研究者
J-GLOBAL ID:200901013269246327   更新日: 2020年05月27日

橋本 保

ハシモト タモツ | Hashimoto Tamotsu
研究分野 (1件): 高分子化学
研究キーワード (6件): Functional Polymers, Synthesis, Properties ,  機能性高分子、合成、性質 ,  Cationic Polymerization, Ionic Polymerization, Polymerization ,  カチオン重合、イオン重合、重合 ,  Polymer, Synthesis, Chemistry ,  高分子、合成、化学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2014 - 分解・リサイクル可能な炭素繊維強化プラスチックの開発
  • 2012 - 化学分解・生分解性結合を導入したケミカルリサイクル可能なポリウレタン材料の開発
  • 2008 - ケミカルリサイクル可能な新型ポリウレタンフォームの開発
論文 (135件):
  • 漆﨑美智遠, 橋本 保, 阪口壽一. エポキシ基を有するビニルエーテルとN-フェニルマレイミドのラジカル共重合による新規エポキシ樹脂の合成. 高分子論文集. 2019. 76. 1. 98-107
  • 丹羽 貴大, 山本 和史, 橋本 保, 漆崎 美智遠, 阪口 壽一. ジビニルエーテルの環化重合:かさ高い置換基の導入と星型ポリマー化による高分子量環化ポリマーの合成. 高分子論文集. 2019. 76. 3. 216-225
  • R. Aoki, A. Yamaguchi, T. Hashimoto, M. Urushisaki,T. Sakaguchi, K. Kawabe, K. Kondo, H. Iyo. Preparation of carbon fibers coated with epoxy sizing agents containing degradable acetal linkages and synthesis of carbon fiber-reinforced plastics (CFRPs) for chemical recycling. Polymer Journal. 2019. 51. 9. 909-920
  • T. Yamamoto, T. Hashimoto・M, Urushisaki・T. Sakaguchi. Synthesis of high-molecular-weight star-shaped cyclopoymers of divinyl ethers and their network membranes via controlled cationic cyclopolymerization. Polymer Journal. 2019
  • T.Sakaguchi, S.Nakao, S.Irie, T.Hashimoto. Gas Permeability of Mixed Matrix Membranes Composed of Poly(diphenylacetylene)s and Dispersed Metal Chloride Particles. Polymer. 2018. 140. 208-214
もっと見る
MISC (74件):
特許 (11件):
  • ビニルエーテル誘導体ポリマー並びにその製造方法及び用途
  • ジビニルエーテルホモポリマー、その製造方法およびその用途
  • ジビニルエーテルホモポリマー、その製造方法およびその用途
  • ビニルエーテル誘導体星型ポリマー及びその製造方法
  • 焼成ペースト組成物
もっと見る
書籍 (8件):
  • 電子部品用エポキシ樹脂-半導体実装材料の最先端技術 第23章 分解・リサイクル性材料の開発
    シーエムシー 2015
  • POM (Polyoxymethylenes), Polyacetals
    "Encyclopedia of Polymeric Nanomaterials," S. Kobayashi, K. Mullen eds., Springer, Germany 2015
  • ポリウレタン 第4節 機能性ポリオールの合成と特性
    技術情報協会 2014
  • (高・低)屈折率材料の作製と屈折率制御技術 第3章 樹脂の分子設計,構造制御による屈折率制御技術 第11節 カチオン重合による高屈折率樹脂の合成
    技術情報協会 2014
  • 架橋の反応・構造制御と分析 事例集 第2節 アセタール結合の導入に基づくポリウレタン材料とエポキシ樹脂のリサイクル性
    技術情報協会 2014
もっと見る
講演・口頭発表等 (117件):
  • 種々のアセタール構造を有する分解性エポキシ樹脂の合成と熱的特性
    (第68回高分子学会年次大会 2019)
  • 極性基を有するポリ(ジフェニルアセチレン)の合成と二酸化炭素透過性
    (第68回高分子学会年次大会 2019)
  • 高気体透過性ポリ(ジフェニルアセチレン)の合成と脱シリル化による高性能化
    (第68回高分子学会年次大会 2019)
  • 高気体透過性ポリ(ジフェニルアセチレン)膜の開発:シリル基を有するポリ(ジフェニルアセチレン)およびその脱シリル化膜の合成
    (第68回高分子学会年次大会 2019)
  • 紫外線吸収部位を有するポリカーボネートの合成
    (第68回高分子学会年次大会 2019)
もっと見る
Works (8件):
  • 分解・リサイクル可能な炭素繊維強化プラスチックの開発, 挑戦的萌芽研究
    2014 -
  • 化学分解・生分解性結合を導入したケミカルリサイクル可能なポリウレタン材料の開発, 挑戦的萌芽研究
    2012 -
  • 軽量・耐水・高屈折性新規透明プラスチックレンズの開発
    2007 - 2008
  • ビニルエーテル類の重合に関する研究
    2007 - 2008
  • ケミカルリサイクル可能な新型ポリウレタンフォームの開発, 萌芽研究
    2008 -
もっと見る
学歴 (1件):
  • 1985 - 1987 京都大学
学位 (1件):
  • 工学博士
経歴 (4件):
  • 2006/04 - 福井大学大学院 教授
  • 2005/04 - 2006/03 福井大学 教授
  • 1991/07 - 2005/03 福井大学 助教授
  • 1987/04 - 1991/06 滋賀県立短期大学 助手
委員歴 (4件):
  • 2003 - 2007 高分子学会 グリーンケミストリー研究会運営委員
  • 2000 - 2001 日本化学会 近畿支部幹事
  • 1998 - 1999 高分子学会 北陸支部理事
  • 1994 - 日本ゴム協会 一般会員
所属学会 (3件):
高分子学会 ,  日本ゴム協会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る