研究者
J-GLOBAL ID:201401078017808912   更新日: 2019年11月20日

釜田 聡

カマダ サトシ | Kamada Satoshi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://kaken.nii.ac.jp/d/r/60345543.ja.html
研究分野 (2件): 教育学 ,  教科教育学、初等中等教育学
研究キーワード (15件): 総合的な学習の時間 ,  グローバル時代の学校教育 ,  実践的指導力 ,  教育実習 ,  NIE ,  教師教育 ,  異己理解共生授業 ,  日中韓相互理解 ,  カリキュラム開発 ,  国際理解教育 ,  歴史教育 ,  日韓相互理解 ,  ESD ,  総合学習 ,  社会科教育
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2017 - 2020 日・中・韓三カ国協働による「異己」理解共生を目ざした国際理解教育のプログラム開発
  • 2015 - 2017 「グローバルキャリア教育」を基軸にしたアクティブラ-ニングの開発
  • 2014 - 2017 東アジアの未来を選択する国際理解教育のカリキュラム・教材開発-日韓関係を中心に-
  • 2011 - 2014 臨床的アプローチとESDを基軸とした日韓相互理解のための歴史教育の教材開発研究
  • 2012 - 2013 上越教育大学スタンダードを中核とした教育の質保証の成果と課題
全件表示
論文 (16件):
  • 釜田聡. 「異己」理解共生を目ざした教育実践研究. 上越教育大学研究紀要. 2018. 37. 2. 343-351
  • 鴨井淳一, 濁川朋也, 釜田聡. 資質・能力の育成を目ざした教育課程の開発過程-上越教育大学附属中学校の研究開発事例を中心に-. 上越教育大学研究紀要. 2018. 37. 2. 353-362
  • 釜田聡. 日本国際理解教育学会第26回大会公開シンポジウム:21世紀の社会に求められる育成すべき資質・能力と国際理解教育. 国際理解教育. 2017. 23. 80-84
  • 釜田聡. 日中共同「異己」理解・共生授業プロジェクト. 韓国国際理解教育学会学術研究大会. 2016. 155-161
  • 釜田聡. 日韓の未来を選択することを重視した国際理解教育のカリキュラム開発-学習領域「未来への選択」を手掛かりに-. 上越教育大学研究紀要. 2016. 37(1). 37-47
もっと見る
MISC (13件):
  • 釜田 聡. 東アジア研究の視点から : 韓国を中心に(1. 課題研究 グローバル時代における「生きる力」の探究<3>,第4部 第27回研究大会の概要). 学校教育研究. 2013. 28. 149-153
  • 釜田 聡, Kamada Satoshi, カマダ サトシ. ESDの視点からの中学校歴史教科書叙述の比較検討 : 朝鮮通信使の敦科書叙述を中心に. 上越教育大学研究紀要. 2012. 31. 0. 63-73
  • 釜田 聡, 許 信恵, Kamada Satoshi, HEO Sinhye, カマダ サトシ, キョ シンエ. 持続発展教育(ESD)と日韓相互理解のための教育 : 日本と韓国の歴史認識にかかわる諸問題を中心にして. 上越教育大学研究紀要. 2010. 29. 57-66
  • 釜田 聡, 許 信恵, Kamada Satoshi, Heo Sinhye, カマダ サトシ. 日韓相互理解のための歴史教育実践上の諸課題について : 日韓歴史教育担当教師のアンケート調査結果を中心に. 上越教育大学研究紀要. 2009. 28. 17-27
  • 釜田 聡, Kamada Satoshi, カマダ サトシ. 上越教育大学の場合(2.シンポジウム 教員研修における大学の役割,第4部 第22回研究大会の概要). 学校教育研究. 2008. 23. 224-229
もっと見る
書籍 (18件):
  • これからの時代に向けた教育の改革と創造
    一般財団法人教育調査研究所 2019
  • 小学社会6
    教育出版株式会社 2019
  • 小学社会5
    教育出版株式会社 2019
  • 小学社会4
    教育出版株式会社 2019
  • 小学社会3
    教育出版株式会社 2019
もっと見る
講演・口頭発表等 (34件):
  • 日中韓共同「異己」理解・共生授業
    (韓国国際理解教育学会 2019)
  • 主体的な学びを深める個に応じた学習指導の工夫
    (第48回教育展望セミナー 2019)
  • 共生社会を創るための学校教育の在り方を問う
    (日本学校教育学会 2019)
  • 「異己」シンポジウム
    (日本国際理解教育学会研究大会 2019)
  • 「異己」理解・共生授業プロジェクト
    (MC研究会 2019)
もっと見る
学位 (1件):
  • 修士(教育学) (上越教育大学大学院学校教育研究科教科・領域教育専攻修了修士(教育学))
経歴 (14件):
  • 2019/04 - 現在 国際交流推進センター 教授(兼務)
  • 2013/10 - 現在 兼務:兵庫教育大学大学院 教授
  • 2009/01 - 現在 上越教育大学 教授
  • 2019/04 - 2020/03 一般財団法人発達支援研究所 客員研究員
  • 2019/04 - 2020/03 中央大学 兼任講師
全件表示
委員歴 (34件):
  • 2019/08 - 現在 日本学校教育学会 理事
  • 2019/06 - 現在 日本国際理解教育学会 常任理事 国際委員会委員長
  • 2018/04 - 現在 新潟県国際交流協会 国際交流ファシリテーター事業専任アドバイザー
  • 2018/03 - 現在 文部科学省初等中等教育局国際教育課 異文化理解ステップアップ事業審査委員会委員
  • 2018/03 - 現在 文部科学省初等中等教育局国際教育課 アジア高校生架け橋プロジェクト審査委員会委員
全件表示
所属学会 (9件):
歴史学研究会 ,  日本教育学会 ,  日本教育実践学会 ,  日本教科教育学会 ,  日本教師教育学会 ,  全国社会科教育学会 ,  日本社会科教育学会 ,  日本学校教育学会 ,  日本国際理解教育学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る