研究者
J-GLOBAL ID:201601001516664550   更新日: 2020年01月16日

菊地雄太

Kikuchi Yuta
所属機関・部署:
職名: 講師(任期付)
研究分野 (2件): 財政・公共経済 ,  経済統計
研究キーワード (1件): 応用ミクロ計量経済学
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2019 - 2023 将来の仕事と生活に関する主観的期待調査による期待形成、就業選択、政策効果の分析
  • 2017 - 2020 大学が生み出す付加価値の実証分析:大学院教育および産学連携活動の評価
  • 2015 - 2018 高学歴女性の就業に関する国際比較研究
  • 2016 - 2017 大学が企業の特許活動に与える因果効果の推定
  • 2014 - 2016 イノベーション及び学術研究活動に関わる人的資本の育成についての実証分析
論文 (4件):
  • 今井晋、菊地雄太、田中藍子. 「操作変数を使わない需要関数の推定」. 現代経済学の潮流2019 (東洋経済新報社). 2019
  • Kikuchi Yuta. The Impact of University Reform on Research Performance: A Case Study of the Partial Privatization of Japanese National Universities. Hokkaido University DP, Series A, No.2018-326. 2018
  • Kikuchi Yuta and Nakajima Ryo. Evaluating Professor Value-added: Evidence from Professor and Student Matching in Physics. Keio-IES Discussion Paper Series, DP 2017-007. 2017
  • Kikuchi Yuta. Essays on Economics of Innovation and Knowledge Production. Yokohama National University Ph.D. Dissertation. 2016
講演・口頭発表等 (19件):
  • Academic Environment and Research Creativity: Ev- idence from the Institutional Change of the Japanese University
    (Microeconomics Workshop 2010、東京大学 2011)
  • Measuring the Impact of Incorporation of National Universities in Japan on Research Output
    (Empirical Micro Re- search Seminar, University of Tokyo 2011)
  • 国立大学独立行政法人化が研究成果に与えた影響の推定
    (日本経済学会秋季大会、筑波大学 2011)
  • Professor Value-Added: Evidence from Career Outcome of Ph.D. Student in Physics
    (日本経済学会秋季大会、神奈川大学 2013)
  • The Impact of University Reform on Research Performance: A Case Study of the Partial Privatization of Japanese National Universities
    (Empirical Micro Research Seminar, 東京大学 2015)
もっと見る
学位 (2件):
  • 修士(経済学) (東京大学)
  • 博士(経済学) (横浜国立大学)
経歴 (3件):
  • 2014/04 - 2016/03 日本学術振興会特別研究員(DC2)
  • 2016/04 - 2019/03 北海道大学 助教
  • 2019/04 - 現在 早稲田大学 講師(任期付)
受賞 (1件):
  • 2015/11 - 一橋大学 第十回応用軽量コンファレンス優秀論文賞
所属学会 (2件):
American Economic Association ,  日本経済学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る