研究者
J-GLOBAL ID:200901000979009222   更新日: 2021年04月14日

呉 繁夫

クレ シゲオ | Kure Shigeo
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 東北大学  東北メディカル・メガバンク機構   副機構長
ホームページURL (2件): http://www.ped.med.tohoku.ac.jp/greeting.htmlhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/50501061b944774abf036bfb75871272.html
研究分野 (4件): 病態医化学 ,  胎児医学、小児成育学 ,  胎児医学、小児成育学 ,  医化学
研究キーワード (7件): 脳性麻痺の遺伝学的背景の解明 ,  先天性アミノ酸代謝異常症の病態解明 ,  ゲノム解析による新しい小児疾患の発見 ,  フェニルケトン尿症(PKU)の新規治療薬の開発 ,  小児ネフローゼ症候群の遺伝学的背景の解明 ,  自閉スペクトラム症に対する治療薬開発 ,  もやもや病の遺伝的背景の解明
論文 (381件):
  • Tatsuro Izumi, Yu Aihara, Atsuo Kikuchi, Shigeo Kure. Electroencephalographic findings and genetic characterization of two brothers with IQSEC2 pathogenic variant. Brain & development. 2021. 43. 5. 652-656
  • Tomohiro Nakagawa, Yoichi Wada, Akinobu Miura, Yurika Numata-Uematsu, Hidetaka Niizuma, Shigeo Kure. Gingival pigmentation in a boy. The Journal of pediatrics. 2021
  • Kaoru Kuroda, Kunihiko Moriya, Tomohiro Nakano, Ryoko Saito, Daichi Sato, Saori Katayama, Hidetaka Niizuma, Munenori Watanuki, Mitsugu Uematsu, Yoji Sasahara, et al. A pediatric case of osteosarcoma and tuberous sclerosis complex with a novel germline mutation in the TSC2 gene and a somatic mutation in the TP53 gene. Pediatric blood & cancer. 2021. e28960
  • Yu Abe, Yu Aihara, Wakaba Endo, Hiroshi Hasegawa, Kimiyoshi Ichida, Mitsugu Uematsu, Shigeo Kure. The effect of dietary protein restriction in a case of molybdenum cofactor deficiency with MOCS1 mutation. Molecular genetics and metabolism reports. 2021. 26. 100716-100716
  • Takumi Hirata, Mana Kogure, Naho Tsuchiya, Ken Miyagawa, Akira Narita, Kotaro Nochioka, Akira Uruno, Taku Obara, Tomohiro Nakamura, Naoki Nakaya, et al. Impacts of the urinary sodium-to-potassium ratio, sleep efficiency, and conventional risk factors on home hypertension in a general Japanese population. Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension. 2021
もっと見る
MISC (854件):
もっと見る
書籍 (6件):
  • Moyamoya disease explored through RNF213
    Springer 2017
  • こどもの病気 遺伝について聞かれたら
    診断と治療社 2015 ISBN:4787820591
  • 子どもの食と栄養 理論と演習・実習第2版
    医歯薬出版 2011 ISBN:4263705904
  • Moyamoya Disease
    Springer 2010
  • 小児代謝疾患マニュアル
    診断と治療社 2007
もっと見る
講演・口頭発表等 (57件):
  • Genetic linkage study of Moyamoya disease
    (International symposium of Pediatric Neurosyrgery 2010)
  • グリシンおよびフェニルアラニン代謝異常症の病態解明と治療法開発に関する研究
    (日本先天代謝異常学会 2010)
  • フェニルケトン尿症のBH4療法
    (日本先天代謝異常学会 2010)
  • Non-ketotic hyperglycinemia
    (International symposium on Epilepsy in Neurometabolic Disease 2010)
  • 軽症型グリシン脳症のモデルマウス作成と解析
    (日本小児神経学会総会 2008)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1984 - 1988 東北大学 小児科学
  • 1976 - 1982 東北大学 医学科
  • 1973 - 1976 新潟県立高田高等学校 卒業
学位 (1件):
  • 医学博士 (東北大学)
経歴 (9件):
  • 2014/04 - 現在 東北メディカル・メガバンク機構 副機構長
  • 2011/07 - 現在 宮城県立こども病院 副理事長
  • 2011/06 - 現在 東北大学 大学院小児病態学分野 教授
  • 2012/04 - 2014/03 東北大学病院 副病院長
  • 2008/10 - 2011/06 東北大学 大学院小児病態学分野 准教授
全件表示
委員歴 (16件):
  • 2020/04 - 現在 日本小児科学会 理事/代議員
  • 2012/04 - 現在 日本小児保健協会 宮城県小児保健協会会長/代議員
  • 2011/04 - 現在 宮城県 地域医療計画策定懇話会
  • 2011/04 - 現在 宮城県 地域医療推進委員会
  • 2007/05 - 現在 日本先天代謝異常学会 理事
全件表示
受賞 (7件):
  • 2014/06 - 文部科学省 文部科学大臣表彰科学技術賞(研究部門) もやもや病の臨床像の把握と疾患感受性遺伝子の同定
  • 2011/12 - 上原記念生命科学財団 研究助成 モヤモヤ病感受性遺伝子RNF213の解析
  • 2010/10 - 日本先天代謝異常学会 学会賞 グリシン及びフェニルアラニン代謝異常症の病態解明と治療法開発に関する研究
  • 2005/01/21 - 東北大学 東北大学医学部奨励賞金賞 アミノ酸代謝異常症の病態解明と新しい治療法に関する研究
  • 1996/10 - 日本人類遺伝学会 奨励賞 非ケトーシス型高グリシン血症の病因及び病態解明に関する研究
全件表示
所属学会 (7件):
米国人類遺伝学会 ,  日本小児神経学会 ,  日本遺伝カウンセリング学会 ,  日本小児科学会 ,  日本遺伝子診療学会 ,  日本先天代謝異常学会 ,  日本人類遺伝学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る