研究者
J-GLOBAL ID:201601016926082792   更新日: 2019年12月27日

石原 明子

イシハラ アキコ | Akiko Ishihara
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (2件): 安全工学 ,  社会システム工学
研究キーワード (19件): 対話 ,  組織開発 ,  合意形成 ,  ファシリテーション ,  メディエーション ,  ADR ,  社会運動 ,  構造的暴力 ,  原発 ,  修復的正義 ,  医療政策 ,  認知症 ,  平和構築 ,  水俣 ,  原発災害 ,  人間関係 ,  震災 ,  コミュニケーション心理学 ,  紛争解決
論文 (10件):
  • 石原 明子, 桑原 恭平. 翻訳 リサ シャーク著『紛争アセスメントと平和構築プランニング』ウェブサイト「鍵となる概念」. 文学部論叢. 2019. 110. 103-111
  • 石原 明子. マーク・S・アンブライト ビデオ講義 「メディエーションや対話へのヒューマニスティック・アプローチ」の解説と論評. トランセンド研究 : 平和的手段による紛争の転換 = The Japanese journal of transcend : conflict transformation by peaceful means. 2017. 15. 1. 37-49
  • アンブライト マーク・S, 石原 明子. 翻訳 マーク・S・アンブライト ビデオ講義 メディエーションや対話へのヒューマニスティック・アプローチ. トランセンド研究 : 平和的手段による紛争の転換 = The Japanese journal of transcend : conflict transformation by peaceful means. 2017. 15. 1. 31-36
  • ヨダー キャロライン, 石原 明子, Ishihara Akiko. 翻訳 キャロライン ヨダー著『トラウマの癒し : 暴力が襲い、コミュニティの安全が脅かされたとき』第5章 連鎖サイクルを断ち切る : トラウマからの回復と癒し、そして安全. 文学部論叢 = Kumamoto journal of culture and humanities. 2017. 108. 139-156
  • 石原 明子, 石原 明子. 癒されないトラウマの連鎖サイクル : キャロライン ヨダー著『トラウマの癒し : 暴力が襲い、コミュニティの安全が脅かされたとき』第4章. 文学部論叢. 2016. 107. 105-117
もっと見る
MISC (61件):
書籍 (2件):
  • Conflict Transformation Practice for Fukushima in Philosophy and Practice of Bioethics across and between Cultures
    Eubios Ethics Institute 2019
  • 現代社会と紛争解決学 -学際的理論と応用-
    ナカニシヤ出版 2014
講演・口頭発表等 (1件):
  • What Are the Most Important Support Activities for People after a Diagnosis of Dementia? Learning from the Experiences of People with Dementia. --Co-Productive Research between People with Dementia and Researchers
    (33rd International Conference of Alzheimer's Disease International 2018)
学歴 (2件):
  • 2011 - 2014 イースタンメノナイト大学 Center for Justice and Peacebuilding
  • 2010 - 2011 カリフォルニア大学バークレー校 公衆衛生学大学院 学際専攻
学位 (2件):
  • 公衆衛生修士(Master of Public Health) (カリフォルニア大学バークレー校(アメリカ合衆国))
  • 紛争変容修士(Master of Arts, Conflict Transformation) (イースタンメノナイト大学)
経歴 (1件):
  • 2008 - 熊本大学大学院社会文化科学研究科交渉紛争解決学領域 准教授
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る