研究者
J-GLOBAL ID:200901011741406799   更新日: 2020年05月10日

渡邊 俊行

ワタナベ トシユキ | Watanabe Toshiyuki
所属機関・部署:
職名: 名誉教授
研究分野 (4件): エネルギー化学 ,  建築環境、建築設備 ,  環境材料、リサイクル技術 ,  環境負荷低減技術、保全修復技術
研究キーワード (5件): 環境共生 ,  建築伝熱 ,  エネルギー解析 ,  建築設備 ,  建築環境
競争的資金等の研究課題 (18件):
  • 都市・建築環境におけるリスク評価の統合化に向けた基礎研究
  • 家庭用個別分散型電熱源によるエネルギー自立型サステナブル住宅の研究
  • 循環型住空間システムの構築
  • 家庭用分散型電熱源のエネルギー利用効率向上と省エネライフスタイル
  • 非住宅建築物のエネルギー消費量調査
全件表示
論文 (252件):
MISC (92件):
  • 渡辺俊行. 大韓建築学会釜山・蔚山・慶南支会との学術交流について. 日本建築学会九州支部80周年記念誌. 2017. 17-17
  • 渡辺俊行. 2007年6月~2009年5月の思い出. 日本建築学会九州支部80周年記念誌. 2017. 9-9
  • 渡辺俊行. 民家の防暑手法とその再生技術. NPO木の建築. 2011. 第30号. 30-33
  • 渡辺俊行. 天なお暑し・・・. 松遙会会報. 2010. 第31号. 1-1
  • 渡辺俊行. オンドルは海を越えたか. アジア都市研究. 2010. No.3. 04-09
もっと見る
特許 (1件):
書籍 (17件):
  • アジア蒸暑地域のサステナブルな住居と住まい方
    スプリンガー・ジャパン 2018
  • 持続建築のための環境史観
    九州大学大学院人間環境学研究院都市・建築学部門 2010
  • 健康建築学~健康で快適な建築環境の実現に向けて
    技報堂 2007
  • 建築設計資料集成拡張編-環境
    丸善 2007
  • 民家の涼しさをさぐる
    九州大学社会連携事業「地域資源としての民家の再発見」活動報告書 2005
もっと見る
Works (12件):
  • 韓国オンドル研究
    渡辺俊行 1993 - 現在
  • 住宅エネルギー消費量に関する国内外調査
    渡辺俊行, 浦野良美, 村上周三, 高口洋人 2002 - 2010
  • 九州大学新キャンパスにおける建築物のグリーンビルディング化に関する研究
    渡辺俊行, 赤司泰義, 竹下輝和 2000 - 2008
  • 建築環境性能のアカデミック・スタンダードに関する研究
    渡辺俊行, 田辺新一, 吉野博 1999 - 2008
  • 空気循環式パッシブ煉瓦造住宅の開発
    渡辺俊行, 松藤泰典, 中村美紀子 1993 - 2005
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1971 - 1974 九州大学 大学院工学研究科 建築学専攻博士課程
  • 1969 - 1971 九州大学 大学院工学研究科 建築学専攻修士課程
  • 1965 - 1969 九州大学 工学部 建築学科
学位 (2件):
  • 工学博士 (九州大学)
  • 工学修士 (九州大学)
経歴 (12件):
  • 2010/04 - 現在 九州大学 名誉教授
  • 2000/04 - 2010/03 九州大学大学院人間環境学研究院 教授
  • 1998/04 - 2000/03 九州大学大学院人間環境学研究科 教授
  • 1989/11 - 1998/03 九州大学工学部 教授
  • 1982/08 - 1989/11 九州大学工学部 助教授
全件表示
委員歴 (2件):
  • 1988 - 2009 日本建築学会 評議員,理事,環境工学委員長
  • 1989 - 1998 空気調和・衛生工学会 評議員,理事
受賞 (2件):
  • 2008/05 - 空気調和・衛生工学会 特別賞(十年賞) 九州電力大分支店ビルの空調システム
  • 1993/05 - 日本建築学会賞(論文賞)
所属学会 (2件):
空気調和・衛生工学会 ,  日本建築学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る