研究者
J-GLOBAL ID:201701008204846431   更新日: 2021年06月08日

小林 潤

コバヤシ ジュン | Jun Kobayashi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む
研究キーワード (6件): Malaria ,  Health Policy ,  Disease Control ,  School Health ,  Community Health ,  Global Health
競争的資金等の研究課題 (19件):
  • 2020 - 2025 市民科学と時空間解析よるCOVID-19流行時のデング熱発生リスク評価の研究
  • 2020 - 2023 八重山のマラリア撲滅に果たした「サイエンス」の役割の社会学的調査と検証
  • 2019 - 2021 ケイパビリティ(潜在能力)の保障のためのアジアの就学前児の発育発達評価方法の開発
  • 2018 - 2021 日本の乳幼児死亡率等改善の歴史を活用した国際保健教材の開発
  • 2018 - 2021 ラオス国少数民族の母子保健継続ケアの利用と関連する要因に関する介入研究
全件表示
論文 (129件):
  • Hanae Henzan, Rie Takeuchi, Sammy M Njenga, Ernesto R Gregorio Jr, Yoshio Ichinose, Daisuke Nonaka, Jun Kobayashi. Factors influencing school re-entry among adolescents in Kenya. Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society. 2021
  • Jun Kobayashi, Nanae Aritaka, Ikuma Nozaki, Aya Tabata, Shinichiro Noda. COVID-19 control during a humanitarian crisis; the need for emergency response at the Thai-Myanmar border as an alternative channel. Tropical medicine and health. 2021. 49. 1. 33-33
  • Keiji MOCHIDA, Daisuke Nonaka, Jason Wamulume, Jun Kobayashi. Supply-Side Barriers to the Use of Public Healthcare Facilities for Childhood Illness Care in Rural Zambia: A Cross-Sectional Study Linking Data from a Healthcare Facility Census to a Household Survey. International Journal of Environmental Research and Public Health. 2021
  • Rie Takeuchi, Doris W Njomo, Sammy M Njenga, Sachi Tomokawa, Alex Mutua, Haruki Kazama, Walema Barnette, Takeshi Akiyama, Takashi Asakura, Yasuhiko Kamiya, et al. Has the double burden of malnutrition reached pupils in rural Western Kenya?. Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society. 2021
  • Shinichiro Noda, Paul Michael R Hernandez, Kyoko Sudo, Kenzo Takahashi, Nam Eun Woo, He Chen, Kimiko Inaoka, Emiko Tateishi, Wahyu Sulistya Affarah, Hamsu Kadriyan, et al. Service Delivery Reforms for Asian Ageing Societies: A Cross-Country Study Between Japan, South Korea, China, Thailand, Indonesia, and the Philippines. International journal of integrated care. 2021. 21. 2. 1-1
もっと見る
MISC (10件):
もっと見る
学歴 (1件):
  • 1983 - 1991 琉球大学 医学科
学位 (1件):
  • 博士(医学) (琉球大学)
経歴 (11件):
  • 2020/04 - 現在 琉球大学 保健学研究科 研究科長
  • 2013/04 - 現在 琉球大学医学部 保健学科国際地域保健学教室 教授
  • 2011/05 - 2013/03 長崎大学 国際健康開発研究科 準教授
  • 2001/12 - 2011/04 国立国際医療研究センター 国際医療協力局 医師
  • 2006/04 - 2008/03 国際協力機構 タイ国マヒドン大学 専門家
全件表示
委員歴 (5件):
  • 2020/11 - 現在 日本熱帯医学会 副理事長
  • 2019/11 - 現在 ラオス保健研究コンソーシャム 理事長
  • 2019/11 - 現在 日本国際保健医療学会 常任理事(国際連携担当)
  • 2013/04 - 現在 国際学校保健コンソーシャム 理事長
  • 2018/12 - 2020/10 日本熱帯医学会 監事
受賞 (5件):
  • 2017/11 - 日本熱帯医学会 相川正道賞
  • 2016/04 - マラリア・ノーモア・ジャパン ゼロマラリア賞
  • 2013/03 - 大山健康財団 大山激励賞
  • 2002/10 - 日本熱帯医学会 奨励賞
  • 1999/11 - ラオス国政府 労働功労章勳3等
所属学会 (3件):
日本健康教育学会 ,  日本熱帯医学会 ,  日本国際保健医療学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る