研究者
J-GLOBAL ID:200901003997430856   更新日: 2021年10月27日

堀 正和

ホリ マサカズ | Hori Masakazu
所属機関・部署:
職名: 沿岸生態系グループ長
ホームページURL (1件): http://feis.fra.affrc.go.jp/intro/mobaseisan/index.html
研究分野 (4件): 生物資源保全学 ,  生態学、環境学 ,  多様性生物学、分類学 ,  環境動態解析
研究キーワード (10件): 藻場 ,  気候変動 ,  GIS・リモートセンシング ,  資源管理 ,  社会生態システム ,  群集生態 ,  ブルーカーボン ,  生態系機能 ,  生物多様性 ,  生態系サービス
論文 (78件):
  • Ken Ishida, Michikusa Tachibana, Masakazu Hori, Takehiro Okuda, Tomoko Yamamoto, Masahiro Nakaoka, Takashi Noda. Quantifying the dynamics of rocky intertidal sessile communities along the Pacific coast of Japan: implications for ecological resilience. Scientific Reports. 2021. 11. 1
  • Hiromichi Mitamura, Hideaki Nishizawa, Yasushi Mitsunaga, Kotaro Tanaka, Junichi Takagi, Takuji Noda, Hirotaka Tsujimura, Hiroaki Omi, Ryo Sakurai, Masaaki Sato, et al. Attraction of an artificial reef: a migratory demersal flounder remains in shallow water under high temperature conditions in summer. Environmental Biology of Fishes. 2021
  • Toshihiro Miyajima, Masami Hamaguchi, Masakazu Hori. Evaluation of the baseline carbon sequestration rates of Indo-Pacific temperate and tropical seagrass meadow sediments. Ecological Research. 2021
  • Masakazu Hori, Masaaki Sato. Genetic effects of eelgrass restoration efforts by fishers' seeding to recover seagrass beds as an important natural capital for coastal ecosystem services. Population Ecology. 2021. 63. 1. 92-101
  • Masaaki Sato, Yohei Nakamura, Masakazu Hori. Potential stocks of reef fish-based ecosystem services in the Kuroshio Current region: Their relationship with latitude and biodiversity. Population Ecology. 2020
もっと見る
MISC (12件):
  • 宮島利宏, 浜口昌巳, 堀正和, MUNAR Jeffrey, ABAD Jesus, 森本直子, SAN DIEGO-MCGLONE Maria Lourdes. 環境DNAを利用したブルーカーボン生態系からの有機炭素系外移出・外洋隔離の実証. 日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web). 2020. 2020
  • 桑江 朝比呂, 吉田 吾郎, 堀 正和, 渡辺 謙太, 棚谷 灯子, 岡田 知也, 梅澤 有, 佐々木 淳. 浅海生態系における年間二酸化炭素吸収量の全国推計. 土木学会論文集B2(海岸工学). 2019. 75. 1. 10-20
  • 宮島利宏, 堀正和, 佐藤允昭, 濱岡明子, 濱岡秀樹. 重水素標識法に基づく海草藻場食物網構造とその環境変動応答の解析技術の開発. 日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web). 2017. 2017
  • Masahiro Nakaoka, Kun-Seop Lee, Xiaoping Huang, Tutu Almonte, Japar Sidik Bujang, Wawan Kiswara, Rohani Ambo-Rappe, Siti Maryam, Yaakub, M, P, et al. Regional Comparison of the Ecosystem Services from Seagrass Beds in Asia. Integrative Observations and Assessments. 2014. 367
  • 吉田 吾郎, 谷本 照己, 相田 聡, 梶田 淳, 水谷 浩, 大本 茂之, 斉藤 憲治, 森口 朗彦, 堀 正和, 浜口 昌巳, et al. 広島湾とその周辺海域におけるアマモの生態的特性とその多様性. 生物圏科学. 2013. 52. 71-86
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(水産科学) (北海道大学)
経歴 (3件):
  • 2020/07 - 現在 国立研究開発法人水産研究・教育機構 水産資源研究所 水産資源研究センター 社会・生態系システム部 沿岸生態系グループ長
  • 2003/04 - 2006/03 日本学術振興会PD特別研究員(東京大学)
  • 2000/04 - 2003/03 日本学術振興会DC1特別研究員(北海道大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る