研究者
J-GLOBAL ID:200901014332520864   更新日: 2021年05月14日

藤田 正博

フジタ マサヒロ | Masahiro Fujita
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 高分子化学
研究キーワード (7件): セルロース ,  バイオマス ,  燃料電池 ,  リチウムイオン電池 ,  柔粘性結晶 ,  高分子電解質 ,  イオン液体
競争的資金等の研究課題 (21件):
  • 2019 - 2022 柔粘性結晶とポリエーテルを用いた高イオン伝導性フレキシブル固体電解質の創製
  • 2019 - 2022 硬骨魚類における遺伝子の新規機能獲得機構
  • 2019 - 2021 日本学術振興会「二国間交流事業」
  • 2018 - 2020 Liイオン電池への応用を指向した高イオン伝導性プラスチッククリスタルの創製
  • 2015 - 2018 環境調和型溶媒を用いた次世代バイオリファイナリーの構築
全件表示
論文 (110件):
もっと見る
MISC (18件):
もっと見る
特許 (19件):
  • リチウムイオン二次電池の製造方法
  • イオン伝導性を有する固体電解質およびこれを用いた電気化学デバイス
  • 全固体リチウムイオン二次電池用固体電解質層およびこれを用いた全固体リチウムイオン二次電池
  • 固体電解質及び蓄電デバイス
  • カフェオイルキナ酸類抽出方法及びカフェオイルキナ酸類製造方法
もっと見る
書籍 (9件):
  • 「全固体電池の界面抵抗低減と作製プロセス、評価技術」第4章第4節 柔粘性結晶を用いたフレキシブル固体電解質の作製と電気化学デバイスの開発
    技術情報協会 2020
  • 「Advances in Biochemical Engineering/Biotechnology (volume 10)」Extraction and isolation of natural organic compounds from plant leaves using ionic liquids
    Springer 2018
  • 「イオン液体研究最前線と社会実装」第II編 物質・材料設計 第3章 双性イオン液体
    シーエムシー出版 2016
  • 『Electrochemical aspects of ionic liquids 2nd ed』 「Physical Chemistry of Ionic Liquids: Inorganic and Organic as Well as Protic and Aprotic」「Ionic Conductivity」「Fuel Cells」「Zwitterionic Liquids」「Alkali Metal Ionic Liquids」[etc.]
    Wiley 2011 ISBN:9780470647813
  • 『ナノ・バイオサイエンスへの挑戦』 (イオン液体, 3) 「イオン液体中での酵素を用いた高分子合成」
    シーエムシー出版 2010 ISBN:9784781302027
もっと見る
講演・口頭発表等 (148件):
  • Synthesis and evaluation of supramolecular electroytes with boroxine skeleton (VIII) -Influence of ionic liquid species on ionic conductivity-
    (The 16th Pacific Polymer Conference 2019)
  • Sensing of biomolecules using cationic π-conjuated polymers (V) -Effect of copolymerization ratio of fluorene-thiophene diblock copolymers-
    (The 16th Pacific Polymer Conference 2019)
  • Preparation and characterization of scaffold materials using π-conjunated polymers (III) -Surface characterization of scaffold materials-
    (The 16th Pacific Polymer Conference 2019)
  • Artificial bone materials using flexible polyurethane and bioceramics (III) -Effect of poly(caprolactone) on mechanical properties-
    (The 16th Pacific Polymer Conference 2019)
  • Development of non-humidified fuel cells using protic ionic liquids (III) -Effect of morphology on ionic conductivity-
    (The 16th Pacific Polymer Conference 2019)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東京農工大学)
受賞 (5件):
  • 2019/05/17 - 8th International Congress on Ionic Liquids Best Poster Award synthesis and evaluation of cellulose hydrogels using hydrated ionic liquids (I) -Toxicological evaluation-
  • 2019/01/31 - 第28回日本MRS年次大会 奨励賞 カチオン性セルロースの合成と評価(VI)-構造が特性に与える影響-
  • 2005/06 - 1st International Congress on Ionic Liquids Poster Award (2nd place)
  • 2004/05 - 高分子学会 高分子研究奨励賞 高分子化イオン液体の合成と伝導特性改善に関する研究
  • 2001/08 - 7th International Symposium on Polymer Electrolytes Best Student Poster Award
所属学会 (3件):
日本化学会 ,  高分子学会 ,  電気化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る