研究者
J-GLOBAL ID:200901005800017432   更新日: 2021年03月19日

小林 正人

コバヤシ マサト | Kobayashi Masato
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
ホームページURL (1件): http://sites.google.com/site/chemistmasatokobayashi/
研究分野 (1件): 基礎物理化学
研究キーワード (6件): 電子状態理論 ,  量子化学 ,  理論化学 ,  マテリアルズ・インフォマティクス ,  触媒インフォマティクス ,  ケモインフォマティクス
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2020 - 2023 情報科学・理論・実験の融合によるネットワークガラスの高次多体相関解析
  • 2020 - 2022 パーシステント・ホモロジーを用いたグローバル反応経路地図に対する記述子の開拓
  • 2017 - 2021 大規模複雑電子構造系の遷移状態・電子励起状態計算法の確立と生体反応への応用
  • 2015 - 2019 化学反応における多元系のシナジー効果の評価と触媒反応への応用
  • 2015 - 2017 感応性化学種が持つ中間的な電子構造とその反応に関する理論的研究
全件表示
論文 (78件):
  • Toshikazu Fujimori, Masato Kobayashi, Tetsuya Taketsugu. Energy-based automatic determination of buffer region in the divide-and-conquer second-order Møller-Plesset perturbation theory. Journal of Computational Chemistry. 2021
  • Pedro Paulo Ferreira da Rosa, Shiori Miyazaki, Haruna Sakamoto, Yuichi Kitagawa, Kiyoshi Miyata, Tomoko Akama, Masato Kobayashi, Koji Fushimi, Ken Onda, Tetsuya Taketsugu, et al. Coordination Geometrical Effect on Ligand-to-Metal Charge Transfer-Dependent Energy Transfer Processes of Luminescent Eu(III) Complexes. The Journal of Physical Chemistry A. 2021. 125. 1. 209-217
  • Masato Kobayashi, Mei Harada, Hideo Takakura, Kanta Ando, Yuto Goto, Takao Tsuneda, Mikako Ogawa, Tetsuya Taketsugu. Theoretical and Experimental Studies on the Near-Infrared Photoreaction Mechanism of a Silicon Phthalocyanine Photoimmunotherapy Dye: Photoinduced Hydrolysis by Radical Anion Generation. ChemPlusChem. 2020. 85. 9. 1959-1963
  • 小林正人. データ科学を活用した触媒反応の活性予測、活性因子の特定. マテリアルステージ. 2020. 20. 1. 42-48
  • Yusuke Kondo, Yuri Goto, Masato Kobayashi, Tomoko Akama, Takeshi Noro, Tetsuya Taketsugu. All-electron relativistic spin-orbit multireference computation to elucidate the ground state of CeH. Physical Chemistry Chemical Physics. 2020. 22. 46. 27157-27162
もっと見る
MISC (49件):
書籍 (4件):
  • The Art of High Performance Computing for Computational Science, Vol. 2
    Springer 2019
  • 計算科学のためのHPC技術2
    大阪大学出版会 2017 ISBN:9784872595871
  • すぐできる量子化学計算ビギナーズマニュアル
    講談社 2015 ISBN:9784061543881
  • Linear-scaling techniques in computational chemistry and physics : methods and applications
    2011 ISBN:9789048128525
講演・口頭発表等 (80件):
  • Data Scientific Analysis of Quantum Chemical Calculation Results for Surface Adsorption Systems and Its Application to Catalysis
    (第36回計算機マテリアルズデザインワークショップ(36th CMD Workshop) 2020)
  • 表面吸着系量子化学計算データベースの構築と触媒活性解析への応用
    (ESICB電子論検討会 2019)
  • データ科学を利用した表面吸着系量子化学計算結果の解析と触媒への応用
    (レア・イベントの計算科学 第3回ワークショップ 2019)
  • Surface model calculation database for predicting catalytic activity: An application to methane steam reforming
    (The ninth conference of the Asia-Pacific Association of Theoretical and Computational Chemists (APATCC2019) 2019)
  • Calculation, Analysis, and Prediction for Catalyst and Surface Adsorption Systems with Informatics Techniques and Automated Reaction Path Search
    (2nd International Workshop on Phase Interfaces Science for Highly Efficient Energy Utilization 2018)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2004 - 2007 早稲田大学 化学専攻
  • 1999 - 2003 早稲田大学 化学科
学位 (1件):
  • 博士(理学) (早稲田大学)
経歴 (13件):
  • 2020/11 - 現在 北海道大学 大学院理学研究院 化学部門 准教授
  • 2019/04 - 現在 北海道大学 化学反応創成研究拠点 兼務教員
  • 2017/08 - 現在 京都大学 触媒・電池元素戦略研究拠点ユニット 拠点講師
  • 2017/07 - 2020/10 北海道大学 大学院理学研究院 講師
  • 2015/12 - 2019/03 科学技術振興機構 さきがけ研究員
全件表示
委員歴 (7件):
  • 2016/04 - 現在 科学技術・学術政策研究所 科学技術専門家ネットワーク・専門調査員
  • - 2020/09 Theory and Applications of Computational Chemistry 2020 (TACC2020) 事務局員
  • - 2019/05 第22回理論化学討論会 実行委員
  • - 2017/05 ナノ学会第15回大会 実行委員
  • - 2015/06 第31回化学反応討論会 実行委員
全件表示
受賞 (3件):
  • 2012 - 第2回CMSI研究会 優秀ポスター賞
  • 2009 - 日本コンピュータ化学会 吉田賞(論文賞)
  • 2008 - WATOC2008 ポスター発表賞
所属学会 (5件):
理論化学会 ,  触媒学会 ,  日本化学会 ,  分子科学会 ,  日本コンピュータ化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る