研究者
J-GLOBAL ID:201101015579546143   更新日: 2021年01月27日

古川 和朗

フルカワ カズロウ | Furukawa Kazuro
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www-linac.kek.jp/linac/http://www-linac.kek.jp/linac/
研究分野 (3件): 半導体、光物性、原子物理 ,  素粒子、原子核、宇宙線、宇宙物理にする理論 ,  制御、システム工学
研究キーワード (56件): 加速器科学 ,  PC ,  波形記録装置 ,  加速器施設 ,  ライナック ,  加速器 ,  Bメソン ,  LINUX ,  高輝度陽電子源 ,  タングステン結晶標的 ,  トラブル未然回避システム ,  チャネリング放射 ,  情報技術 ,  波型データ ,  挙動分析 ,  Archiver ,  オブジェクト指向 ,  フィードバック ,  高輝度X線源 ,  陽電子対生成 ,  陽電子生成 ,  干渉性制動放射 ,  Applet ,  タングステン単結晶標的 ,  CORBA ,  タイミングシステム ,  計算機制御 ,  KEKB ,  単結晶標的 ,  宇宙線 ,  VME ,  波形データ ,  ビーム構造 ,  電子陽電子対生成 ,  高速波形監視装置 ,  シミュレーション ,  Java ,  陽電子源 ,  電子線型加速器 ,  ビーム力学 ,  自己組織化マップ解析 ,  電子線形加速器 ,  EPICS ,  加速器制御 ,  非破壊 ,  安定化 ,  ビームモニタ ,  エミッタンス ,  安定度 ,  多電極ビームモニタ ,  ビームフィードバック ,  エネルギー幅 ,  ビーム光学 ,  多電極 ,  ビーム品質 ,  線形加速器
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2006 - 2007 小型電子加速器による最高エネルギー宇宙線検出用大気蛍光望遠鏡の絶対較正
  • 2005 - 2006 単結晶を利用した高輝度陽電子・X線源の基礎研究
  • 2004 - 2005 大型加速器の挙動事前予測手法およびトラブル回避システムの研究
  • 2002 - 2004 マイクロビーム構造に適した高性能な加速器制御システムの開発
  • 2002 - 2003 次世代線形加速器における高精度高安定ビーム光学制御の研究
全件表示
論文 (596件):
MISC (51件):
講演・口頭発表等 (2件):
  • Pulse-to-pulse Beam Modulation and Event-based Beam Feedback Systems at KEKB Linac
    (IPAC2010, Kyoto, Japan, pp.1271-1273 (TUOCMH01) 2010)
  • Modern Accelerator Control Systems
    (PAC2007, Albuquerque, USA, pp.873-877 (TUZAC02) 2007)
学位 (1件):
  • 理学博士
委員歴 (2件):
  • 2010 - 現在 International Workshop on Accelerator Operation International Program Committee
  • 2003 - 現在 International Conference on Accelerator and Large Experimental Physics Control Systems International Scientific Advisory Committee
所属学会 (4件):
日本加速器学会 ,  Physical Society of Japan ,  IEEE NPSS ,  日本物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る