研究者
J-GLOBAL ID:201201047898611892   更新日: 2020年08月09日

佐々木 勝一

ササキ シヨウイチ | Sasaki Shoichi
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/202fec14ca1d79b35a4eaf433a153f74.htmlhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/202fec14ca1d79b35a4eaf433a153f74.html
研究分野 (1件): 素粒子、原子核、宇宙線、宇宙物理にする理論
研究キーワード (2件): 格子ゲージ理論 ,  ハドロン物理
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2018 - 2022 格子QCDで探る核子の構造
  • 2011 - 2011 現実的な2+1フレーバー格子QCDによるハイペロンβ崩壊の精密計算
  • 2011 - 2011 格子QCDによる重いクォークを含むエキゾチックなハドロン原子核系の研究
  • 2009 - 2010 チャーモニウム原子核の可能性を探る
  • 2007 - 2010 格子QCDよるストレンジネスを含むハドロン構造の研究
全件表示
論文 (15件):
  • Eigo Shintani, Ken-Ichi Ishikawa, Yoshinobu Kuramashi, Shoichi Sasaki, Takeshi Yamazaki. Nucleon form factors and root-mean-square radii on a (10.8 fm$)^4$ lattice at the physical point. Phys. Rev. D 99, 014510 (2019). 2019. 99. 014510-1-014510-23
  • Ken-Ichi Ishikawa, Yoshinobu Kuramashi, Shoichi Sasaki, Natsuki Tsukamoto, Akira Ukawa, Takeshi Yamazaki. Nucleon form factors on a large volume lattice near the physical point in 2+1 flavor QCD. Phys. Rev. D 98, 074510 (2018). 2018. 98. 074510-1-074510-23
  • Tsukamoto, Natsuki, Ishikawa, Ken-Ichi, Kuramashi, Yoshinobu, Sasaki, Shoichi, Yamazaki, Takeshi. Nucleon structure from 2+1 flavor lattic e QCD near the physical point. EPJ Web Conf. 2018. 175. 06007
  • Shoichi Sasaki. SU(3)-breaking effects and induced second-class form factors in hyperon beta decays from 2+1 flavor lattice QCD. Proceedings of Science. 2016. LATTICE 2015. 120-1-120-7
  • Norihiko Kamata, Shoichi Sasaki. Lattice gradient flow with tree-level $O(a^4)$ improvement in pure Yang-Mills theory. Proceedings of Science. 2016. LATTICE 2015. 301-1-301-7
もっと見る
MISC (1件):
  • Shoichi Sasaki, Masahiro Fukushima, Atsunori Tanaka, Hideo Suganuma, Hiroshi Toki, Osamu Miyamura, Dmitri Diakonov. Instanton, Monopole and Confinement. 1996
講演・口頭発表等 (14件):
  • 物理点 2 + 1 フレーバー格子 QCD による核子のアイソベクター結合の計算
    (日本物理学会 2019年秋季大会 2019)
  • Nucleon form factors from lattice QCD at the physical point
    (東北大学電子光理学研究センター拠点研究会「電子散乱による原子核研究 ー陽子半径、不安定核の電荷密度分布を中心にー」 2019)
  • Prospects on nucleon structure by PACS
    (KEK研究会「QCDと核子構造の進展2019」 2019)
  • Nucleon form factors from lattice QCD near the physical point
    (Fifth Joint Meeting of the Nuclear Physics Divisions of the APS and the JPS 2018)
  • 物理点格子QCDシミュレーションによる核子構造の研究
    (OFP利活用報告会、5th JCAHPC Seminar 2017)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1994 - 1997 大阪大学大学院 理学研究科 物理学専攻
  • 1992 - 1994 東京都立大学大学院 理学研究科 物理学専攻
  • 1988 - 1992 東京理科大学 理学部 物理学科
学位 (1件):
  • 博士(理学) (大阪大学)
経歴 (7件):
  • 2012/04 - 現在 東北大学大学院理学研究科 准教授
  • 2007/04 - 2012/03 東京大学大学院理学系研究科 助教
  • 2006/10 - 2007/03 東京大学大学院理学系研究科 助手
  • 2004/10 - 2006/08 理研BNL研究センター フェロー研究員
  • 2000/10 - 2004/09 東京大学大学院理学系研究科 助手
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2019/08 - 現在 東北大学電子光理学研究センター 運営委員
  • 2016/09 - 現在 大阪大学核物理研究センター Q-PAC委員
  • 2017/04 - 2019/03 日本物理学会 理論核物理領域プログラム委員
  • 2012/04 - 2013/03 日本物理学会 理論核物理領域運営委員
受賞 (1件):
  • 1999/04 - 日本物理学会 日本物理学会第4回論文賞 受賞論文:Prog. Theor. Phys. 94 (1995) 373-384
所属学会 (1件):
日本物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る