研究者
J-GLOBAL ID:200901020024856312   更新日: 2020年05月17日

佐藤 文規

サトウ フミノリ | Sato Fuminori
所属機関・部署:
職名: 特定助教
研究分野 (8件): 応用分子細胞生物学 ,  獣医学 ,  獣医学 ,  獣医学 ,  動物生産科学 ,  動物生産科学 ,  発生生物学 ,  分子生物学
研究キーワード (6件): 骨格筋 ,  マイオスタチン ,  ゼブラフィッシュ ,  宇宙医学 ,  発生生物学 ,  分子生物学
MISC (6件):
  • 佐藤智美, 佐藤文規, 坂口和弥, 谷米竜馬, 亀崎青沙, 栗崎知浩, 瀬原淳子. 発生過程のゼブラフィッシュ脳の神経細胞の産生におけるErbB4 シグナルの役割. 第35 回日本分子生物学会年会(2012.12.13.福岡). 2012
  • 荒井宏行, 佐藤文規, 瀬原淳子. ADAM プロテアーゼの役割からみる心臓の弁形成機構の解明. 第16 回日本プロテアーゼ学会学術集会(2011.8.26 大阪). 2011
  • 佐藤文規, 佐藤智美, 坂口和弥, 浦崎明宏, 和田浩則, 川上浩一, 瀬原淳子. Zebrafish を用いた神経のミエリネー ション可視化による膜型プロテアーゼADAM19 の機能の解明(Functional analyses of ADAM19 in myelination using zebrafish lateral line.). BMB2010(第33 回日本分子生物学会年会,第83 回日本生化学会大会合 同大会)(2010.12.8.兵庫). 2010
  • 荒井宏行, 佐藤文規, 垣塚彰, 瀬原淳子. Meltrinβ(ADAM19)の心臓発生における役割(Rolesof Meltrin-beta (ADAM19)in heart development). BMB2010(第33 回日本分子生物学会年会,第83 回日本生化学会大会 合同大会)(2010.12.8.兵庫). 2010
  • 佐藤智美, 坂口和弥, 谷米竜馬, 佐藤文規, 栗崎知浩, 瀬原淳子. 発生過程の視蓋においてErbB シグナル伝達は 神経産生を始動させる(An ErbB signaling triggers neurogenesis in the developing tectum.). BMB2010(第 33 回日本分子生物学会年会,第83 回日本生化学会大会合同大会)(2010.12.8.兵庫). 2010
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士 (九州大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る