研究者
J-GLOBAL ID:200901007772106494   更新日: 2019年07月02日

伊崎 純子

イザキ ジュンコ | Izaki Junko
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (2件): 臨床心理学 ,  教育心理学
研究キーワード (5件): 甘え ,  母子分離 ,  子育て支援 ,  母子臨床 ,  educational psychology(clinical psychology)
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2019 - 2022 乳幼児健診で母子の関係性を捉える方法の検討〜縦断研究の知見を活かす〜
  • 2016 - 2019 「間主観性」からみた日本人母子の愛着の実際ー0歳から3歳までの縦断的研究ー
  • 2007 - 2007 子育て支援事業
  • 2007 - 2007 Support of Child Raising
  • 1996 - 1997 思春期における「甘え心性」に関する臨床的研究
全件表示
MISC (25件):
  • 伊崎 純子. 故郷を離れた大学生にみられる対人関係の推移. 白鴎大学教育学部論集. 2016. 10. 2. 531-553
  • 伊崎 純子, Junko Izaki. 人間力を育成するための統合的教員養成カリキュラム・モデルの開発に関する研究 : カリキュラムの改訂を他大学の動向から考える. 白鴎大学教育学部論集 = Hakuoh Journal of the Faculty of Education. 2014. 8. 1. 227-247
  • 伊崎 純子, Junko Izaki. 地域子育て支援事業「みんなのわ ひろば」に参加した保護者の育児ストレスの特徴. 白鴎大学教育学部論集 = Hakuoh Journal of the Faculty of Education. 2011. 5. 2. 385-394
  • 伊崎 純子, 北山 修. 日本語臨床と言葉にすること (臨床を書く). こころの科学. 2010. 153. 48-53
  • 伊崎 純子, Junko Izaki. ボランティア活動における心理臨床家のアイデンティティ : 軽度発達障害児のグループ支援活動・F2サークルの実践と課題. 白鴎大学教育学部論集 = Hakuoh Journal of the Faculty of Education. 2007. 1. 1. 211-224
もっと見る
書籍 (2件):
  • 日本語臨床からのアプローチ(共著)
    『日本の心理療法』三木善彦・黒木賢一共編 朱鷺書房 1998
  • An approach from "Clinical Linguistics and Semantics"
    Japanese Psychotherapy 1998
Works (2件):
  • 母子相互作用に関する研究
    1997 - 1999
  • Interaction between mother and the child
    1997 - 1999
学位 (1件):
  • 修士(教育学) (九州大学)
所属学会 (7件):
日本乳幼児精神保健学会 ,  日本心理学会 ,  日本学生相談学会 ,  日本箱庭療法学会 ,  日本臨床心理士会 ,  日本精神分析学会 ,  日本心理臨床学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る