研究者
J-GLOBAL ID:200901006029097360   更新日: 2020年08月31日

田村 恭久

タムラ ヤスヒサ | Yasuhisa Tamura
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://tamuralabo.info/
研究分野 (1件): 教育工学
研究キーワード (5件): 学習履歴分析 ,  アクティブラーニング ,  Kinect ,  電子教科書 ,  協調学習
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2014 - 2018 ePub3電子教科書の国際的な仕様策定と実現可能性の検証
  • 2002 - 2003 リアルタイム遠隔学習における教授法と技術環境の調査研究
論文 (25件):
  • 田村 恭久, 中嶋 俊也, 篠原 駿. 電子教科書の要求機能とePub教材による相互運用性の検証. 日本eラーニング学会誌. 2013. 13. 114-122
  • TAMURA YASUHISA, Koji Yamaoka, Masataka Uehara, Takeshi Shima. Capture and Feedback in Flying Disc Throw with use of Kinect. Int'l Journal of Sports Medicine and Sports Sciences. 2013. 74. 313-317
  • Toshiya Nakajima, Shun Shinohara, Yasuhisa Tamura. Typical functions of e-textbook, implementation, and compatibility verification with use of ePub3 Materials. Procedia Computer Science. 2013. 22. 1344-1353
  • Koji Yainaoka, Masataka Uehara, Takeshi Shima, Yasuhisa Tamura. Feedback of Flying Disc Throw with Kinect and its Evaluation. 17TH INTERNATIONAL CONFERENCE IN KNOWLEDGE BASED AND INTELLIGENT INFORMATION AND ENGINEERING SYSTEMS - KES2013. 2013. 22. 912-920
  • Kaori Go, Yasuhisa Tamura. Dynamic Utterance Role Restriction on CSCL. ADVANCES IN KNOWLEDGE-BASED AND INTELLIGENT INFORMATION AND ENGINEERING SYSTEMS. 2012. 243. 1091-1100
もっと見る
MISC (6件):
  • 田村恭久. ラーニングアナリティクスの国際標準規格. 情報処理. 2018. 59. 9. 825-828
  • 田村恭久. 国際標準化から見た学習者用デジタル教科書. 学習情報研究. 2015. 2015. 247. 52-55
  • 田村恭久. 電子教科書がもたらすオープンな学習環境(<特集>学習科学と学習工学のフロンティア-私の"学習"研究-(後編)). 人工知能. 2015. 30. 4. 504-505
  • 田村恭久. 電子教科書とEDUPUB規格の現状. 教育システム情報学会誌. 2015. 32. 2. 148-159
  • 田村恭久. 電子教科書の規格とEDUPUBの現状. 情報管理. 2015. 57. 11. 791-798
もっと見る
書籍 (8件):
  • iBooks Author制作ハンドブック
    インプレスジャパン 2012 ISBN:9784844332176
  • 『人工知能と教育工学 : 知識創産指向の新しい教育システム』
    オーム社 2008 ISBN:427420507X
  • 『情報教育事典』
    丸善 2008 ISBN:4621079298
  • 『高等教育におけるeラーニング : 国際事例の評価と戦略』
    東京電機大学出版局 2006 ISBN:4501541903
  • 『eラーニングの理論と実際 : システム技術から、教え・学び、ビジネスとの統合まで』 (情報教育シリーズ)
    丸善 2004 ISBN:4621074849
もっと見る
講演・口頭発表等 (231件):
  • Visualization of Utterance Transition in Group Discussion Using Learners’ Mobile Devices
    (International Conference on Computers in Education (ICCE) 2019 2019)
  • Comparison between Self-awareness of Academic Procrastination and Actual Learning
    (International Conference on Computers in Education (ICCE) 2019 2019)
  • Analysis of “Evaluation Behavior” Using Students’ Peer Assessment Process Data
    (International Conference on Computers in Education (ICCE) 2019 2019)
  • Education and AI in Japan - Learning Analytics
    (ASEF Class Network Conference 15 2019)
  • マルチモーダル学習履歴分析〜ロボット家庭教師のインタフェース〜
    (e-Learning Award Forum 2019 2019)
もっと見る
学位 (3件):
  • 工学士 (上智大学)
  • 工学修士 (上智大学)
  • 博士(工学) (上智大学)
経歴 (5件):
  • 2010/04/01 - 2011/03/31 社団法人私立大学情報教育協会 情報教育研究委員会情報リテラシー情報倫理分科
  • 2006/10/01 - 2008/03/31 茨城大学 非常勤講師
  • 2005/04/01 - 2005/09/30 東洋大学 非常勤講師
  • 2004/10/01 - 2005/03/31 電気通信大学 非常勤講師
  • 1987/04/01 - 1993/07/20 (株)日立製作所 研究員
所属学会 (7件):
情報処理学会 ,  人工知能学会 ,  日本教育工学会 ,  教育システム情報学会 ,  日本eラーニング学会 ,  学習分析学会 ,  電子情報通信学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る