研究者
J-GLOBAL ID:200901018954698640   更新日: 2020年08月30日

長尾 慶子

ナガオ ケイコ | Nagao Keiko
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 家政学、生活科学
研究キーワード (39件): 熱伝導率 ,  熱拡散率 ,  熱凝固 ,  相転移 ,  熱移動現象 ,  相変化 ,  温度上昇曲線 ,  熱媒体 ,  融解 ,  食材モデル系 ,  遅延時間 ,  食品材料 ,  加熱調理 ,  熱移動 ,  粒子分析 ,  加熱操作 ,  Cassonの降伏値 ,  熱伝導 ,  熱物性 ,  メレンゲ ,  乳化剤 ,  緩和現象 ,  直接加熱 ,  W型モデル ,  熱物性値 ,  微視的観察 ,  緩和時間 ,  ゼラチン水溶液 ,  機械的応答 ,  水分量 ,  煮こごり ,  アレルギー ,  抗酸化調理食品 ,  エコクッキング ,  伝熱 ,  調理科学 ,  ecological cooking ,  Heat transfer ,  Cookery science
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2010 - 2012 酸化ストレスに対応する新たな一次予防のための食事設計法の提案
  • 2008 - 2010 冷却面から垂直一次元方向における各種食材内部の冷却速度の測定と解析
  • 2008 - 2008 スペルト小麦を用いた食品の抗酸化性及びアレルギー性の検討
  • 2007 - 2008 ソバ食品の調理性及び抗酸化性に対するルチンタンパク質複合体の影響
  • 2005 - 2006 乳化系を用いた加熱調理実験用試料のモデル化とその熱移動現象の定式化
全件表示
論文 (4件):
MISC (261件):
書籍 (19件):
  • Nブックス実験シリーズ 調理科学実験
    建帛社 2009 ISBN:9784767903842
  • 調理を学ぶ
    八千代出版 2009 ISBN:9784842914732
  • エコ・クッキング指導者教本
    (エコ・クッキング推進委員会)東京ガス(株)エコ・クッキング事務局 2008
  • Handbook of Chemiluminescent Methods in Okidative Steress Assesment
    Transworld Research Network, India 2008
  • 料理のなんでも小事典
    講談社(ブルーバックス) 2008
もっと見る
講演・口頭発表等 (53件):
  • 和食モデル献立におけるエコ・クッキングによる排水の汚濁負荷の軽減効果の分析
    (日本調理科学会平成22年度大会 2010)
  • にがり添加プデイングの調理特性と抗酸化能
    (日本調理科学会平成22年度大会 2010)
  • 調理性・嗜好性および省エネルギー麺から検討した干し野菜の調整条件
    (日本調理科学会平成22年度大会 2010)
  • 野菜漬物の調製条件の違いが品質ならびに抗酸化能に及ぼす影響
    (日本調理科学会平成22年度大会 2010)
  • スピントラップESR法およびORAC法によるソバ茶浸出液の抗酸化能評価
    (日本調理科学会平成22年度大会 2010)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1966 お茶の水女子大学 食物学科
学位 (1件):
  • 学術 (大阪府立大学)
経歴 (2件):
  • 2010 - 東京家政大学 家政学部・栄養学科 教授
  • 2002 - - 東京家政大学 家政学部 教授
委員歴 (7件):
  • 2012 - 現在 日本調理科学会 副会長
  • 2010 - 2011 日本調理科学会 監事
  • - 2011 日本家政学会 評議員
  • 2005 - 2009 日本調理科学会 理事
  • 2003 - 2004 日本熱物性学会 幹事
全件表示
受賞 (1件):
  • 2007 - 日本家政学会賞
所属学会 (6件):
日本食品科学工学会 ,  日本家庭科教育学会 ,  日本調理科学会 ,  日本熱物性学会 ,  日本家政学会 ,  日本調理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る