研究者
J-GLOBAL ID:201201003599277830   更新日: 2021年03月08日

橋場 典子

ハシバ ノリコ | Hashiba Noriko
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (2件): 社会法学 ,  基礎法学
研究キーワード (10件): 司法アクセス ,  ジェンダー ,  若年層 ,  法システム ,  自己肯定感 ,  多職種連携 ,  法拒絶 ,  社会的排除 ,  法教育 ,  法社会学
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2018 - 2022 法存在と法活用のギャップ克服に向けた実証的研究
  • 2018 - 2021 刑事弁護における弁護士活動の多様化と高度化に関する総合的分析
  • 2018 - 2021 現代の教師の「実態」に即応した法教育教師教育プログラム開発
  • 2016 - 2021 超高齢社会における紛争経験と司法政策
  • 2020 - 民事訴訟利用者調査の経年実施からみる利用者の評価と政策的課題
全件表示
論文 (15件):
  • 橋場典子. 災害・感染症と司法アクセスのあり方. 民事法研究会『現代消費者法』No.49. 2020
  • 橋場典子. 法テラス法律事務所における刑事弁護の現状と課題. 現代人文社『季刊刑事弁護』103号. 2020
  • 橋場典子. 当事者属性と法律相談行動. 日弁連法務研究財団『法と実務』Vol.16. 2020
  • The Relationship Between Target Users’ Attributes and Access to Justice : Focused on Age Group, Gender, and Hesitancy. 成蹊法学. 2019. 91
  • 橋場 典子. 刑事弁護の組織的基盤としての法テラスの課題と展望. 青山法務研究論集. 2019
もっと見る
MISC (5件):
  • 橋場 典子. 社会的排除と法システム(4)システム作動要因としての属人性. 北大法学論集 = The Hokkaido law review. 2018. 69. 4. 1284-1208
  • 橋場 典子. Access to Justice研究の経緯と発展. 法と社会研究 = Japanese law & society review = Revue japonaise droit et société = Japanische Zeitschrift für Recht und Gesellschaft. 2015. 1. 203-225
  • 橋場 典子. 社会的排除と法システム(1)システム作動要因としての属人性. 北大法学論集. 2015. 66. 2. 552-498
  • 橋場 典子. 社会的排除と法システム(2)システム作動要因としての属人性. 北大法学論集. 2015. 66. 3. 806-751
  • 橋場 典子. 社会的排除と法システム(3)システム作動要因としての属人性. 北大法学論集. 2015. 66. 4. 1122-1080
書籍 (7件):
  • 『社会的排除と法システム』
    北海道大学出版会 2021
  • 「「シンボリック・ネットワーク」は社会的排除・自己疎外に応答可能か」
    長谷川晃先生退職記念論集『公正な法をめぐる問い』菅原寧格・郭舜編、信山社(近刊) 2021
  • 「若年層の司法アクセス」
    菅原郁夫・山本和彦・垣内秀介・石田京子編『民事訴訟の実像と課題』、有斐閣(近刊) 2021
  • 近代法の形成と実践 -19世紀日本における在野法曹の世界-
    成文堂(早稲田大学比較法研究所叢書) 2019 ISBN:9784792306434
  • 法と社会研究【創刊第1号】
    信山社 2015 ISBN:4797237511
もっと見る
講演・口頭発表等 (33件):
  • 心理的側面における司法アクセス阻害要因とその克服のための探索的考察
    (日本法社会学会関東支部研究会 2020)
  • 当事者属性と司法アクセス阻 害要因の相関分析
    (日本法社会学会 個別報告 2020)
  • 社会的排除と法システム
    (成蹊大学法学部政治学研究会 2020)
  • Gender Gaps in Access to Justice in Japan
    (Asian Law and Society Association 2019)
  • 法と心理学会 WS指定討論
    (ワークショップ5(WS5)「改革が進まない4つの課題と人権に対する市民意識」【指定討論】 2019)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 2010 - 2014 北海道大学大学院 法学研究科 博士後期課程 修了
学位 (1件):
  • 博士(法学) (北海道大学)
経歴 (5件):
  • 2019/04 - 現在 成蹊大学 法学部 法律学科 助教
  • 2016/04 - 2019/03 日本学術振興会 特別研究員PD
  • 2018/08 - 2018/10 University of Exeter Visiting Scholar
  • 2014/04 - 2016/03 北海道大学大学院 法学研究科 助教
  • 2011/04 - 2013/03 日本学術振興会 特別研究員DC
委員歴 (2件):
  • 2016/04 - 現在 日本犯罪社会学会 研究委員
  • 2012/05 - 2014/05 日本法社会学会 若手幹事
所属学会 (5件):
日本犯罪社会学会 ,  司法アクセス学会 ,  ジェンダー法学会 ,  法と教育学会 ,  日本法社会学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る