研究者
J-GLOBAL ID:201601012025408880   更新日: 2019年11月02日

三浦 周

ミウラ シュウ | shu miura
所属機関・部署:
職名: 非常勤講師
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
研究分野 (2件): 中国哲学、印度哲学、仏教学 ,  中国哲学、印度哲学、仏教学
研究キーワード (5件): 近代仏教学 ,  仏教国益論 ,  排仏論 ,  護法論 ,  排耶論
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2018 - 2021 近代仏教学は「トランスナショナル」なのかー皇道仏教・戦時教学に関する基礎的研究ー
  • 2018 - 2021 新制大学制度における宗教関連の学問・養成・資格に関する多角的研究
  • 2015 - 2018 近代仏教学と帝国日本-仏教国益論に関する基礎的研究-
  • 2014 - 2017 戦時下・宗教系大学における宗教研究と宗教者養成に関する実証的研究
  • 2013 - 2014 近代日本における仏教研究の変遷と展開に関する基礎的研究
論文 (4件):
  • 三浦周. 近代における仏教青年会運動の射程ー〈青年〉および〈新仏教〉概念ー. 佛教文化学会紀要. 2019. 27. 327-356
  • 三浦周. 戦時下における伝道学と標準語-中野隆元を中心として-. 佛教文化学会紀要. 2017. 26. 203-220
  • 三浦周. 戦前における学術研究助成の一考察-仏教学を中心として-. 蓮華寺佛教研究所紀要. 2017. 10. 33-84
  • 三浦周. 仏教の社会的役割-僧侶のプロフェッショナリティを問う-. 日本佛教学会紀要. 2015. 80. 1-32
MISC (13件):
  • 三浦 周. 「仏教に社会性はあるか-19 世紀東アジアにおける排耶論を通じて-」. 大正大學研究紀要 = MEMOIRS OF TAISHO UNIVERSITY Faculty of Buddhist Studies Faculty of Human Studies Faculty of LiteratureFaculty of Communication and Culture. 2015. 100. 39-47
  • 三浦 周. 護法と大和魂 : 仏教国益論に関する一考察. 仏教文化学会紀要. 2014. 23. 179-224
  • 三浦 周. 仏教に社会性はあるか : 19世紀東アジアにおける排耶論を通じて (佛教文化学会第23回学術大会(第2回大正大学-金剛大学校国際学術研究発表会) 現代社会における仏教の諸問題). 仏教文化学会紀要. 2014. 23. 1-6
  • 三浦 周. 翻刻 南條神興『護法急要辨』(2). 大正大学綜合佛教研究所年報. 2013. 35. 121-151
  • 三浦 周. 近世排仏論と近代仏教学 : 文献学の在り方をめぐって (綜合佛教研究所研究助成中間報告) -- (近代日本の「宗門系大学」における僧侶養成と学術研究に関する実証研究). 大正大学綜合佛教研究所年報. 2013. 35. 176-178
もっと見る
書籍 (5件):
  • 日本仏教を問う 宗学のこれから
    春秋社 2018
  • 戦時日本の大学と宗教
    法藏館 2017 ISBN:9784831855466
  • お坊さんも学ぶ仏教学の基礎 1 インド編
    大正大学 2016 ISBN:4924297879
  • お坊さんも学ぶ仏教学の基礎 2 中国・日本編
    大正大学 2016 ISBN:4924297887
  • 近代日本の大学と宗教
    法藏館 2014 ISBN:9784831855459
講演・口頭発表等 (9件):
  • 日本文化の重層性ー近代における読み替え・語り直しー
    (宮城教区智山青年会令和元年度勉強会 2019)
  • 「新仏教」概念の射程
    (近代仏教史研究会第27回研究大会 2019)
  • 日本人の信仰の基層を探る-日本における二つの外来宗教の受容を通して-
    (第56回智山青年連合会全国結集 2019)
  • 排耶論からみる日本仏教の近代化
    (智山青年連合会講習会 2019)
  • 「新仏教」概念の一考察
    (佛教文化学会第28回学術大会 2018)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(仏教学) (大正大学)
経歴 (1件):
  • - 現在 大正大学 仏教学科 非常勤講師
所属学会 (4件):
日本宗教学会 ,  日本佛教学会 ,  日本近代仏教史研究会 ,  佛教文化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る