研究者
J-GLOBAL ID:201201061055869050   更新日: 2020年09月01日

竹村 亮

タケムラ リョウ | Takemura Ryo
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): http://abelard.flet.keio.ac.jp/person/takemura/http://abelard.flet.keio.ac.jp/person/takemura/
論文 (35件):
  • Ryo Takemura. Economic reasoning with demand and supply graphs. Mathematical Social Sciences. 2020. 103. 25-35
  • Yuta Takahashi, Ryo Takemura. Completeness of Second-Order Intuitionistic Propositional Logic with Respect to Phase Semantics for Proof-Terms. Journal of Philosophical Logic. 2018. 1-18
  • Ryo Takemura. Towards a proof theory for heterogeneous logic combining sentences and diagrams. Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics). 2018. 10871. 607-623
  • 竹村亮, 片桐恭弘. オイラー図を用いたヘテロジニアス推論---ルールベースとモデルベースの推論---. 日本認知科学会第34回大会発表論文集. 2017. 294-301
  • Ryo Takemura. Investigation of Prawitz's completeness conjecture in phase semantic framework. Journal of Humanities and Sciences Nihon University. 2017. 23. 1. 1-19
もっと見る
MISC (7件):
  • 竹村亮, 山根龍一, 髙久保豊, 山本篤民, 金惠鎭, 高橋めぐみ, 小川睦美. 中規模授業におけるアクティブラーニング-平成29年度商学部FD講習会&ワークショップ-(活動報告). 日本大学FD研究. 2018. 6. 47-77
  • 竹村亮, 金雲鎬, 岡田太, 菅野正泰, 芝村良, 服部訓和, 根田正樹. 大規模授業におけるアクティブラーニング-平成28 年度商学部FD 講習会報告-(活動報告). 日本大学FD研究. 2017. 5. 27-50
  • 福田弥夫, 関根二三夫, 池田実, 成毛信男, 鬼頭俊泰, 竹村亮, 芝村良, 佐藤健一, 山添謙, 大嶽龍. 日本大学におけるeラーニングの戦略的活用に関する研究-日本大学理事長特別研究公開シンポジウム開催報告-. 日本大学FD研究. 2016. 4. 111-127
  • 竹村亮. eラーニングを用いたアクティブラーニングの試み-LMS glexaを用いた反転授業-. 日本大学FD研究. 2016. 4. 13-26
  • 竹村亮. 図形は「おまけ」?-数学・論理学における証明. 砧通信. 2015. 44. 46-49
もっと見る
講演・口頭発表等 (26件):
  • Towards a Proof Theory for Heterogeneous Logic Combining Sentences and Diagrams
    (10th International Conference on the Theory and Application of Diagrams, Diagrams 2018 2018)
  • 図形と論理式を組合わせたヘテロジニアスな証明の特徴づけ
    (RIMS共同研究(公開型)「証明論と証明活動」(証明論研究会2017) 2017)
  • オイラー図を使った推論:証明構成と反例構成
    (日本大学哲学会第68回 2017)
  • オイラー図を用いたヘテロジニアス推論---ルールベースとモデルベースの推論---
    (日本認知科学会第34回大会 2017)
  • Completeness of Second-Order Intuitionistic Propositional Logic with Respect to a Proof-Theoretic Semantics
    (The 3rd Asian Workshop on Philosophical Logic (AWPL 2016) 2016)
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る