研究者
J-GLOBAL ID:200901019940350256   更新日: 2021年02月27日

清水 透

SHIMIZU Toru
所属機関・部署:
職名: 特別専任教授
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2015 - 2017 3次元金属積層造形におけるサポートレス造形技術の開発
  • 2014 - 2017 高機能足場素材とバイオ3Dプリンタを用いた再生組織・臓器の製造技術の開発
  • 2013 - 2015 粉末焼結積層造形技術による軽金属部品の直接製造技術の開発事業
  • 2010 - 2015 多孔質金属担体の開発、および水素化処理による希少金属再資源化技術の開発
  • 2013 - 微細気孔、高気孔率、多孔質材料作製技術のための研究促進
論文 (26件):
もっと見る
MISC (20件):
特許 (20件):
  • 溶融層の積層構造の製造装置、溶融層の積層構造の製造方法及び溶融層の積層構造
  • 多孔質細長体の製造方法及び多孔質金属細線
  • 高耐火性及び高耐熱性を有する煉瓦の製造方法及び高耐火性及高耐熱性を有するレンガ
  • 成膜用ターゲットの再生方法
  • 積層造形物、粉末積層造形装置及び粉末積層造形方法
もっと見る
書籍 (5件):
  • 粉末成形
    コロナ社 2018
  • 粉体の焼結プロセスによる3Dプリンティング技術
    シーエムシー出版 2017
  • 金属3Dプリンティングングにできること
    産報出版 2016
  • 工程順でわかる初めての鍛造加工
    日刊工業新聞社 2014
  • プレス加工技術者のための新素形材加工
    日刊工業新聞社 1993
講演・口頭発表等 (41件):
  • 金属間化合物TiAlの反応焼結
    (軽金属学会秋季大会 2019)
  • Effect of Cr and Si Contents on the Magnetic and Mechanical Properties of Fe-Cr-Si Alloys by MIM Process
    (ICMEA2019 2019)
  • MIMによるFe-Cr-Si-Mo系 軟磁性材料の磁気特性
    (粉体粉末冶金協会 春季講演会 2019)
  • MIMによるFe-Cr-Si系軟磁性材料の磁気特性に及ぼすCrおよびSi量の影響
    (粉体粉末冶金協会平成30年秋季大会 2018)
  • レーザー面走査時におけるTi-6Al-4V粉末の溶融・凝固挙動の解明
    (日本金属学会 2017年春期講演大会 2017)
もっと見る
Works (20件):
  • ハイドロゲルバインダーによる金属粉末成形技術
    清水 透 2017 -
  • SLMによる金属積層加工技術の現状と将来
    佐藤直子, 中野禅, 清水透 2016 -
  • 高真空型金属粉末造形装置の開発
    清水透, 中野禅, 佐藤直子, 萩原正 2015 -
  • 3D積層造形技術の過去・現在・未来
    清水透, 中野禅 2014 -
  • 高真空型金属粉末積層造形装置の開発
    萩原正, 堀場, 佐々, 中野禅, 清水透, 松崎邦男, 佐藤直子 2014 -
もっと見る
学歴 (1件):
  • 1975 - 1979 名古屋大学 金属・鉄鋼学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (名古屋大学)
経歴 (2件):
  • 2001/04 - 2017/03 産業技術総合研究所 主任研究員、上級主任研究員
  • 1979/04 - 2001/03 通商産業省 工業技術院 機械技術研究所 通商産業技官、主任研究官
委員歴 (12件):
  • 2019/06/01 - 現在 日本塑性加工学会 理事
  • 2016/01 - 現在 素形材技術賞 審査委員 審査委員
  • 2010/04 - 現在 素形材センター 雑誌「素形材」編集委員
  • 2006/06/01 - 現在 粉体粉末冶金協会 理事
  • 2001/04/01 - 現在 日本塑性加工学会 東関東支部 商議委員
全件表示
所属学会 (6件):
歯科理工学会 ,  日本金属学会 ,  日本機械学会 ,  計算工学会 ,  粉体粉末冶金協会 ,  日本塑性加工学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る