研究者
J-GLOBAL ID:201201018553061962   更新日: 2020年06月09日

平野 かよ子

ヒラノ カヨコ | Hirano Kayoko
ホームページURL (2件): http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/e6a2868c3f510e09f006787a270bcc49.htmlhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/e6a2868c3f510e09f006787a270bcc49.html
研究分野 (3件): 社会学 ,  栄養学、健康科学 ,  建築計画、都市計画
研究キーワード (3件): 政策評価 ,  活動方法論 ,  公衆衛生看護
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 1999 - 2003 地域保健活動方法論
  • 2000 - 2001 公衆衛生従事者に資質の向上方策に関する研究
MISC (51件):
  • 山口佳子, 平野かよ子, 斎藤真理子, 中板育美, 田中百合子, 奥山則子, 末永カツ子, 塚原洋子, 大熊八重, 俵麻紀. 保健師の活動方法を継承するための視聴覚教材(DVD)ができました (保健師ジャーナル). 保健師ジャーナル. 2011. 67. 9. 806
  • 平野かよ子, 末永カツ子, 瀬川香子, 鈴木和広, 栗本鮎美. 保健と福祉領域の専門家の公共的活動への転換過程に関する検討. 東北大学医学部保健学科紀要. 2010. 19. 1. 23-30
  • 瀬川香子, 末永カツ子, 平野かよ子, 鈴木和広, 栗本鮎美. 公共的活動における公共空間の意味に関する検討. 東北大学医学部保健学科紀要. 2010. 19. 1. 31-40
  • 末永カツ子, 平野かよ子, 瀬川香子, 鈴木和広, 栗本鮎美. 公共的活動における恊働の推進要件に関する検討. 東北大学医学部保健学科紀要. 2010. 19. 1. 41-52
  • 平野かよ子. 日本地域看護学会が提案する保健師の卒後臨地研修制度と今後の展望 (保健師ジャーナル). 保健師ジャーナル. 2010. 66. 8. 732
もっと見る
書籍 (11件):
  • 最新保健学講座 地域診断と保健福祉対策
    メヂカルフレンド社 2009
  • 訪問介護員(ホームヘルパー)要請研修テキスト 第3巻 生活援助・相談援助・関連領域
    財団法人 長寿社会開発センター 2009
  • 最新保健師業務要覧第2版
    日本看護協会出版会 2008
  • ナーシンググラフィカ8 公衆衛生と関係法規
    メディカ出版 2008
  • ナーシンググラフィカ7 健康と社会・生活
    メディカ出版 2008
もっと見る
講演・口頭発表等 (20件):
  • Deveropment of Evaluation Indicator on Quality of Community Health Activities by Public Health Nurses-the second Report-
    (The 44th APACPH 2012)
  • Workplace Violence(WPV) Experienced by Professionals Working in the Area of Community Health, Home Medical Care and Community Welfare Services-A Phenomenon That Has Been Overlooked
    (The 44th APACPH 2012)
  • 保健活動の質の評価指標案の適切性と実行可能性(第1報)ー精神保健福祉活動ー
    (第71回 日本公衆衛生学会総会 2012)
  • 保健活動の質の評価指標案の適切性と実行可能性(第2報)ー健康づくり活動ー
    (第71回 日本公衆衛生学会総会 2012)
  • Deveropment of Evaluation Indicator on Quality of Community Health Activities by Public Health Nurses
    (The 43th APACPH 2011)
もっと見る
Works (5件):
  • 保健活動の質の評価指標開発
    2010 - 2012
  • 保健師等の地域保健従事者の地域住民からの暴力等に対する危機管理のあり方に関する研究
    2008 - 2010
  • 町村合併に伴う住民参加型の日常生活圏域の設定と保健福祉
    2004 - 2008
  • 保健師指導者の育成プログラムの開発:
    2005 - 2007
  • 児童虐待発生に関するリスク要因の探究ー地域をベースにした縦断研究-
    2004 - 2006
学歴 (4件):
  • - 1994 東洋大学 社会科学研究科 社会福祉学専攻
  • - 1974 立教大学 社会科学研究科 応用社会学専攻
  • - 1972 聖路加看護大学 衛生看護学部 衛生看護学科
  • 東洋大学
学位 (1件):
  • 博士(社会福祉学) (東洋大学)
経歴 (1件):
  • 東北大学 大学院医学系研究科 保健学専攻 基礎・健康開発看護学講座 国際看護管理学分野 教授
委員歴 (12件):
  • 2010 - 日本保健医療学会 評議員
  • 2006 - 日本地域看護学会 理事
  • 2006 - - 神奈川県生活習慣病対策委員会 委員
  • 2006 - - 足立区地域保健福祉協議会 副会長
  • 2006 - - (財)ファイザーヘルスリサーチ振興財団 研究選考委員会 委員
全件表示
受賞 (1件):
  • 2008 - ポスター発表優秀賞
所属学会 (17件):
日本公衆衛生看護研究会 ,  日本アルコール関連問題学会 ,  日本看護科学学会 ,  日本健康教育学会 ,  聖路加看護学会 ,  日本公衆衛生学会 ,  日本地域看護学会 ,  日本保健医療学会 ,  日本公衆衛生看護研究会(2001/04- 会長) ,  日本公衆衛生学会(2005/04- 理事) ,  日本地域看護学会(2006/04- 理事) ,  聖路加看護学会(2004/04- 評議員) ,  アメリカ公衆衛生学会(2001/04-) ,  アジア環太平洋公衆衛生協議会(1992/04-) ,  日本健康福祉政策学会(1998/04-) ,  日本アルコール関連問題学会(2001/06- 評議員) ,  日本保健医療学会(2010/06- 評議員)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る