研究者
J-GLOBAL ID:201501044093361728   更新日: 2019年12月10日

加村 晃良

KAMURA Akiyoshi
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (1件): http://soil1.civil.tohoku.ac.jp/
研究分野 (2件): 地盤工学 ,  構造工学・地震工学・維持管理工学
研究キーワード (5件): 地盤工学 ,  液状化 ,  補強土 ,  有限要素法 ,  個別要素法
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2015 - 2020 地盤の耐液状化性能設計法の構築とその実用化-設計地震動を超える外力への対応-
  • 2019 - 2020 液状化の可能性がある地盤における鋼杭の耐震設計のための水平地盤反力係数の評価手法の開発
  • 2018 - 2019 縦打ち補強土工法の耐震補強効果に及ぼす補強材打設角度の影響の評価
  • 2016 - 2017 縦打ち補強土工法の力学挙動の解明に関する実験的研究
論文 (14件):
  • Mingjin Jiang, Akiyoshi Kamura and Motoki Kazama. Undrained cyclic simple shear simulation of liquefiable granular particles subjected to very large shear strain up to 100% by 3D DEM. 8th Japan-China Geotechnical Symposium. 2020. (accepted)
  • Tomomi Kaneko, Akiyoshi Kamura*, Nobuharu Hikita. 3D-DEM analysis of soil loosening behavior between micro-piles focused on pile layout and spacing. Geotechnics for Sustainable Infrastructure Development. 2019. 1053-1059
  • Mingjin Jiang, Akiyoshi Kamura, Motoki Kazama. Numerical study on liquefaction caused by Love wave strain condition by 3D Discrete Element Method. Geotechnics for Sustainable Infrastructure Development. 2019. 1073-1080
  • Go Kurihara, Akiyoshi Kamura*, Tomohiro Mori. Machine learning scheme of the degree of liquefaction assessment only from the health monitoring device installed in individual wooden house. Geotechnics for Sustainable Infrastructure Development. 2019. 1099-1105
  • 泉谷聡志,加村晃良,金鍾官,佐藤真吾,風間基樹. 2016年熊本地震で被害を受けた宅地地盤における火山灰質粘性土の地震時挙動に及ぼす初期せん断ならびに地震動履歴の影響. 日本地震工学会論文集. 2019. 19. 6. 6_1-6_15
もっと見る
MISC (9件):
  • 芳賀奈津美,風間基樹,加村晃良,長尾和之,宇佐美学,澤野幸輝. 高速道路切土斜面に被害をもたらした降雨の評価の妥当性について. 東北地域災害科学研究論文集. 2019. Vol.55
  • 風間基樹,森友宏,加村晃良,山口輝大,仙頭紀明. 設計想定と異なる事象に対する基礎地盤の耐震性能評価戦略について. 第 15 回日本地震工学シンポジウム. 2018. 852-861
  • Soumaya ADDOU, Akiyoshi KAMURA, Jongkwan KIM and Motoki KAZAMA. Spatial variability of liquefaction and post-liquefaction properties of hydraulic fill sampled from a reclaimed site. The 15th Japan Earthquake Engineering Symposium. 2018. 2349-2358
  • 泉谷聡志,加村晃良,金鍾官,佐藤真吾,風間基樹. 2016年熊本地震で被害を受けた宅地地盤における火山灰質粘性土の地震時せん断挙動について. 第 15 回日本地震工学シンポジウム. 2018. 2536-2545
  • 山口輝大,加村晃良,金鍾官,風間基樹. 原位置サンプリング試料を用いた非排水繰返し三軸試験結果の信頼性とランダム地震動入力の影響について. 第 15 回日本地震工学シンポジウム. 2018. 2359-2368
もっと見る
講演・口頭発表等 (27件):
  • 液状化時の最小有効応力とその後の体積変形特性
    (第41回 地盤工学研究発表会 2006)
  • 多孔質・有限変形理論に基づいた不飽和地盤の動的有限要素解析
    (第42回 地盤工学研究発表会 2007)
  • 不飽和地盤の動的・有限変形問題に対する有限要素解析
    (第12回 計算工学講演会 2007)
  • 既存盛土の切土抑止壁として用いる圧縮補強土工法の打設ピッチに関する解析的検討
    (第51回 地盤工学研究発表会 2016)
  • 切土抑止壁として用いた縦打ち地山補強土工法の動的解析
    (平成28年度 土木学会東北支部 技術研究発表会 2017)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 2005 東北大学 工学部 土木工学科
  • - 2007 東北大学 大学院工学研究科 土木工学専攻 博士課程前期
  • - 2018 東北大学 大学院工学研究科 土木工学専攻 博士課程後期
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東北大学)
経歴 (3件):
  • 2007/04 - 東京電力株式会社
  • 2015/04 - 福島工業高等専門学校 助教
  • 2018/05 - 現在 東北大学 大学院工学研究科 土木工学専攻 助教
委員歴 (10件):
  • 2018/06 - 現在 地盤工学会 東北支部 常任幹事
  • 2018/06 - 現在 地盤工学会 東北支部 広報委員会 幹事
  • 2018/06 - 現在 地盤工学会 東北支部 地盤研究委員会 委員
  • 2018/06 - 現在 地盤工学会 東北支部 表彰委員会 委員
  • 2018/06 - 現在 地盤工学会 東北支部 地盤データベース利活用小委員会 委員
全件表示
受賞 (5件):
  • 2019/11 - (学生の受賞)GEOTEC HANOI 2019 Top20 young scientist
  • 2019 - 建設工学研究振興会 建設工学研究奨励賞
  • 2019 - (学生の受賞)第15回日本地震工学シンポジウム若手優秀発表賞
  • 2017 - (学生の受賞)全国高等専門学校デザインコンペティション 構造デザイン部門 優秀賞 日本建設業連合会会長賞
  • 2006 - 地盤工学研究発表会 優秀論文発表者賞
所属学会 (5件):
地盤工学会 ,  ISSMGE ,  土木学会 ,  日本自然災害学会 ,  日本計算工学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る