研究者
J-GLOBAL ID:200901001625430210   更新日: 2020年06月08日

丸山 公一

マルヤマ コウイチ | Maruyama Kouichi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/ce6850c1f25b35ebda72509866d322a8.htmlhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/ce6850c1f25b35ebda72509866d322a8.html
研究分野 (3件): 無機材料、物性 ,  構造材料、機能材料 ,  金属材料物性
研究キーワード (6件): 金属間化合物 ,  高温材料 ,  構造材料 ,  高温変形 ,  組織設計 ,  力学的性質
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 1993 - 現在 金属間化合物とセラミックスの高温変形
  • 1986 - 現在 フェライト系耐熱鋼の損傷評価
  • 2005 - ポーラス材料の高温変形と破壊
論文 (170件):
もっと見る
特許 (1件):
書籍 (10件):
  • Creep resistant steels
    Woodhead Publishing 2008
  • エコマテリアルハンドブック, 鈴木淳史 編
    丸善株式会社 2006
  • クリープ
    設備管理技術事典 2003
  • 電子顕微鏡法の実践と応用写真集
    2002
  • 金属便覧
    2000
もっと見る
講演・口頭発表等 (42件):
  • 高Crフェライト鋼のクリープ損傷プロセスとその高温長時間使用による遷移
    (日本金属学会春期大会 2013)
  • Methodology of Creep Life Evaluation for Strength Enhanced High Cr Ferritic Steel
    (Energy Materials-High Temperature Materials Conference 2012)
  • 層状組織TiAl合金の強度に対する界面構造の役割
    (日本金属学会秋期大会 2012)
  • 先進高Cr鋼でのクリープ損傷機構の遷移
    (日本鉄鋼協会第163回春季講演大会 2012)
  • Microstructural Damage Mechanism during Long-term Creep of Strength Enhanced High Cr Ferritic Steel
    (The 6th International Conference on Creep, Fatigue and Creep-fatigue Interaction 2012)
もっと見る
学位 (1件):
  • 工学博士 (東北大学)
委員歴 (31件):
  • 2001/04 - 現在 日本鉄鋼協会 評議員
  • 1997/01 - 現在 日本学術振興会・第123委員会 主査
  • 1993/06 - 現在 軽金属学会 編集委員
  • 1993/06 - 現在 日本金属学会 欧文誌編集委員
  • 1992/06 - 現在 日本金属学会 学会誌編集委員
全件表示
受賞 (14件):
  • 2011/08/03 - THERMEC 2011 Thermec Distinguished Award Outstanding contributions in the field of high temperature materials and distinguished leadership in materials science and enginieering in Japan
  • 2009/09/15 - 日本金属学会 日本金属学会 第7回功労賞 学術部門
  • 2008/05/10 - (社)軽金属学会 第6回軽金属功績賞
  • 2007/03/27 - 日本金属学会 日本金属学会 増本量賞 高強度高温材料の組織設計と長時間強度評価に関する研究
  • 2006/09/17 - 日本金属学会 日本金属学会優秀ポスター賞 「ナノポーラス表面構造を有するNiAl単結晶基板の作製」
全件表示
所属学会 (4件):
日本材料学会 ,  軽金属学会 ,  日本鉄鋼協会 ,  日本金属学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る