研究者
J-GLOBAL ID:200901010139853460   更新日: 2021年10月26日

後藤 正道

ゴトウ マサミチ | Goto Masamichi
所属機関・部署:
職名: 客員研究員・非常勤講師
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 国立療養所星塚敬愛園  園長
研究分野 (4件): 内科学一般 ,  実験病理学 ,  人体病理学 ,  神経形態学
研究キーワード (8件): ブルーリ潰瘍 ,  腫瘍病理学 ,  神経病理学 ,  ハンセン病医学 ,  Buruli ulcer ,  cancer pathology ,  neuropathology ,  Leprosy
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • ハンセン病における神経障害の発症と予防に関する研究
  • ブルーリ潰瘍 (Buruli ulcer)の病理学的研究
  • ヒト腫瘍の臨床病理学的研究
  • 神経疾患の病理学に関する研究
  • Study on the pathology of Buruli ulcer (Mycobacterium ulcerans infection)
全件表示
論文 (32件):
  • Kazue Nakanaga, Yoshitoshi Ogura, Atsushi Toyoda, Mitsunori Yoshida, Hanako Fukano, Nagatoshi Fujiwara, Yuji Miyamoto, Noboru Nakata, Yuko Kazumi, Shinji Maeda, et al. Naturally occurring a loss of a giant plasmid from Mycobacterium ulcerans subsp. shinshuense makes it non-pathogenic. Scientific reports. 2018. 8. 1. 8218-8218
  • Norio Kasai, Osamu Kondo, Koichi Suzuki, Yoshinori Aoki, Norihisa Ishii, Masamichi Goto. Quantitative evaluation of maxillary bone deformation by computed tomography in patients with leprosy. PLOS Neglected Tropical Diseases. 2018. 12. 3. e0006341-e0006341
  • Junichiro En, Sho Kitamoto, Akira Kawashima, Suguru Yonezawa, Yoshito Kishi, Norihisa Ishii, Masamichi Goto. Mycolactone cytotoxicity in Schwann cells could explain nerve damage in Buruli ulcer. PLoS Neglected Tropical Diseases. 2017. 11. 8. e0005834
  • Yusuke Sakiyama, Naoaki Kanda, Yujiro Higuchi, Michiyoshi Yoshimura, Hiroyuki Wakaguri, Yoshiharu Takata, Osamu Watanabe, Junhui Yuan, Yuichi Tashiro, Ryuji Saigo, et al. New type of encephalomyelitis responsive to trimethoprim/sulfamethoxazole treatment in Japan. Neurology: Neuroimmunology and NeuroInflammation. 2015. 2. 5. e143
  • Shinichi Kitajima, Junichiro En, Shiori Kitajima, Sumana Barua, Masamichi Goto. Review of WHO Expert Committee on Leprosy 8th report, - Comparison to 7th report. Japanese Journal of Leprosy. 2014. 83. 1. 14-19
もっと見る
MISC (188件):
書籍 (10件):
  • ハンセン病(後藤正道、新臨床内科学 第9版、高久史磨ら編集、pp 1335-1336)
    医学書院 2009
  • 腫瘍の臨床(米澤 傑、後藤正道 看護のための最新医学講座 第2版 第24巻、今井浩三編集、pp 9-25)
    中山書店 2008
  • 糖鎖機能の解明と糖鎖関連バイオマーカーの開発 ー ヒト腫瘍におけるムチンの発現と腫瘍の悪性度(米澤傑・東美智代・山田宗茂・野元三治・後藤正道)、 in 成松 久 編集 臨床糖鎖バイオマーカーの開発-糖鎖機能の解明とその応用遺伝子医学MOOK 11 pp 155-164
    メディカルドゥ、大阪 2008
  • ハンセン病における神経障害について(後藤正道、総説ハンセン病医学 牧野正直ら編集 第9章 pp 153-164)
    東海大学出版会 2007
  • ハンセン病の病理学(北島信一・後藤正道、総説ハンセン病医学 牧野正直ら編集 第8章 pp 135-152)
    東海大学出版会 2007
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1983 鹿児島大学 病理学
  • - 1983 鹿児島大学
  • - 1978 鹿児島大学 医学
  • - 1978 鹿児島大学
学位 (1件):
  • 医学博士 (鹿児島大学)
経歴 (6件):
  • 2000 - 2009 鹿児島大学大学院助教授・准教授
  • 2009 - - 国立療養所星塚敬愛園・園長
  • 1983 - 2000 鹿児島大学医学部 非常勤講師
  • 1983 - 2000 Kagoshima University, Faculty of Medicine, Visiting Lecturer
  • 1985 - 1987 マックス・プランク研究所 客員研究員(ドイツ連邦共和国)
全件表示
委員歴 (3件):
  • 2007 - 日本ハンセン病学会 評議員・幹事
  • 1997 - 日本神経病理学会 評議員
  • 1988 - 日本病理学会 評議員
受賞 (2件):
  • 2002 - XIVth International Congress of Neropathology, Certificate of Merit, Awarded to Masamichi Goto for Best Poster Presentation on Inflammatory disease and infection, Birmingham, U.K..
  • 2000 - (Best Poster Presentation on Inflammatory disease and infection, 14th International Congress of Neuropathology)ベスト・ポスター賞・第14回国際神経病院学会
所属学会 (10件):
国際ハンセン病学会International Leprosy Association ,  国際神経病理学会International Society of Neuropathology ,  日本医学教育学会 ,  日本癌学会 ,  日本臨床細胞学会 ,  日本ハンセン病学会 ,  日本神経病理学会 ,  日本病理学会 ,  International Leprosy Association ,  International Society of Neuropathology
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る