研究者
J-GLOBAL ID:200901006655281130   更新日: 2023年03月29日

三浦 克之

ミウラ カツユキ | Miura Katsuyuki
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • NCD疫学研究センター  センター長
ホームページURL (2件): https://www.shiga-med.ac.jp/hqcera/index.htmlhttps://www.shiga-med.ac.jp/hqcera/en/index.html
研究分野 (2件): 栄養学、健康科学 ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない
研究キーワード (4件): 公衆衛生学 ,  循環器疾患 ,  予防医学 ,  疫学
競争的資金等の研究課題 (97件):
  • 2022 - 2028 コホート・生体試料支援プラットフォーム
  • 2022 - 2027 認知症予測の網羅的モデル開発のための一般集団における脳画像長期追跡疫学研究
  • 2022 - 2026 動脈硬化予防に最適な身体活動プログラムの開発
  • 2022 - 2026 一般住民女性における血中脂肪酸濃度と形態的・神経心理的に評価した認知機能との関連
  • 2022 - 2025 一般日本人男性における呼吸機能追跡と潜在性動脈硬化・認知機能との関連に関する研究
全件表示
論文 (760件):
  • Ayako Kunimura, Yuichiro Yano, Takashi Hisamatsu, Sayuki Torii, Keiko Kondo, Aya Kadota, Akira Fujiyoshi, Tomonori Okamura, Yoshiyuki Watanabe, Akihiko Shiino, et al. Association between proprotein convertase subtilisin/kexin type 9 (PCSK9) and subclinical cerebrovascular disease in the community. European journal of neurology. 2023
  • Kaori Kitaoka, Katsuyuki Miura, Naoyuki Takashima, Aya Kadota, Akiko Harada, Yasuyuki Nakamura, Yoshikuni Kita, Yuichiro Yano, Takashi Tamura, Mako Nagayoshi, et al. Association between Dietary Patterns and Serum Low Density Lipoprotein Cholesterol in Japanese Women and Men: The Japan Multi-Institutional Collaborative Cohort (J-MICC) Study. Journal of atherosclerosis and thrombosis. 2023
  • Takuya Sakashita, Yasuyuki Nakamura, Yoichi Sutoh, Atsushi Shimizu, Tsuyoshi Hachiya, Yayoi Otsuka-Yamasaki, Naoyuki Takashima, Aya Kadota, Katsuyuki Miura, Yoshikuni Kita, et al. Comparison of the loci associated with HbA1c and blood glucose levels identified by a genome-wide association study in the Japanese population. Diabetology International. 2023
  • Harumitsu Suzuki, Ali Tanweer Siddiquee, Sheikh Mohammad Mahbubus Sobhan, Aya Kadota, Katsuyuki Miura, Akira Fujiyoshi, Sohel Reza Choudhury. Hearing loss was associated with cognitive impairment evaluated by Bangla Adaptation of Mini-mental State Examination in a rural Bangladeshi elderly population. Alzheimer's & Dementia. 2022. 18. S11
  • Ebtehal Salman, Aya Kadota, Yukiko Okami, Keiko Kondo, Katsushi Yoshita, Nagako Okuda, Hideaki Nakagawa, Shigeyuki Saitoh, Kiyomi Sakata, Akira Okayama, et al. Investigation of the urinary sodium-to-potassium ratio target level based on the recommended dietary intake goals for the Japanese population: The INTERMAP Japan. Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension. 2022. 45. 12. 1850-1860
もっと見る
MISC (974件):
  • 三浦 克之. 質疑応答臨床一般/法律・雑件 循環器内科 「高血圧に減塩は無意味」は本当か?. 日本医事新報. 2022. 5131. 52-53
  • 三浦 克之. 疾病を引き起こす生活習慣-特集 患者指導,医師のこの一言が患者を変える. 診断と治療 = Diagnosis and treatment. 2022. 110. 8. 954-957
  • 岡見 雪子, 三浦 克之. 【高血圧医療のニューノーマル】新たな社会ネットワークの構築 減塩対策としての食環境整備の新たな動き. Progress in Medicine. 2022. 42. 5. 485-491
  • 三浦 克之. 今後の循環器疾患予防研究と対策の展望:これまでの流れとこれからの課題 今後どのような循環器病予防研究が必要か. 日本循環器病予防学会誌. 2022. 57. 2. 114-114
  • 福村 智恵, 由田 克士, 田畑 正司, 岡見 雪子, 北岡 かおり, 土橋 卓也, 三浦 克之. 「あなたのカリウムチェックシート」を用いて推定した男性勤労者のカリウム摂取状況と推定24時間尿中Na/K比および関連要因の検討. 日本循環器病予防学会誌. 2022. 57. 2. 134-134
もっと見る
書籍 (21件):
  • 循環器病予防エビデンスブック
    医歯薬出版 2021 ISBN:9784263732007
  • 高血圧診療ステップアップ-高血圧治療ガイドラインを極める-
    (株)診療と治療社 2019
  • 日本臨床76巻 特集:高血圧の最新診断・治療 -ガイドラインから個別予見医療へー
    (株)日本臨床社 2018
  • 糖尿病と循環器病 一歩進んだ糖尿病循環器学
    2017
  • 解説 エビデンスに基づく健康づくり支援 -健康日本21(第2次)の推進を目指して-
    健康保険組合連合会 2014
もっと見る
講演・口頭発表等 (483件):
  • SGLT2阻害薬投与は安静時血圧を低下させるが起立性低血圧を増加させない
    (日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集 2020)
  • 遅い夕食習慣は中年男性のメタボリックシンドローム発症リスクを増加させる
    (日本循環器病予防学会誌 2020)
  • 日本人一般住民男性における腎異所性脂肪の変化と肥満指標との関連 SESSA
    (肥満研究 2019)
  • 男性の高血圧、糖尿病、喫煙と心血管疾患死亡の生涯リスクの関連 大規模コホート研究
    (日本公衆衛生学会総会抄録集 2019)
  • 未治療高血圧者への健診現場における即日の紹介状発行が外来受診率向上に及ぼす効果 クラスターランダム化比較試験
    (日本高血圧学会総会プログラム・抄録集 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1989 - 1993 金沢大学大学院 医学研究科 社会医学系公衆衛生学専攻
  • 1982 - 1988 金沢大学 医学部 医学科
学位 (1件):
  • 医学博士 (金沢大学)
経歴 (8件):
  • 2021/04 - 現在 滋賀医科大学 NCD疫学研究センター センター長(併任)
  • 2009/12 - 現在 滋賀医科大学医学部 教授(社会医学講座公衆衛生学部門)
  • 2013/04 - 2021/03 滋賀医科大学 アジア疫学研究センター センター長(併任)
  • 2008/02 - 2009/11 滋賀医科大学医学部 准教授(社会医学講座公衆衛生学部門)
  • 2002/04 - 2008/01 金沢医科大学医学部 助教授(健康増進予防医学)
全件表示
委員歴 (18件):
  • 2020/04 - 現在 厚生労働省保険局「特定健診・特定保健指導に関する調査研究およびレセプト情報・特定健 診情報等の分析等に係る支援一式」に係る技術評価委員会 技術評価委員
  • 2018/01 - 現在 日本疫学会 副理事長
  • 2016/10 - 現在 日本高血圧学会 理事
  • 2015 - 現在 日本循環器学会 代議員
  • 2011/07 - 現在 日本動脈硬化学会 評議員
全件表示
受賞 (3件):
  • 2008/12 - 成人血管病研究振興財団 井村臨床研究奨励賞 「高血圧および動脈硬化性疾患の予防に関する疫学研究」
  • 2004/01 - 日本疫学会 奨励賞 「高血圧の発症要因および長期循環器リスクについての疫学研究」
  • 2003/10 - 長寿科学振興財団 若手研究者奨励賞 「青・壮年者を対象とした生活習慣病予防のための長期介入研究」
所属学会 (11件):
日本衛生学会 ,  日本循環器学会 ,  日本循環器予防学会 ,  米国心臓病学会・疫学部会 ,  国際疫学会 ,  日本高血圧学会 ,  日本産業衛生学会 ,  日本公衆衛生学会 ,  日本疫学会 ,  American Heart Association ,  日本栄養改善学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る