., Kuroyanagi, K., Takase, M., Matsuda, K., Noda, J. Comparison of green turtle Chelonia mydas sex ratios at two time-points over 20 years at a foraging ground in Yaeyama Islands, Ryukyu Archipelago, Japan. Endangered Species Research. 2019. 38. 127-134
  • Kei Kawai, Yuta Nishio, Kenji Kai, Jun Noda, Erdenebadrakh Munkhjargal, Masato Shinoda, Nobuo Sugimoto, Atsushi Shimizu, Enkhbaatar Davaanyam, Dashdondog Batdorj. Ceilometer Observation of a Dust Event in the Gobi Desert on 29-30 April 2015: Sudden Arrival of a Developed Dust Storm and Trapping of Dust Within an Inversion Layer. SOLA. 2019. 15. 52-56
もっと見る
MISC (6件):
  • 浅川満彦, 能田 淳. 環境衛生学の衛生動物-野生動物学などコアカリ科目との関連性から. 北獣会誌. 2019. 63. 147-149
  • 外平友佳理, 外平友佳理, 佐々木春香, 鈴木一由, 能田淳, 佐野忠士, 土谷正和, 横田博, 浅川満彦. カンガルー病罹患カンガルーの血漿エンドトキシン活性値. 日本野生動物医学会大会・講演要旨集. 2015. 21st. 99
  • 祖父江侑紀, 出村雄太, ツェデンバプレブスレン, 星野仏方, 馬場賢治, 能田淳, 甲斐賢二. 衛星植生指数を用いたモンゴル国ゴビから発生する黄砂の頻度について. 共生社会システム学会大会報告要旨. 2014. 2014. 17
  • 馬場賢治, 能田淳, 星野仏方, 萩原克郎. 黄砂が運ぶ生物由来物質の時空間解析~2012年春季の事例~. 日本気象学会大会講演予稿集. 2013. 103. 388
  • 蒔田浩平, 伊下一人, 渡辺洋子, 茅野大志, 萩原克郎, 浅川満彦, 小川健太, 能田淳, 佐々木均, 中谷暢丈, 樋口豪紀, 岩野英知, 田村豊. 宮城県石巻市津波被災地域における環境リスクおよび仮設住宅居住者の現状. Journal of Epidemiology. 2013. 23. Supplement 1. 144
もっと見る
書籍 (3件):
  • 獣医毒性学: 獣医学教育モデル コア・カリキュラム準拠
    近代出版 2020 ISBN:487402260X
  • 認定動物看護師教育コアカリキュラム2019 準拠 応用動物看護学2 (公衆衛生学 動物医療関連法規)
    インターズー 2019 ISBN:4866710896
  • 獣医公衆衛生学 2
    文永堂出版 2014 ISBN:4830032510
講演・口頭発表等 (36件):
  • Possible Survival of Bioaerosols in the Atmosphere: Pollutants as contributing factors
    (1st International Conference on Applications of Air Quality in Science and Engineering 2020)
  • 大気科学とワンヘルス: 空気感染の解明に向けて
    (特別研究発表 2019)
  • 大気科学とワンヘルス
    (第3回 環境化学会 札幌 2019)
  • Bioaerosol measurements in Mongolia, China, and Japan during the spring of 2015
    (European Aerosol Conference (EAC) 2019 2019)
  • A possible survival mechanism of bioaerosols with particulate matters
    (European aerosol conference (EAC) 2019 2019)
もっと見る
学位 (1件):
  • Ph. D. (ヨーテボリ大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る