研究者
J-GLOBAL ID:200901005800017432   更新日: 2019年12月07日

小林 正人

コバヤシ マサト | KOBAYASHI Masato
所属機関・部署:
職名: 講師
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
  • 京都大学ESICB  拠点講師
  • 北海道大学  WPI-ICReDD   兼務教員
ホームページURL (2件): http://sites.google.com/site/chemistmasatokobayashi/http://sites.google.com/site/chemistmasatokobayashi/
研究分野 (1件): 物理化学
研究キーワード (5件): 理論化学 ,  量子化学 ,  触媒インフォマティクス ,  ケモインフォマティクス ,  マテリアルズ・インフォマティクス
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2007 - APSG波動関数を用いた静的電子相関計算とその摂動補正
  • 2004 - 量子化学計算の線形スケーリング手法の開発
  • 2007 - 電子相関理論
  • 2006 - TDDFTを用いた内殻励起状態計算の高速化手法の開発
  • 2006 - NMR化学シフトの量子化学計算
全件表示
論文 (67件):
  • 小林 正人. 触媒反応の収率予測や活性因子の特定に機械学習を利用. 化学と工業. 2019. 72. 5. 422-422
  • 小林 正人. Hartree-Fock(-Roothaan)法のエッセンス. フロンティア(理論化学会機関誌). 2019. 1. 2. 5-20
  • Dispersion Interaction and Crystal Packing Realize an Ultralong C-C Single Bond: A Theoretical Study on Dispirobis(10-methylacridan) Derivatives. Chemistry Letters. 2019
  • 小林 正人. ハイスループット量子化学計算技術とインフォマティクスを活用した金属ナノクラスター触媒系の解析と予測. アンサンブル. 2019. 21. 1. 22-28
  • Takeshi Iwasa, Takaaki Sato, Makito Takagi, Min Gao, Andrey Lyalin, Masato Kobayashi, Ken-ichi Shimizu, Satoshi Maeda, Tetsuya Taketsugu. Combined Automated Reaction Pathway Searches and Sparse Modeling Analysis for Catalytic Properties of Lowest Energy Twins of Cu13. J. Phys. Chem. A. 2019. 123. 1. 210-217
もっと見る
書籍 (2件):
  • 計算科学のためのHPC技術2
    大阪大学出版会 2017 ISBN:978-4-87259-587-1
  • The Art of High Performance Computing for Computational Science, Vol. 2
    Springer 2019
講演・口頭発表等 (48件):
  • 大規模系の高精度量子化学計算法: Divide-and-Conquer法に基づくMP2計算
    (科研費特定領域研究「次世代量子シミュレータ・量子デザイン手法の開発」 A02班ミニワークショップ「大規模・高精度電子状態計算手法に関する研究会II」 2007)
  • Divide-and-conquer electronic structure method: Extension to post-HF correlation theories
    (The International Conference on the Theory and Applications of Computational Chemistry in 2008 (TACC2008) 2008)
  • 分割統治(DC)電子状態計算法のGAMESSへの実装と応用
    (日本コンピュータ化学会2009春季年会 2009)
  • Divide-and-Conquer量子化学計算プログラム
    (次世代ナノ統合シミュレーションソフトウェア説明会 2009)
  • APSG and its perturbative correction: Application to open-shell systems
    (Theory and Applications of Computational Chemistry 2012 (TACC2012) 2012)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 早稲田大学 理工学研究科 化学専攻
経歴 (12件):
  • 2006/04 - 2007/03 日本学術振興会 特別研究員(DC2)
  • 2007/10 - 2007/12 エトヴェシュ・ロラーンド大学(ブダペスト) 訪問研究員
  • 2007/04 - 2008/03 日本学術振興会 特別研究員(PD)
  • 2008/04 - 2012/03 自然科学研究機構 専門研究職員
  • 2008/04 - 2012/03 早稲田大学 客員講師
全件表示
委員歴 (2件):
  • - 2011/07 第7回理論化学物理国際会議(ISTCP-VII) 事務局員(広報)
  • 2012/04 - 2014/03 早稲田大学高等研究所 編集委員
受賞 (3件):
  • 2012 - 第2回CMSI研究会 優秀ポスター賞
  • 2009 - 日本コンピュータ化学会 吉田賞(論文賞)
  • 2008 - WATOC2008 ポスター発表賞
所属学会 (5件):
触媒学会 ,  日本化学会 ,  分子科学会 ,  理論化学会 ,  日本コンピュータ化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る