研究者
J-GLOBAL ID:200901000146453129   更新日: 2023年01月16日

沼崎 宗夫

ヌマサキ ムネオ | Numasaki Muneo
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
研究分野 (7件): 呼吸器内科学 ,  腫瘍診断、治療学 ,  免疫学 ,  免疫学 ,  腫瘍診断、治療学 ,  腫瘍生物学 ,  内科学一般
研究キーワード (8件): 呼吸器腫瘍 ,  癌免疫遺伝子治療 ,  免疫チェックポイント分子 ,  サイトカイン ,  免疫チェックポイント阻害薬 ,  腫瘍血管新生 ,  血管内皮細胞 ,  気管支上皮細胞
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2022 - 2025 IL-36β の免疫チェックポイント阻害作用による新規肺がん治療法の開発
  • 2022 - 2024 免疫チェックポイント分子の発現制御による新規肺がん治療法の開発
  • 2018 - 2021 Truncated IL-36β を用いた悪性黒色腫治療
  • 2016 - 2019 修飾核酸を標的とした新規がん免疫病態診断マーカー探索と個別化がん免疫療法への応用
  • 2013 - 2015 IL-28R を発現する組換えウイルスを用いた悪性胸膜中皮腫治療
全件表示
論文 (46件):
  • Numasaki M, Ito K, Takagi K, Nagashima K, Notsudae H, Ogino H, Ando R, Tomioka Y, Suzuki T, Okada Y, et al. Diverse and divergent functions of IL-32β and IL-32γ isoforms in the regulation of malignant pleural 􏰂 mesothelioma cell growth and the production of VEGF-A and CXCL8. Cellular Immunology. 2022. 383. 104652-104652
  • Numasaki M, Ito K. VEGF-A, HGF and bFGF are Involved in IL-17A-mediated Migration and Capillary-like Vessel Formation of Vascular Endothelial Cells. Iranian journal of immunology : IJI. 2021. 18. 2. 103-110
  • 冨田 尚希, 植田 寿里, 石木 愛子, 冲永 壯治, 沼崎 宗夫, 荒井 啓行. 高齢者の薬物療法遵守状況を自記式で評価する方法の検討. 日本老年医学会雑誌. 2019. 56. 4. 547-547
  • 冨田 尚希, 木皿 重樹, 石木 愛子, 冲永 壯治, 沼崎 宗夫, 荒井 啓行. Intentional nonadherence の発生状況 軽度認知障害・認知症に該当する患者の検討. Dementia Japan. 2019. 33. 4. 570-570
  • 冲永 壯治, 冨田 尚希, 石木 愛子, 沼崎 宗夫, 荒井 啓行. 在宅医療を考える - 高齢者在宅医療・介護サービスガイドライン2019を踏まえて- 肺炎と在宅医療. Geriatric Medicine. 2019. 57. 10. 931-935
もっと見る
MISC (22件):
  • 石木 愛子, 冨田 尚希, 沼崎 宗夫, 冲永 壯治, 荒井 啓行. 老年医学関連診療科を有さない医学部における老年医学臨床実習の実態調査. 日本老年医学会雑誌. 2020. 57. Suppl. 134-135
  • 石木 愛子, 冨田 尚希, 沼崎 宗夫, 冲永 壯治, 荒井 啓行. 高齢者と自動車運転. 老年内科. 2020. 1. 1. 98-103
  • 植田 寿里, 石木 愛子, 冨田 尚希, 沼崎 宗夫, 冲永 壯治, 荒井 啓行. 東日本大震災被災地居住高齢者におけるフレイルの有症率とその経時的変化. 日本老年医学会雑誌. 2018. 55. Suppl. 118-118
  • 石木 愛子, 植田 寿里, 冨田 尚希, 沼崎 宗夫, 冲永 壯治, 荒井 啓行. 老年医学関連診療科を有さない医学部における老年医学臨床実習の実態調査. 日本老年医学会雑誌. 2018. 55. Suppl. 139-139
  • 冨田 尚希, 植田 寿里, 石木 愛子, 沼崎 宗夫, 冲永 壯治, 荒井 啓行. 手段的ADLの評価を中心とした高齢者総合機能評価スクリーニング用自記式調査票の妥当性の検討. 日本老年医学会雑誌. 2018. 55. Suppl. 151-151
もっと見る
特許 (2件):
  • PD-1 発現抑制剤、免疫チェックポイント阻害用医薬組成物、及び PD-1 発現を抑制する方法
  • 抗腫瘍剤及び腫瘍を治療するための医薬品組成物
書籍 (3件):
  • Advancements in Tumor Immunotherapy and Cancer Vaccines
    InTech, 2014
  • Targeted Cancer Immune Therapy
    Springer, 2009
  • The Cytokine Hand Book (Fourth Edition)
    Academic Press, 2003
講演・口頭発表等 (37件):
  • IL-32 の悪性胸膜中皮腫の増殖および血管新生因子 IL-8 および VEGF 産生に対する作用
    (第24回 日本がん分子標的治療学会学術集会 2020)
  • 新規サイトカイン IL-36β の誘導する抗腫瘍免疫増強作用
    (第10回 日本病院薬剤師会 東北ブロック 学術大会シンポジウム 2020)
  • 薬剤性 collagenous colitis と診断された自験2症例の報告と考察
    (第30回日本老年医学会東北地方会 2019)
  • PTHrP により高カルシウム血症が生じたと思われる多発性骨髄腫の一例
    (第30回日本老年医学会東北地方会 2019)
  • マウス骨髄幹細胞からの microglia-like cell の誘導
    (第61回 日本老年医学会学術集会 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1989 - 1993 東北大学 大学院医学系研究科
  • 1980 - 1986 東北大学 医学部
学位 (1件):
  • 医学博士 (東北大学)
経歴 (9件):
  • 2022/04 - 現在 東北大学加齢医学研究所 共同研究員
  • 2021/04 - 現在 東北大学加齢医学研究所 非常勤講師
  • 2021/04 - 現在 東北文化学園大学 医療福祉学部 教授
  • 2016/04 - 2021/03 東北大学病院 医科診療部門 准教授
  • 2007/04 - 2016/03 埼玉医科大学 医学部 呼吸器内科学講座 客員教授
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2017/07 - 現在 日本老年学会 代議員
  • 2013/10 - 2015/03 日本学術振興会 基盤研究C 第1段審査(書面審査)委員
受賞 (3件):
  • 2022 - 東北大学加齢医学研究所 令和4年度 東北大学加齢医学研究所 共同研究課題
  • 2009 - 日本私立学校振興・共済事業団 学術研究振興資金 癌 - Th17 細胞相互作用による血管新生
  • 2005 - 癌研究振興財団 癌研究助成金 樹状細胞より産生される IL-23 が非小細胞肺癌の血管新生能を著明に増強する詳細な機序の解明
所属学会 (6件):
日本癌分子標的治療学会 ,  日本老年学会 ,  米国癌学会 ,  日本癌学会 ,  日本内科学会 ,  日本呼吸器学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る