研究者
J-GLOBAL ID:200901008097758793   更新日: 2020年05月03日

三枝 健二

サエグサ ケンジ | KENJI SAEGUSA
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (4件): 通信工学 ,  電力工学 ,  通信工学 ,  電力工学
研究キーワード (5件): 電波遮蔽 ,  電波吸収 ,  アンテナ ,  電波応用 ,  建築電磁環境
論文 (25件):
  • 電磁波シールドと吸収技術の基礎. 表面技術. 2019. 70. 11. 534-539
  • Kazuhiko Kobayashi, Kentaro Murayama, Maya Yasuda, Kenji Saegusa. 次世代無線携帯端末向け受信評価用電波暗箱の基礎検討. Wiley Publishers, Electronics and Communication in Japan, Part 1. 2017. 1-14
  • 柴田 国明, 三枝 健二, 高野 忠. 平衡線路で結合した間引き給電アレーアンテナの試作と検討. 電子情報通信学会論文誌B. 2017. J100-B. 9. 876-879
  • 柴田 国明, 宇野 孝, 三枝 健二, 高野 忠. 位相配列アンテナを用いた集束性電磁波ビームの解析. 電子情報通信学会論文誌B. 2017. J100-B. 3. 245-252
  • 小林 一彦, 村山 健太郎, 保田 麻耶, 三枝 健二. 次世代無線携帯端末向け受信評価用電波暗箱の基礎検討. 電気学会論文誌A. 2017. 137. 1. 34-45
もっと見る
MISC (12件):
  • 三枝 健二. 日本建築学会環境規準「建築物の現場における電磁シールド性能測定方法規準」の解説. 電磁環境工学情報EMC. 2017. 354. 68-75
  • 三枝 健二. 電磁波吸収・遮蔽の基礎理論. 電磁環境工学情報EMC. 2015. 10. 13-23
  • 畠山 賢一, 蔦岡 孝則, 三枝 健二. 遮蔽技術の現状と課題. 電磁環境工学情報EMC. 2011. 280. 89-102
  • 三枝 健二. 遮へい材料評価法(I). 電磁環境工学情報EMC. 2011. 277. 109-115
  • 三枝 健二, 畠山 賢一. 開口部の遮へい. 電磁環境工学情報EMC. 2011. 274. 117-122
もっと見る
特許 (1件):
  • 電磁波反射特性測定方法および装置
書籍 (10件):
  • 日本建築学会環境基準 AIJES-E0003-2017 建築物の現場における電磁シールド性能測定方法規準・同解説
    日本建築学会 2017 ISBN:9784818936294
  • 電磁波吸収・シールド材料の設計、評価技術と最新ノイズ対策
    技術情報協会 2016
  • 初めて学ぶ電磁遮へい講座
    科学情報出版 2013 ISBN:9784904774083
  • 現代電子情報通信選書「知識の森」 電子システムの電磁ノイズ-評価と対策-
    オーム社 2012 ISBN:9784274213120
  • スマートシティの電磁環境対策
    S&T出版 2012 ISBN:9784907002091
もっと見る
講演・口頭発表等 (365件):
  • シールドルームの空間性能評価における測定ラインの本数に関する検討
    (日本建築学会建築電磁環境に関する研究発表会2020 2020)
  • 電磁シールド扉の性能評価における評価対象外欠陥の影響を低減する方法
    (日本建築学会建築電磁環境に関する研究発表会2020 2020)
  • 市街地における人を対象としたタワー型無線捜索システムの高さの検討
    (令和元年度日本大学理工学部学術講演会論文集 2019)
  • 負の誘電率を有する物質被覆によるダイポールアンテナの小形化の検討
    (令和元年度日本大学理工学部学術講演会論文集 2019)
  • シールドルームの空間性能評価の測定ラインに関する検討
    (令和元年度日本大学理工学部学術講演会論文集 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1987 日本大学 大学院 理工学研究科 電子工学
  • - 1985 日本大学 理工学部 電子工学
学位 (2件):
  • 工学修士 (日本大学)
  • 博士(工学) (日本大学)
所属学会 (5件):
電子情報通信学会 ,  映像情報メディア学会 ,  電気学会 ,  IEEE ,  日本建築学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る