研究者
J-GLOBAL ID:201901004315563217   更新日: 2020年07月16日

山本 薫

ヤマモト カオル | Yamamoto Kaoru
所属機関・部署:
職名: 専任講師(有期)
研究分野 (2件): 地域研究 ,  文学一般
研究キーワード (4件): 文化 ,  アラビア語 ,  アラブ文学 ,  中東
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2016 - 2021 規範とアイデンティティ:社会的紐帯とナショナリズムの間
  • 2015 - 2019 現代中東の「ワタン(祖国)」的心性をめぐる表象文化の発展的研究
  • 2013 - 2017 レバノン・シリア移民の拡張型ネットワーク-自己多面化と空間構想力
  • 2012 - 2016 現代中東文学における「ワタン(祖国)」表象とその分析
  • 2010 - 2015 現代パレスチナ文化の動態研究-生成と継承の現場から
論文 (8件):
  • 山本 薫. ハイファにとどまる-エミール・ハビービーのワタン(Waṭan / Homeland). ワタン(祖国)とは何か-中東現代文学における Watan/Homeland 表象. 2019. 311-322
  • 山本 薫. シンポジウム イスラエル・アラブの文化創造力 : アイロニーの系譜. ユダヤ・イスラエル研究 = Studies on Jewish life and culture. 2015. 29. 35-40
  • 山本 薫. Tarjama al-Adab al-‘Arabī al-Mu‘āṣir fī al-Yābān: Malāmiḥ ‘Āmma wa Tajriba Shakhṣīya (in Arabic). Majalla Kīkā li al-Adab al-‘Ālamī. 2014. 5. 153-161
  • 山本 薫. メディア文化から見たエジプト"一月二五日革命" (総特集 アラブ革命--チュニジア・エジプトから世界へ). 現代思想. 2011. 39. 4. 138-143
  • 山本 薫. ハイファの作家、エミール・ハビービー : 都市の記憶としての文学. 日本中東学会年報. 2007. 23. 2. 171-191
もっと見る
MISC (6件):
  • 山本 薫, ヤマモト カオル, YAMAMOTO Kaoru. ラップと中東の社会・政治変動. 総合文化研究 (Trans-Cultural Studies). 2018. 21. 74-77
  • 山本 薫. 「革命」の頓挫 その失意の先に : エジプト (特集 世界を読み解くベストセラー40). Newsweek = ニューズウィーク. 2018. 33. 5
  • 山本 薫. アラブ革命と詩:抵抗文化としての詩、歌、ラップ. SYNODOS http://synodos.jp/international/6225. 2013
  • 山本 薫. インターネットの世界からみるエジプト革命. 女性のひろば. 2011. 387. 58-63
  • 山本 薫. 解題 タハリール広場からの詩. 神奈川大学評論. 2011. 69. 126-131
もっと見る
書籍 (9件):
  • 越境する社会運動
    明石書店 2020 ISBN:9784750349954
  • al-Tarjama wa Ishkālāt al-Muthāqafa 4
    Qatar: Muntadā al-ʻAlʻāqāt al-ʻArabiyya wa-l-Duwaliyya 2018 ISBN:9789927126574
  • Human Mobility and Multiethnic Coexistence in Middle Eastern Urban Societies 2
    ILCAA, Tokyo University of Foreign Studies 2018 ISBN:9784863372825
  • Human Mobility and Multiethnic Coexistence in Middle Eastern Urban Societies 1
    ILCAA, Tokyo University of Foreign Studies 2015 ISBN:9784863372009
  • 現代パレスチナ文化の動態研究 : 生成と継承の現場から
    山本薫 2015
もっと見る
講演・口頭発表等 (5件):
  • レバノン映画「判決、二つの希望」が突きつける問い-内戦の記憶をいかに語るか
    (中東現代文学研究会 2019)
  • レバノン小説が描いたアラブ諸国の1968年
    (1968年再考-グローバル関係学からのアプローチ 2018)
  • “I Stayed in Haifa”: Emile Habiby’s Concept of Watan
    (World Congress for Middle Eastern Studies 2018)
  • アラビア語から日本語への翻訳における諸問題(アラビア語原題:Qaḍāyā al-Tarjama min al-Lugha al-‘Arabīya ilā al-Lugha al-Yābānīya
    (4th International Conference “Translation and the Problematics of Cross-Cultural Understanding” 2017)
  • バニパル誌と日本の現代アラブ文学研究」(アラビア語原題:Majalla Banipal wa Dirāsāt al-Adab al-‘Arabī al-Mu‘āṣir fī al-Yābān)
    (Moussem Culturel International D’Assilah, Foundation du Forum d’Assilah 2017)
学歴 (4件):
  • 1995 - 2002 東京外国語大学大学院
  • 1992 - 1995 東京外国語大学
  • 1992 - 1995 東京外国語大学大学院
  • 1987 - 1992 東京外国語大学 アラビア語学科
学位 (1件):
  • 博士(文学) (東京外国語大学)
所属学会 (1件):
日本中東学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る