研究者
J-GLOBAL ID:201801006671367738   更新日: 2018年12月05日

佐藤 悦子

SATO ETSUKO
所属機関・部署:
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2017 - 2018 移民子弟のホスト社会への参加に関する人類学的研究-日本とブラジルを事例に
論文 (10件):
  • 佐藤悦子, 李仁子, 佐藤貴寛. 東北地域における地域日本語教室に関する文化人類学的考察-日本人支援者の視点をもとに-. 研究年報. 2018. 66. 2. 1-16
  • 佐藤 悦子. 被災地における手しごとの場をめぐる関係性 : 宮古市田老地区での支援に着目して. 関係性の教育学 = The journal of engaged pedagogy. 2018. 17. 1. 41-50
  • 佐藤 悦子. 循環日誌から見る日系二世たちの生活世界 : ブラジル・レジストロ市を事例に. 教育思想. 2018. 45. 67-81
  • 佐藤悦子. 岩手大学次世代育成サポーターに関する実績検証. 地域の男女共同参画社会実現を先導する学内保育所設置モデルの実証的検証事業報告書. 2017
  • 佐藤悦子, 男女共同参画推進室. 学内保育スペース「ぱるんひろば」に関する実証検証. 地域の男女共同参画社会実現を先導する学内保育所設置モデルの実証的検証事業報告書. 2017
もっと見る
講演・口頭発表等 (8件):
  • 被災地の「共同化」される漁業再建:宮古市T地区を事例に
    (日本文化人類学会研究大会発表要旨集 2016)
  • 被災地の復興プロセスに関する民族誌的研究
    (第15回地域防災フォーラム 2016)
  • 被災地の女性たちが集まる場:-宮古市T地区を事例に-
    (日本文化人類学会研究大会発表要旨集 2015)
  • 被災地で実践する女性たち-宮古市T地区の手仕事の場を事例に
    (第3回国連防災世界会議パブリックフォーラム 防災・復興に関する展示コミュニケーションスペース研究報告 2015)
  • ブラジル日系社会における宗教的共同体
    (関係性の教育学会 第8回年次大会 2010)
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る